2017年9月15日金曜日

もろこしが原に大和撫子しも咲きけむこそなど人々をかしがる



町導入の中学校給食「まずい」食べ残す生徒続々
2017年09月14日 11時30分
神奈川県大磯町が昨年、町立中学校で導入した給食事業を巡り、多い時でご飯やおかずの半分以上が食べ残される異常事態が続いていることが町への取材でわかった。
生徒からは「味や見た目が悪い」という“致命的な欠陥”を指摘する声が相次いでおり、危機感を抱いた町は生徒や保護者らを対象とした緊急のアンケートを実施。献立などの見直しを急ぐ考えだ。
■保護者に衝撃
今年7月町立国府中を訪れたPTA関係者の間に衝撃が広がった。給食を終えた2年生の1クラス31人の中で、おかずを完食したのはわずか1人。ほとんど手をつけなかった生徒もいた。保護者からは「こんなに食べられていないなら、やめた方がいい」という声が上がったほどだったという。
国府、大磯の町立2中学で給食が始まったのは昨年1月。町は綾瀬市の業者に調理と配送を委託するデリバリー方式を採用し、食材の発注と献立作りは町職員の栄養士が行っている。2校の生徒は計約760人で、業者への委託料は年間約3300万円。保護者はこのうちの一部に当たる月額4900円を負担する仕組みだ。
■食べ残しが半分にも
献立は栄養バランスやカロリーなどに配慮して作られていたが、当初から「味が薄い」「見た目が悪い」「おかずが冷たい」などと不評だったという。
町によると、食べ残しの割合を示す「残食率」は平均26%で、55%に上る時もあった。環境省が2015年に調査した小中学校の全国平均6・9%と比べて突出している。
こうした事態に頭を悩ませた町教育委員会は7月、生徒や保護者、教諭を対象にアンケート調査を行った。「どれくらい食べているか」「残すおかずは何か」「その理由は」などを尋ねるもので、現在、調査結果の分析を続けている。大磯中の青木弘校長は「生徒たちの声をよく聞いて、できる限りそれを反映させる必要がある」と指摘する。
■改善に選択制導入も
町は今月下旬から、これまで食べ残しが多かった野菜を温かい汁物に加えたり、塩分の過剰摂取を防ぐために控えていたふりかけの使用を試行したりする方針を決めた。このほか、現在はアレルギー体質の生徒だけに認めている弁当の持参をすべての生徒に広げる「選択制」の導入も検討していく。
町教委の野島健二教育長は「深刻な状況だ。やれることはなんでも試して食べ残しを減らし、『おいしくて楽しい給食』を目指したい」と力を込めた。(鈴木英二)
2017年09月14日 11時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170914-OYT1T50064.html


 神奈川県大磯町で去年から始まった中学校の給食に不評の声が相次ぎ、教育委員会が対策を検討していることがわかりました。
食べ残されたブロッコリーにサラダ。これは、大磯町の町立中学校で今年7月に提供された給食の残りです。大磯町によりますと、去年1月から2つの町立中学校で給食が導入されましたが、「味が薄い」「おかずが冷たい」など、生徒から不評の声が相次ぎました。食べ残しの割合は平均26%で、多いときで55%に上ったということです。

こうした事態を受け、町の教育委員会は今月から、温かい汁物に食べ残しの多かった野菜を加えるなどの対策を講じたほか、生徒の状況に応じて、弁当を持参できる「選択制」の導入も検討しているということです。教育委員会は、「深刻な状況だと痛感している。今後、学校などと相談しながら、食べ残しを減らす努力をしていきたい」とコメントしています。(14日17:51)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3157286.html




アメリカ人とブロッコリー

ブロッコリーは、アメリカ合衆国において健康の象徴として親しまれる一方、子供の頃に無理矢理食べさせられた記憶を思い出させる野菜として語られる。後者に関しては、ジョージ・H・W・ブッシュが知られており、しばしばブロッコリー嫌いを公言したため農家からブロッコリーを大量に送りつけられる抗議活動を受けている。また、ブロッコリーは「嫌いな人は多い」というイメージを逆手に取り引用される例もある。例えば、2010年に国民皆保険制度を進める法律(オバマケア)が成立し、各地で強制的な保険料徴収に関して違憲性を問う裁判が行われたが、「週に何回ブロッコリーを食べるかを国が決めるのか?」(フロリダ地裁)、「保険の強制加入はブロッコリーの購買を強制するのと同じではないか?」(バージニア地裁)というようにブロッコリーを引き合いに出す議論も行われた[11]

やっぱ・・・





、、、(爆wwwwwww


綾瀬市(あやせし)は、神奈川県中部に位置するである。
全域が相模川河岸段丘にあり、丘陵の起伏は比較的穏やか。「緑と文化が薫るふれあいのまち あやせ」を市の標語に掲げている。
神奈川県内では最も新しい市で、市内の18%強が在日米軍海上自衛隊厚木基地になっており(同基地総面積の約78%に相当[1])、市長選では常に騒音問題が争点となる。市南部には東海道新幹線、北部には東名高速道路が通っているが、鉄道駅インターチェンジ等の市内立ち寄り施設が設置されておらず、公共交通機関はバス路線のみである。このため市内の交通は自動車に依存しており、各所で朝夕のラッシュ時に渋滞が発生している。

厚木海軍飛行場(あつぎかいぐんひこうじょう)は、神奈川県綾瀬市大和市にまたがる軍用飛行場で、アメリカ海軍海上自衛隊が共同で使用している軍事基地。県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。




大磯町(おおいそまち)は、神奈川県の南部に位置する神奈川県庁の定める区分では湘南地域に属する。

南は相模湾に面した遠浅の海で、小漁港と砂浜になっている。町の東西を東海道が貫通し、町域を南北に二分している。北東部には高麗山、北西部には鷹取山という小丘陵があり、大磯丘陵(大磯地塊)とよばれる。町域面積の6割を占める丘陵地帯は西へつづき、小田原市にまで至る。河川は西部の葛川水系のものと、高麗山の麓から流れる血洗川が相模湾に注いでいる。1960年代以降、道路網の整備が進み、国道1号(東海道)などのバイパスとして小田原厚木道路西湘バイパスが建設され、それぞれ町の北部と南部を横断している。

  • 古代は、豪族である師長国造の支配領域であったが、律令体制の整備に伴い相武国造の支配領域と併せ相模国が形成された際に余綾郡に属すことになった。大住郡との境界にあたる町東部には高句麗(現在の中国東北部から朝鮮半島北部にわたる地域に存在した古代国家)からの渡来人が移り住んだという歴史があり、高麗山高来神社の名称は彼らに由来するとされる。
  • 中世には相模国国府が置かれていたこともある。
  • 江戸時代には東海道宿場町として栄えた。
  • 近代以降は、温暖な気候により保養地として注目され、ドイツ人医師ベルツにより紹介されていた海水浴を普及させるための適地を探していた陸軍軍医総監松本順により海水浴場として開かれた。なおこの海水浴場を日本の海水浴の発祥とする説もある(沙美(岡山県)、二見浦(三重県)など、発祥とされる場所は他にも存在する)
  • 1982年(昭和57年)10月1日には防災行政無線が開局された。
  • 2015年(平成27年)4月1日には防災行政無線の夕方のチャイムのみ、「夕焼け小焼け(新音源)」に変更された。


高麗山(こまやま)は神奈川県平塚市大磯町に跨る大磯丘陵の東端にあたり、標高168m。
広葉樹の自然林が残り、「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれている。一帯の県有林約29haは、高麗山県民の森に指定されている。歌川広重の『東海道五十三次』では平塚宿にその姿が描かれた。名称は高句麗中国東北部から朝鮮半島北部にわたる地域)からの渡来人に由来するといわれる。

歴史

地元では高麗寺山(こうらいじさん、こうらじやま)とも呼ばれているように江戸時代まで高麗寺という寺が山中にあり、現在の高来神社高麗神社として寺内にあった。高麗寺は高句麗から渡来した高麗若光を祀った古い寺院と言われるが、室町時代には数度の戦火に見舞われ、廃寺寸前にまで追い込まれる。しかし江戸時代に徳川家権現信仰のあるこの寺を上野寛永寺末寺とし東照宮を置いたことから隆盛を取り戻した。 しかし明治時代に入るとこのことが仇となり、徳川色を消し去りたい明治政府によってこの寺は廃寺とされ廃仏毀釈で山内の堂塔は悉く破壊され高麗神社だけが残った。高麗神社は明治時代に高来神社(たかくじんじゃ)と改名し現在に至っている。高麗寺が健在の時は、山頂の大堂とその西側の西天照(現在の八俵山)東側の東天照三権現と呼ばれ、大堂、東天照の地名は今も山中に残る。なお、江戸時代には高麗寺領高麗寺村という独立した村となっていた。

地名の由来

高麗寺山から現在の高麗山になった。否定する人もいるが、7世紀に滅亡した高句麗からの亡命者の一部がこの付近に定住し、寺院を建立してこの名をつけたと考えられている。このことは付近の古墳群から出土した装飾品や山の南側にもろこしが原(現在は唐ケ原、とうがはら)という地名が残っていることなどからも推測できる。唐ケ原は菅原孝標女(すがわら たかすえのむすめ)が更級日記に「もろこしが原に大和撫子(やまとなでしこ)しも咲きけむこそなど人々をかしがる」と書いた地とされる。この地に一旦は定住した大陸からの移住者は、その後現在の埼玉県にあった高麗郡に集められ移住していった。旧高麗郡埼玉県日高市高麗神社高麗山聖天院(現在は真言宗)があり、どちらも高麗若光に縁がある。








で、そのでっかい洋館になる前の明治以前の家は天皇お立ち寄り処?とやらとして千年以上前から代々の天皇がお泊りに来てたそうで・・・(爆wwwwwww

















おいらが反WASPじゃなかったってのが問題だったのかもね。(爆wwwwwwwwww

とりあえず千ン百年前に日本にやって来て大陸とは異なる進化をとげたのに未だに大陸に拘ってるってとこがおいらには理解できん。(爆wwwwww


おまけ














後は蓼丸綾とか・・・(爆wwwwwwwww

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

broccoli bloating gas

匿名 さんのコメント...

自分としてはこちら方面なのかなと思ってました

【大磯町中学給食クソマズ騒動】お給食の名前はエンゼルフーズ。お昼近くなると生臭く野菜の腐ったような臭いのする風が教室の中に入ってきた。:Birth of Blues
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51666655.html

エンゼルパイと靖国神社
http://tokumei10.blogspot.jp/2011/12/blog-post_3759.html

匿名 さんのコメント...

遠目に画像見てグルーポンおせち思い出したのはワイだけじゃないはずwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

ブロッコリー *臭

匿名 さんのコメント...

大磯 滄浪閣 李垠

匿名 さんのコメント...

第7回 朝鮮王朝最後の王女 | 日本外交協会
www.spjd.or.jp/?p=2226
Oct 21, 2016 - 伊藤博文から譲渡された大磯の別邸・滄浪閣(そうろうかく)は戦後、楢橋渡(政治家)の手を経て、堤康次郎の所有になった。現在の大磯プリンスホテル別館である。 2005年7月、赤坂プリンスホテルの一室で老人の遺体が見つかった。