2017年2月20日月曜日

疑惑の森友学園から青山繁晴他パヨク右派こと隠れキムチシンパこと黒龍会人脈が芋づる式に







http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/lecture/


またおまいか!(爆wwwwwwwwww





「安倍晋三記念小学校」の理事長籠池は生長の家信者


籠池が園長をしている塚本幼稚園の教育講演会に招かれた講師達

教育講演会|塚本幼稚園幼児教育学園


百田尚樹 統一教会UNITE・幸福の科学をツイッターで支持、幸福の科学の「ザ・リバティ」にインタビュー掲載
藤波源信 天台宗(日本会議系宗教)の僧侶
桜井進
土屋秀宇
曽野綾子 アパルトヘイト発言を統一教会系月刊誌「ビューポイント」に擁護される
平沼赳夫 生長の家信者、統一教会のダミー団体「世界戦略総合研究所」の会に出席
青山繁晴
竹田恒泰 統一教会のダミー団体「世界戦略総合研究所」の会に出席
渡部昇一 統一教会の「CAUSA日本会議」に出席、統一教会の機関誌「世界日報」を宣伝
統一教会の「世日クラブ」・「東京勝共講師団結成集会」で講演
中西輝政 統一教会の「世日クラブ」で講演、世界日報に掲載される
櫻井よしこ 統一教会系の新聞社「クリスチャン・サイエンス・モニター」に勤務、統一教会の「世日クラブ」主催で講演会(後援:世界日報)
古庄幸一 日本会議系シンクタンク「国家基本問題研究所(理事長は櫻井よしこ)」でたびたび講演
藤尾秀昭
村上和雄 天理教信者、「サムシング・グレート」
松浦光修 モラロジー研究所(日本会議系カルト宗教)で講演
田母神俊雄 統一教会の「世界日報フォーラム」と同じ電話番号のところで講演し統一教会の「世界日報」に掲載される
中山成彬 宗教法人を所管する文部科学相就任中に統一教会から100万円の献金を受けていたことが発覚
米長邦雄 天皇に「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事」と発言、「強制じゃない方」がいいと返された
曻地三郎 
http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/lecture/









曻地 三郎(しょうち さぶろう、1906年(明治39年)8月16日 - 2013年11月27日、旧姓:山本三郎)は、日本の教育者教育学者。教育学・心理学・精神医学が専門。私財を投じて日本初の知的障害児通園施設しいのみ学園を設立、運営した。
福岡教育大学教育学部教授、韓国社会事業大学(現大邱大学校)教授・大学院長、社会福祉法人しいのみ学園理事長兼園長を歴任。広島文理科大学文学博士九州大学医学博士。福岡教育大学名誉教授、韓国・建陽大学校名誉教授、中国・長春大学名誉教授、上海・華東師範大学名誉教授、モスクワ心理教育大学名誉教授。大韓民国国民勲章受章、ペスタロッチー教育賞受賞。吉川英治文化賞受賞。朝日社会福祉賞受賞。正四位
1906年(明治39年)、北海道釧路市にて山本長八・かよの次男(9人兄弟)として生まれる。父・長八は山口県熊毛郡上関村(現・上関町祝島出身で[1]大日本帝国陸軍旭川27連隊中隊長などを務めた軍人。母・かよは広島県安佐郡長束村(現・広島市安佐南区)出身。



正式名称 株式会社致知出版社
現況 事業継続中
種類 株式会社
設立日 1973年昭和48年)8月9日
代表者 代表取締役社長 藤尾秀昭
本社郵便番号 150-0001
本社所在地 東京都渋谷区神宮前四丁目24-9
定期刊行物 『致知』
関係する人物 竹井博友
致知出版社(ちちしゅっぱんしゃ)は、東京都渋谷区に本社を置く日本の出版社である。
「“人間学”を追究する」という出版社。実業家で地産株式会社社長・竹井博友1973年(昭和48年)に設立した 「大自然出版」が始まりである。その後、「竹井出版」への改称を経て、1992年(平成4年)に現社名に改められた。
社名と同名の月刊誌『致知』は創刊以来、有名無名を問わず、各界各分野で一道を切り開いた人物の体験談を紹介している。『致知』愛読者の会「木鶏クラブ」は全国各地に拡がり、その数は138支部に及ぶ。その他セミナー事業も活発。書店では扱わない直販制。

沿革










土屋 秀宇(つちや ひでお、1942年-)は、日本の教育者。現在、NPO法人日本幼児教育振興會副理事長。國語問題協議會評議員、漢字文化振興協会理事、教師塾「まほろばの会」講師、「漢字楽習の会・子供達に美しい日本語を伝へる会」主宰。日本テレビ世界一受けたい授業」にも出演していた[1][2]





→日本テレビ系




西岡 研介
2017/02/16
京都府立医大捜査 山口組系組長と蜜月の陰に有名学長

genre : ニュース, 社会
アンチエイジングの権威として知られる吉川学長

吉川学長は1973年、府立医科大学を卒業後、第一内科(現在の「内分泌・糖尿病・代謝内科」)の助教授を経て2000年に教授に昇任した。その後、同大の免疫内科、消化器内科の教授などを歴任し、2011年に学長に就任。以降、2期6年にわたって学長を務め、改選期となる今年も続投に意欲を示し、三選を目指している。

専門は消化器内科だが、免疫学、アンチエイジングの権威としても知られ「不老革命!」(朝日新聞社)や「アンチエイジング教室」(毎日コミュニケーションズ)など多くの著書を上梓。高視聴率を誇る教育バラエティ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも「若さと健康の世界的権威」として出演していた。府立医大関係者が語る。

「吉川学長は若い頃から〝政治〟に長けていて、京都府や病院関係者だけでなく、政財界にも幅広い人脈を持っています。2014年には『日本電産』の永守重信会長から70億円の寄付を受け、『最先端がん治療施設』を建設。昨年には『ローム』から20億円相当の『ホウ素中性子捕捉療法』装置の寄付が決まりました。これら多額の寄付が集まったのも学長の政治力の賜物です」

だが、吉川学長の「幅広い人脈」は政財界だけではなかったようだ。前出の捜査関係者が再び語る。

「府立医大で高山総長の移植手術が行われる約1カ月前の2014年6月、吉川学長と高山受刑者は京都・先斗町のお茶屋の二階で会っている。二人を引き合わせたのは双方と親しい、現職の京都府警の捜査員だった。この捜査員は長らく暴力団捜査に従事していたが、府警内部で淡海一家との癒着が問題視され、組対(組織犯罪対策課)から外され、当時は所轄に飛ばされていた。後に淡海(一家)との関係が表面化し、依願退職するのだが、退職後の今も淡海の息のかかった警備会社の顧問に就いている」

先斗町のお茶屋で、現役の暴力団幹部と大学学長が、現職警官の仲介で密会したのが事実とすれば、古都・京都の闇の深さが垣間見えるエピソードだが、前出の府立医大関係者によると、高山総長への厚遇ぶりは相当なものだったという。

「高山総長の手術は府立医大の中でも、生体腎移植手術で№1の腕を持つ講師が行い、手術には吉村病院長だけでなく、吉川学長自ら立ち会ったそうです」
筆者の質問に対する病院側の回答は?

京都府警の捜査を受けて、府立医大が開いたのが、冒頭の記者会見だ。

会見で、病院側は「回答書は、(患者の)その時々の病状に基づき医師の判断で書いたもので、(強制捜査を受けたことは)疑問だ」(荒田均事務部長)と捜索容疑を否定。講師が「吉村病院長の指示で(回答書に虚偽を)書かされた」と供述していることについても「病院長は『虚偽の事実など書いていない』、『(回答書は)講師と相談して書いた』と話している」などと否定した。

そこで筆者が冒頭の質問をしたところ、荒田事務部長は「(日時などの)詳細は不明だが、学長は『(高山受刑者と)会ったことはある』と話されていた」と回答。ただしそれは「病院の敷地内でのこと」だという。

西日本を代表する公立医科大学の医師たちが、現役の暴力団幹部の収監を遅らせるため、検察に虚偽の回答をしていたという前代未聞の捜査は今後、どこまで伸びるのか。

http://bunshun.jp/articles/-/1451?page=2









、、、(爆wwwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

非常に禍々しいリストですwwwwwww > 過去の講演会

匿名 さんのコメント...

そっくりそのままTOC対象リストだったり?

匿名 さんのコメント...

【アウトローな豆知識】 自民党参議院議員・青山繁晴、籠池理事長を一度も直視できない「チキン」?!、3・23証人喚問(動画): 東京アウトローズWEB速報版
http://outlaws.air-nifty.com/news/2017/03/post-0931.html

青山先生はじめての証人喚問(暗黒国会) - YouTube
https://youtu.be/LKR6itl8Syg



なかなかw