2017年3月6日月曜日

パラディン



これまた将軍様から無慈悲なConfirmationが!(爆wwwwww


実質的に日本とふ国の真の裏権力からのお知らせみたいなもんですかねえ・・・(爆wwwww


















http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030101406&g=soc





→鹿島建設 西松建設




三木 露風(みき ろふう、1889年明治22年)6月23日 - 1964年昭和39年)12月29日)は、日本の詩人童謡作家、歌人随筆家。本名は三木 操(みき みさお)。異父弟に映画カメラマン碧川道夫がいる。
近代日本を代表する詩人・作詞家として、北原白秋と並び「白露時代」と称された。若き日は日本における象徴派詩人でもあった。
兵庫県揖西郡龍野町(現在のたつの市)に父・三木節次郎、母・かたの長男として生まれた。5歳の時に両親が離婚し、祖父の元に引き取られ、育てられた。
小・中学生時代から俳句短歌を新聞や雑誌に寄稿、17歳で処女詩集を、20歳で代表作の『廃園』を出版するなど早熟の天才であり、北原白秋とともに注目された。龍野中学校中退後上京し、早稲田大学および慶應義塾大学で学んだ。
1918年頃から鈴木三重吉赤い鳥運動に参加し童謡を手掛ける。1921年には、童謡集『真珠島』を出版した。この中の「赤とんぼ」は山田耕筰によって作曲され、広く知られている。また、1916年から1924年まで北海道上磯町(現・北斗市)のトラピスト修道院で文学講師を務めた。1922年にここで洗礼を受け、カトリッククリスチャンになった。信仰に基づく詩集のほかに、随筆『修道院生活』や『日本カトリック教史』などを著し、バチカンからキリスト教聖騎士の称号を授与された。1963年紫綬褒章受章。1964年12月21日午前9時15分頃、三鷹市下連雀郵便局から出てきたところを、タクシーにはね飛ばされ頭蓋骨骨折で病院に運ばれるも意識不明の重体となった。そして同月29日午後3時35分頃に脳内出血により75歳で死去。没後、勲四等瑞宝章。1928年より在住した東京都三鷹市内の大盛寺別院に墓がある。

出身地の龍野市では1985年から「三木露風賞・新しい童謡コンクール」を毎年開催しているが、2005年10月1日に合併に伴いたつの市となったため、コンクールの運営はたつの市に引き継がれた。










→Iscariot Organization





























2017年02月27日11:22
韓国のキリスト教は戦争と植民地支配で発展した

日本のキリスト教徒は人口の1%に満たないが、韓国では30%近い。キリスト教は戦争や貧困の時期に流行する不幸度の指標だから、韓国人は日本人の30倍不幸なのかもしれない。

イエズス会の宣教師が日本に来たのは16世紀初めだが、彼らが朝鮮半島に渡ったのは1593年、豊臣秀吉の朝鮮侵略(文禄の役)のときだった。これがキリスト教が韓国に伝えられた最初だが、韓国のキリスト教会では不都合な事実として隠されている。

そのあと日本では「隠れキリシタン」として細々と残ったが、人々が飢餓状態にあった李氏朝鮮では、不幸を食い物にするキリスト教が儒教と習合して「東学党」というカルトができた。東学党の乱を契機にした日清戦争で朝鮮半島が戦場になったとき、東学党は弾圧されたが、その信者は激増した。

日露戦争後に朝鮮半島が日本の植民地になってからは、東学党は「天道教」という宗教になって韓国のキリスト教の原型になった。つまり日本では江戸時代の長い平和の中でキリスト教が衰退したのに対して、韓国では戦争と植民地支配でキリスト教が発展したのだ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51992408.html






で、象徴でもフロントでもない血統的にも正当なホントの天皇ラインはやっぱ御門じゃない方って事ですかねえ・・・(爆wwwwwwwwwwwww




2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

赤とんぼ red cross
黒いマリア方面へのconfirmation、
SOSかな?w

匿名 さんのコメント...

騎馬民族のことですかね?