2016年6月30日木曜日

青山ラインの大掃除





株式会社文藝春秋

種類 株式会社
市場情報 非公開会社
略称 文春
本社所在地 日本の旗 日本
〒102-8008
東京都千代田区紀尾井町3番23号
北緯35度40分56.88秒 東経139度44分15.13秒
設立 1923年1月
業種 情報・通信業
事業内容 雑誌・単行本の発行、文庫、新書、全集の刊行
代表者 松井清人(代表取締役)
資本金 1億4,400万円
売上高 256億円(2012年3月期)
純利益 6億2,800万円(2013年3月期)[1]
純資産 260億0,200万円(2013年3月期)[1]
総資産 308億8,500万円(2013年3月期)[1]
従業員数 351名(2014年7月1日現在)
決算期 3月期
関係する人物 菊池寛(創業者)
外部リンク http://www.bunshun.co.jp/

菊池 寛(きくち かん、1888年明治21年)12月26日 - 1948年昭和23年)3月6日)は、小説家劇作家ジャーナリスト文藝春秋社を創設した実業家でもある。本名は菊池 寛(きくち ひろし)。
香川県香川郡高松の生まれ。菊池家は江戸時代高松藩儒学者の家柄だった。高松中学校を首席で卒業した後、成績優秀により、学費免除で東京高等師範学校に進んだものの、授業をサボっていたのが原因で除籍処分を受けた。
しかし地元の素封家から頭脳を見込まれて経済支援を受け、明治大学法学部に入学。法律を学んで一時は法律家を目指したこともあったが、第一高等学校入学を志して中退。徴兵逃れを目的として早稲田大学政治経済学部に籍のみ置き、受験勉強の傍ら、大学図書館で井原西鶴を耽読した。
1910年(明治43年)、早稲田大学を中退して第一高等学校第一部乙類入学。同期入学には後に親友となり彼が創設する文学賞に名を冠する芥川龍之介、井川恭(後の法学者恒藤恭)がいた。しかし卒業直前に、経済的理由故に退学。その後、友人・成瀬正一の実家から援助を受けて京都帝国大学文学部英文学科に入学したものの、旧制高校卒業の資格がなかったため、当初は本科に学ぶことができず、選科に学ぶことを余儀なくされた。菊池寛自身は旧制高等学校の卒業資格検定試験を受けて東京帝国大学に進み友人たちと合流するつもりだったが、上田萬年の拒絶と京都を去りがたい事情故に、留まる事を選んだ。京大では文科大学(文学部)教授となっていた上田敏に師事した。当時の失意の日々については(フィクションを交えているが)「無名作家の日記」に詳しい。
1916年(大正5年)に京大卒業後、時事新報社会部記者を経て、小説家となる。1923年(大正12年)に私費で雑誌『文藝春秋』を創刊し大成功を収め、多くの富を手にした。日本文藝家協会を設立。芥川賞直木賞の設立者でもある。
大映初代社長や報知新聞客員を務め、これらの成功で得た資産などで、川端康成横光利一小林秀雄等新進の文学者に金銭的な援助をおこなった。
1925年(大正14年)、文化学院文学部長就任。1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に、東京1区から社会民衆党公認で立候補したが、落選した。しかし1937年(昭和12年)には、東京市会議員に当選した。

太平洋戦争中、文芸銃後運動を発案し、翼賛運動の一翼を担ったために、戦後は公職追放の憂き目に遭い、1948年(昭和23年)に失意のうちに狭心症のため没した[1]。「我々は誰にしても戦争に反対だ。然し、いざ戦争になってしまえば協力して勝利を願うのは、当然の国民の感情だろう」とは戦後の本人の弁である。









で、火花と言えば・・・




で、内ゲバ中のロッテの兄弟と言えば・・・




学校法人青山学院は、明治時代初期に米国メソジスト監督教会から派遣された宣教師たちが設立した3つの学校を母体とするミッションスクールである。学院院長・理事長および大学長・短期大学長を除く設置学校の長はキリスト者であることが義務付けられている(かつては大学長も)。そのため現在でもキリスト教を教育の基本におき、「キリスト教概論」の講義は、建学理念のバックボーンを理解するために必修科目として位置づけられている。

校名の由来

住所は渋谷区だが、「青山学院」との校名をつけたのは、青山学院の前身の東京英学校が築地から1883年に移転し東京英和学校となった当時は、藤原北家花山院流で江戸時代には譜代大名明治維新後は華族青山氏の邸宅があったことから周辺が「青山」と呼ばれる土地で、住所も東京府赤坂区青山南町七丁目だったからである(なお初等部の一部は元小松宮家の土地)。青山南町七丁目は1889年市制町村制施行に伴い南豊島郡渋谷村1909年町制施行、1932年東京市に編入され渋谷区となる)に編入、1928年に町名は緑岡町と変更され、1966年住居表示実施に伴い現在の地名となった。



青山霊園(あおやまれいえん)は、東京都港区南青山二丁目にある東京都立霊園である。
1872年明治5年)、美濃国郡上藩(現在の岐阜県郡上市)の藩主だった青山家の下屋敷跡に開設された。当初は神葬祭墓地であった。1874年(明治7年)9月1日、市民のための公共墓地となった。1889年(明治22年)、東京府から東京市に移管された。1926年(大正15年)、斎場の建物のすべてが東京市に寄附され、日本で初めての公営墓地となった。



青山 繁晴(あおやま しげはる、1952年7月25日 - )は、民間シンクタンク独立総合研究所代表取締役社長、近畿大学経済学部総合経済政策学科客員教授(国際関係論)。夫人は水産学研究者・水産学博士で、同研究所取締役自然科学部長の青山千春、長男は同研究所研究員の青山大樹[1]
肩書きについては、新聞、テレビ等で「ジャーナリスト[注 1]」、「評論家」、「タレント」などと誤って紹介されることが多いため、そのたびに「実務家」であると訂正している。2002年4月に独立総合研究所を設立して以降は、自身の第一の肩書は「独立総合研究所社長」としている[2]

生い立ちから就職以前

兵庫県神戸市長田区生まれ。3人兄弟の末っ子[3]として育った。青山家の祖先は、結婚式を挙げた港区南青山の青山墓地周辺の沼地で関東武士で強盗団であった。また、怪談『播州皿屋敷』に登場する青山鉄山が先祖と父親から聞かされ、家系図からも確認していることを公言している[4]。父親は8人兄弟の末弟で、青山が生まれた当時は実家の家業である青山織物株式会社[5]の神戸支店に勤務していたが、上の兄達がアクシデントに見舞われたことで、社長に就任するために会社のある加西郡泉町(現:加西市)へ戻ることになり、青山も家族と共に転居。高校卒業まで同地で過ごした[6]。また、青山が転居前に通っていた日本キリスト改革派教会付属長田幼稚園は、拉致被害者の一人である有本恵子と同じ幼稚園である[7][8]
1971年3月、淳心学院中高等学校を卒業。同年4月慶應義塾大学文学部に入学するが、1974年2月に中退。同月中に早稲田大学政治経済学部を受験し合格。同年4月、入学[9]
以前から天職と考えた記者になるべく、毎日新聞社から内定を貰っていたが、作家になる方向も考えていたので辞退。しかし、卒業間際に大学の就職課に貼ってあった共同通信社の追加募集の求人票を見つけた女友達(のちの青山千春)から勧められ、学生課職員に問い合わせ、採用試験を受験し合格[10]

1979年3月 早稲田大学政治経済学部を卒業[11]








→7-11






で、常陸と言えば津軽藩なわけで・・・



の件で現文藝春秋社長の松井さんの「同士」たるヨシフが横田夫妻とすったもんだされてるわけですよ。(爆wwwwww












青山氏(あおやまうじ)は日本の武家の一つ。藤原北家花山院流。江戸時代の譜代大名でたびたび幕府の要職にも就いた。

祖先は上野国吾妻郡青山郷(現・群馬県吾妻郡中之条町青山)の出身
















まあおいら的にはすべてがつながったわけでめでたしめでたしなんですよね。(爆wwwwwwwwwwww

16 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

松井清人=有田芳生の同志
これでピコーンと来ないんじゃアンチキムチ団も落ちたもんだな。

てんこもり野郎 さんのコメント...

→松井清人=有田芳生の同志

有田芳生 → パヨク左派
青山繁晴 → パヨク右派
要するに北シンパ内の内ゲバ
両方とも根っこは同じ(爆wwwwww

てんこもり野郎 さんのコメント...

2013年8月17日土曜日
有田芳生@曹洞宗朴龍自興派
http://tokumei10.blogspot.com/2013/08/blog-post_8035.html

→篠山藩

篠山藩 青山

、、、(爆wwwwwww

てんこもり野郎 さんのコメント...

>松井清人=有田芳生の同志
>これでピコーンと来ないんじゃアンチキムチ団も落ちたもんだな。

>2016年6月30日 23:09


2016年7月1日金曜日
松井清人@文藝春秋@有田芳生の同志は青山繁晴批判記事を書いた週刊文春編集部と対立してる人物
http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/blog-post.html


無能なビリーバーは有能な敵よりry、、、(爆wwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

アンチキムチ団は「存在してはいけない」という誰かの意向で、ある日突然、既に抹殺されてしまったから、落ちるも落ちないも、もう、無いわけだが、言論統制の極み、焚書のターゲットにされたという重要な過去、あの日を鮮明に思い出しました。

物騒な、あまりにも物騒な、この社会。

匿名 さんのコメント...

>両方とも根っこは同じ(爆wwwwww

陸山会事件を思い出しますわ(笑)
西田議員と仲良くオザワ叩きしてましたが首取る訳でもなく騒ぐだけ騒いで終わりだったあの頃
要するに政治ヒーローショーで悪代官オザワンを倒す正義の味方ゴッコ(笑)してただけな訳ですな
なんのこっちゃない神代から続く日式マッチポンププロレスw

>既に抹殺されてしまったから、落ちるも落ちないも、もう、無いわけだが、

ネット上のキャッシュに幾らでも転がってますがな(笑)
都合の悪い事は墓まで持って行き、気に入らない人物は殺せば解決なんて時代は終わったのです
現実を受け入れられない土人脳の老人共が必死に暴れてますが自分の首を絞めるだけなのです(爆)

匿名 さんのコメント...

そりゃ、あるよ。
アンチキムチ団以外の、複数の関連のものだって。
でも、匿名党の過去記事も、或る日突然、消される世の中だ。

匿名 さんのコメント...

http://www.dokken.co.jp/idc/

IDC大塚家具ではなくて、大人の遠足もあって、楽しそう。


国家安全保障会議の創設に関する有識者会議の開催について 平成25年2月14日

有識者
青山繁晴 株式会社独立総合研究所代表取締役社長
漆間巌 元内閣官房副長官
折木良一 前統合幕僚長
金子将史 PHP総研主席研究員
中西輝政 京都大学名誉教授
西原正 平和・安全保障研究所理事長
増田好平 防衛省顧問(元防衛事務次官)
宮家邦彦 立命館大学客員教授
宮崎緑 千葉商科大学政策情報学部長
谷内正太郎 内閣官房参与(元外務事務次官)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ka_yusiki/pdf/konkyo.pdf

匿名 さんのコメント...

site:www.*.go.jp 青山繁晴

匿名 さんのコメント...

site:www.*.go.jp 青山繁晴+世耕弘成

匿名 さんのコメント...

青山繁晴 宮崎哲弥 世耕弘成

匿名 さんのコメント...

「ポテチのブログ」も何がどうしてこうなってしまったのか、理由すら明確にされない。

匿名 さんのコメント...

> 2016年7月1日 20:56

この人リアルで神の祟りじゃあ~!とか言ってそう(笑)
理由なんてネットの情報追ってればじきに分かる
アカウント停止や削除依頼etcの何が愚かしいかって
「どこの誰が書いたか分からない公開情報の羅列が特定方面には都合が悪い事を裏付けるお墨付きを与える」
事になる訳でw名誉棄損?そんな子供の悪口じゃあるまいし
その程度の事で大金払って情報削除したり無闇に人を動かしたり出来ますかって(笑)

匿名 さんのコメント...

キリスト教学校教育同盟 理事長 青山学院院長 梅津順一

クラーク

匿名 さんのコメント...

四谷インターナショナルスクールは、世界最大規模の教育認定期間ACSI加盟校

匿名 さんのコメント...

慶應義塾
東奥義塾
青山学院