2017年3月8日水曜日

サイクロトロン@豊中と天下一の茶人と曜変天目茶碗





有岡城の戦いでは、原田城を古田重然中川清秀織田信長軍が伊丹城攻城戦として活用したらしく、平成6年(1994年)の発掘調査から一旦廃城になっていた北城を復興させ、大改修が行われた事が明らかとなった。
ja.wikipedia.org/wiki/原田城




古田 重然(ふるた しげなり[1]、ふるた しげてる[2])は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名。一般的には茶人古田 織部(ふるた おりべ)として知られる。「織部」の名は、壮年期に従五位下織部正(織部助)の官位に叙任されたことに由来している。千利休が大成させた茶道を継承しつつ大胆かつ自由な気風を好み、茶器製作・建築・庭園作庭などにわたって「織部好み」と呼ばれる一大流行を安土桃山時代にもたらした。

茶人・織部とその友誼

天正10年(1582年)から千利休の書簡に重然の名前(左介)が見える。この間に利休と知り合い弟子入りしたものと考えられ、のちに利休七哲のひとりとされる。天正19年(1591年)に秀吉によって利休の追放が決まると利休と親交のあった諸将が秀吉を憚って現れない中、重然と細川忠興のみが堂々と利休の見送りを行った。利休死後は、天下一の茶人となった。慶長3年(1598年)には子の重広に家督を譲った[15]とされるが、史料に確認できない。
慶長5年(1600年)9月の関ヶ原の戦いでは東軍に与した。

この時期の重然は茶の湯を通じて朝廷貴族寺社経済界と様々なつながりを持ち、全国の大名に多大な影響を与える存在であり、太閤秀吉の数寄の和尚(筆頭茶頭)、次いで二代将軍・徳川秀忠の茶の湯の指南役にも抜擢されている








揉めてる揉めてる・・・(爆wwwwwwww



中川 清秀(なかがわ きよひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将
幼名は虎之助。通称は瀬兵衛(せびょうえ)。本姓源氏家系清和源氏の一家系摂津源氏の流れを汲む多田行綱の子の明綱(あるいは河内源氏傍系石川源氏)の後裔と称した。父は中川重清、母は中川清村(重利)の娘[1]。子に秀政秀成池田輝政先室(池田利隆母)・糸姫。妹は古田重然(織部)室。キリシタン大名である高山右近は従兄弟にあたる[1][2]





















で、おいらの家にはたまたま多分天皇陛下が所有されてると思われる曜変天目茶碗とお揃いの青っぽい曜変天目茶碗が・・・
そんなに古いもんじゃないですけど最近の中国産のまがいもんではないやつね。(爆wwwwww


で、後は・・・

















、、、(爆wwwwwwwww

0 件のコメント: