2018年4月17日火曜日

つる舞う形の 群馬県@上毛かるた











札の内容

子供たちに群馬の歴史、文化を伝えたいという趣旨から、群馬県の人物、地理、風物などが幅広く読まれている。読み札の裏には、その札の説明が書かれている。
人物としては、新島襄内村鑑三関孝和新田義貞田山花袋などが採り上げられている。特に船津伝次平呑龍上人塩原太助といった人物は、このかるたで採り上げられることで、現在まで語り継がれたともいえる。一方、勤皇の志士・高山彦九郎、義侠・国定忠治、悲劇の幕臣・小栗忠順などは、GHQにより、その思想や犯罪が問題とされ、不採用となった。

地理、風物に関しては県内主要都市(前橋高崎桐生伊勢崎太田)をはじめ、上毛三山赤城榛名妙義)や、全国に知られた草津伊香保四万などの温泉のほか、富岡貫前神社館林茂林寺下仁田のねぎ・こんにゃくなど、県内各地から選ばれている。



















、、、(爆wwwwwwww




4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

wwwwww

匿名 さんのコメント...

ここは学力試験で学校に入学する必要はない
身体から出るオーラの色、ホクロの位置、姓名判断で大吉判定が出る漢字の多さで合否を決めて学校に入学したらいい

匿名 さんのコメント...

岩鼻県

匿名 さんのコメント...

ライオン11頭毒殺か、保護活動と経済に打撃 ウガンダ

(CNN) アフリカ東部ウガンダのクイーンエリザベス国立公園でライオン11頭が殺害されたのが17日までにわかった。地元メディアによれば、住民が家畜の牛を守ろうとしてライオンに毒入りの肉を与えたとみられている。今回の毒殺は、国の観光業だけではなく、個体数の減少を受けて進められている保護活動にとっても打撃となりそうだ。

アフリカでは、ライオンの数は過去75年間で90%減少している。

当局によれば、同じ群れに属する子ども8頭と雌ライオン3頭が先週、ウガンダ南西部で散り散りになっているのが見つかった。当局によれば、地元住民が彼らに毒入りの肉を与えたとみられているという。地元メディアは、住民が牛を襲うライオンを殺害した可能性があると報じている。

観光・野生動植物相は、故意に動物を殺害する行為を最も強い言葉で非難するという声明を発表。経済的なリソースが利己的な個人によって悪意をもって排除されるのは不幸なことだなどと述べた。

ウガンダの自然ツーリズムの経済規模は14億ドルに上るという。