2016年11月14日月曜日

皇太子さまの英語教師 高桑美子さん死去


美子さん死去=皇太子さまの英語教師

 美子さん(たかくわ・よしこ=津田塾大名誉教授・英文学)7日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去、75歳。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫昭(あきら)氏。
皇太子さまの英語の家庭教師を務め、日本英文学会理事などを歴任した。 (2016/11/10-17:05)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111000712&g=obt


高桑美子

英文学者(1941年-2016年11月7日)
1963年津田塾大学英文学科卒業。67年米国ブリンマー大学大学院修士課程修了、69年東大大学院博士課程満期退学、津田塾大学文学部専任講師、73年助教授、85年教授。2012年定年。英文学専攻 。夫は法学者の高桑昭。
著書

ジョン・ファウルズを読む」大阪教育図書,2008.11

共著

津田梅子の娘たち ひと粒の種子から」川本静子,亀田帛子共著.ドメス出版,2001.3


Joseph Wright Taylor (1810-1880) is best known for being the financial catalyst for the founding of Bryn Mawr College. He was a graduate of the University of Pennsylvania, a physician and a member of the Society of Friends (popularly known as Quakers), and originally wanted the college to promote the ideals of the Quaker religion and the advancement of women's education. In 1878 he paid $53,500 for forty acres in Bryn Mawr, Pennsylvania.[1]


おいら的にはいろいろドンピシャで確定ですな。(爆wwwwwwwww




Fowles spent his childhood attended by his mother and by his cousin Peggy Fowles, 18 years old at the time of his birth. She was his nursemaid and close companion for ten years. Fowles attended Alleyn Court Preparatory School. The works of Richard Jefferies and his character Bevis were Fowles's favourite books as a child. He was an only child until he was 16 years old.
In 1939, Fowles won a place at Bedford School, a two-hour train journey north of his home. His time at Bedford coincided with the Second World War. Fowles was a student at Bedford until 1944. He became head boy and was an athletic standout: a member of the rugby-football third team, the fives first team, and captain of the cricket team, for which he was a bowler.


Bedford School is an HMC independent school for boys located in the county town of Bedford in England. Founded in 1552, it is the oldest of four independent schools in Bedford run by the Harpur Trust.


Sir William Harpur (c. 1496 – 27 February 1574) was a merchant from Bedford who moved to London, amassed a large fortune, and became Lord Mayor of London. In 1566 he and his wife Dame Alice gave an endowment to support certain charities including education. The endowment became the Harpur Trust, which supports four independent schools in Bedford today.

The name Harper (or Harpur) is mentioned around 1500 in connection with families from Bedford and Biddenham. We know little detail about the life of William. He attended Bedford School whilst it was still administered by the Augustinian Canons of Newnham Priory. It is not certain whether he was a tailor. He was certainly a shrewd businessman. He went to London and was admitted to the guild of Merchant Taylors in 1533. There he would have come into contact with the leading citizens of the day. We know that in 1553 he was elected alderman for the ward of Bridge Without and, three years later, he was elected alderman of the more prestigious ward of Dowgate in preference to three other candidates, one of whom was Thomas Gresham. It had become the custom, after the dissolution of the monasteries, to appoint aldermen as governors to the royal hospitals. Harpur was treasurer of St Bartholomew's Hospital. He served as Sheriff of the City of London from 1556–1557, and became Lord Mayor of London in 1561. In 1562 he was knighted by Queen Elizabeth I.



津田仙(つだ せん、天保8年7月6日1837年8月6日) - 明治41年(1908年4月24日)は、日本の農学者キリスト者学農社創立者。青山学院大学筑波大学附属盲学校の創立に関わる。また、日本で最初に通信販売を行った人物でもある。同志社大学の創始者新島襄、人間の自由と平等を説いた東京帝国大学教授の中村正直とともに、“キリスト教界の三傑”とうたわれた。明六社会員。娘に、後に津田塾大学創設者となる津田梅子、サンフランシスコで日本語新聞「日米新聞」を発行し日系人社会のリーダー的存在だった安孫子久太郎と結婚しアメリカに移住した安孫子余奈子がいる。
佐倉城内に生まれる。父は下総国佐倉藩堀田氏の家臣小島良親(善右衛門)3男に生まれる。幼名は千弥。嘉永4年(1851年)、元服して桜井家の養子となる。文久元年(1861年)に津田家の初子と結婚し婿養子となる。

15歳で佐倉藩藩校、成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)で学び、藩主堀田正睦の洋学気風もあり、藩命でオランダ語英語の他、洋学や砲術を学ぶ。安政2年(1855年)に出仕し、江戸では蘭学塾へ入門し、森山栄之助の下で英語などを学ぶ。文久元年(1861年)外国奉行の通訳として採用された。慶応3年(1867年)、小野友五郎が幕府発注の軍艦引取り交渉のためアメリカへ派遣されるのに、福澤諭吉尺振八の3人が通訳として随行する。



















、、、(爆wwwwwwww



堀田氏は、尾張中島郡堀田村に興った土豪としている本も多いが、近畿地方にも室町時代以前に遡れる堀田氏が多いことから、疑問視されている。
家紋学や地理的見地からすれば、堀田氏は祇園八坂神社社家(紀姓堀田氏)の流れ、つまり八坂氏と見るべきである。京に残った系統と同社家分流の尾張国津島神社社家の二つの流れがあり、後者の系譜が尾張系である。この尾張系は、八坂氏直系の子孫たる祇園執行・八坂(堀田)俊全の子である、尾張津島天王祠官・堀田俊重の系統である。その津島神社に残る神官の堀田氏系図こそが、本来の彼らの出自を示していると思われる。前述の土豪の一族も津島神社系堀田氏の分家である可能性が高い。
八坂神社と津島神社は同じ牛頭天王社であることから八坂神社社家から津島神社社家が生まれたのは自然である。そのため、堀田家の家紋は、八坂神社の紋である三つ巴木瓜[1](津島神社の紋は八坂神社由来の木瓜 [2][3])のいずれかである場合が殆どである。木瓜紋は、堀田木瓜や織田木瓜などに派生しており、織田氏はその氏神を祀る津島神社の木瓜をそのまま使い、尾張系の堀田氏は堀田木瓜を使う場合が多い。京の系統は三つ巴の方が多いが、堀田氏の大半は尾張系であり、堀田木瓜を使う場合が多い。
この津島神社社家に由来する堀田氏のうち、南北朝期に活動した堀田正泰の子孫の一部が武士化して津島を基盤に発展。仕えた織田氏豊臣氏の全国制覇とともに歴史の表舞台に登場していった。これが近世大名の堀田氏である。家紋は堀田木瓜である。また、津島神社社家を代々務めた堀田氏は「右馬太夫家」といわれ、武士化した一族とは別に津島で発展した。また、この系統から派生した「番頭太夫家」は近世に商家として発展した。
堀田正泰系の堀田氏は「寛政重修諸家譜」において自らの出自を紀長谷雄の子孫とし、浦上氏安富氏の本家筋にあたるとしている。但し、これは室町時代に武家の名門として中央で活躍し、同じ紀姓を名乗っていた両家の威光を利用し自らの出自を粉飾したものであるという説もある。この系譜は確かに疑わしいものの、前述のように堀田氏の祖を八坂神社の社家に求めるならば、紀長谷雄の血が入っている可能性は高い。紀長谷雄の曾孫忠方の娘の血が八坂神社・津島神社の社家に入っているからである。[4][5]

なお、八坂氏の流れが堀田氏を名乗った理由であるが、八坂神社は秦氏の祇園信仰を推進するために建立されたとする説もあり、音の類似からも、秦氏と何らかの深い関係があったと考えられている。八坂神社と秦氏の関連性には荒唐無稽な説も存在するが、客観的見地からしても強い関連性がある。平安京の祇園観慶寺感神院(現在の八坂神社)は、都が平安京に移って早々広峰神社から勧請されたものであり、祭神の牛頭天王素戔嗚尊)が分祠されたとされている(つまり、広峰神社は祇園社の元宮)。[6]広峰の地である播州平野はもともと秦氏が開いた野であり、すなわち本貫地であり、広峰の祭神は秦氏が祀っていた韓神(からかみ)である。その韓神の日本における神名が素戔嗚尊(及び同一視される牛頭天王)になっている。当然、広峰神社の紋は八坂神社や津島神社と同じ木瓜紋である。また、八坂神社のもう一つの紋である三つ巴は、同じく秦氏と関連性の強い八幡神社と同じ紋である。そもそも八坂神社の方でも、八坂氏は同族の他の系統と区別するために八坂と名乗っていたが、それは氏でなく家の名前であって、実際は一族としては秦と名乗っていた可能性がある(藤原氏の中で家名が多くあったのと同じ)。



3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

るいはともをよぶ

匿名 さんのコメント...

トランプの孫娘は中国語をしゃべれるようです
https://twitter.com/kerotto/status/797780450068426752

匿名 さんのコメント...

皇太子さまの記者会見全文
2017年04月12日 02時04分