2017年2月14日火曜日

高山義友希総長@京都府立医科大学附属病院

暴力団幹部の収監逃れか 医師ら検察に虚偽報告の疑い
2月14日 5時12分

京都府立医科大学附属病院の医師らが、実刑判決が確定した暴力団幹部の健康状態について、「病気で刑務所への収監に耐えられる状態ではない」と事実と異なる内容の報告書を検察に提出した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、収監を逃れようとした暴力団側から依頼があったと見て虚偽公文書作成などの疑いで病院などを捜索する方針です。

捜査関係者によりますと、京都府立医科大学附属病院の医師らは、おととし、恐喝事件で懲役8年の判決が確定した指定暴力団・山口組系淡海一家の高山義友希総長(60)の健康状態を検察に報告した際、「腎臓にウイルス性の炎症があり、刑務所への収監に耐えられる状態ではない」と事実と異なる内容の報告書を提出したとして、虚偽公文書作成などの疑いが持たれています。

高山総長は、3年前の平成26年に腎臓の移植手術を受けましたが、警察がその後の経過などを調べたところ、おととし、報告書が提出されたときは容体が安定していて、収監に問題がなかったことがわかったということです。

捜査関係者によりますと、報告書を書いた医師は、警察の任意の事情聴取に対し、事実と異なる内容だったことを認めたうえで、「院長に指示された」などと話したということです。

高山総長は近く収監される予定で、警察は、収監を逃れようとした暴力団側から依頼があったと見て、14日にも病院などを捜索する方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170214/k10010875541000.html

















、、、(爆wwwwwwwwwwww

1 件のコメント:

月夜 さんのコメント...

金で教授職を獲得した医師
自費診療開業の院長だった

其処には弘道会が定期出入りし
毎年弘道会幹部と韓国へ出掛け
韓国人が自費診療を受けに渡航
民主党議員から手紙が来ていた

あ 京都府立医大ではなく
滋賀医科大の方だったかな(笑)