2016年11月21日月曜日

Remember ロレッタ・ファディ







■ 2. ロレッタ・ファディ

ハワイの衛生局長、ロレッタ・ファディは、バラク・オバマの疑惑の出生証明書をめぐる中心人物だった。彼女がオバマの本物の出生証明書のコピーを見た唯一の目撃者だと言われているからだ。

さらに怪しいのは、ファディが乗っていた小型飛行機がハワイ沖で墜落したとき、彼女だけが唯一の被害者になってしまったことだ。彼女は生還したほかの乗客から離れて流されてしまったというのだが。
http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52210600.html?_p=5



Loretta Jean Fuddy (April 12, 1948 – December 11, 2013) was an American health official and social worker from the U.S. state of Hawaii. Fuddy served simultaneously as the Director of the Hawaii Department of Health and the Mayor of Kalawao County from 2011 until her death.[1] Under Hawaii state law, the Director of the Hawaii Department of Health, who is appointed by the governor, simultaneously serves as the Mayor of Kalawao County while in office.[2][3][4] (The Hawaii Department of Health administers Kalawao County).[4]
Fuddy, who was born on April 12, 1948, was nicknamed "Deliana."[5][6] She was raised in Kaimuki, on the island of Oahu, and graduated from Sacred Hearts Academy.[5][7] In a 2013 interview, she described her upbringing as the motivation behind her career in public service, "I'm a child of the ’60s, the Kennedy era of 'ask what you can do for your country' public service and Catholic values."[5] She received degrees in sociology, social work and public health from the University of Hawaii.[5][7] Fuddy also completed doctoral studies at the Johns Hopkins School of Medicine in Baltimore, Maryland.[5]
Fuddy worked in health and human services for forty years.[5] More recently, she served as the Deputy Director of the Hawaii Department of Health from 2001 until 2002.[5] She then became the Chief of Family Health Services for the state health department prior to her appointment as Director in 2011.[7]
Deliana Fuddy was a practitioner of Subud spiritualist movement, and she was the chairwomen of Subud USA's National Committee from 2006 to 2008.[6][8]
Fuddy became the acting Director of the Hawaii Department of Health on January 26, 2011. Governor Neil Abercrombie appointed her Director of the department on March 2, 2011.[7] The Department of Health administers the small county of Kalawao, so Fuddy also became the Mayor of Kalawao County under Hawaii state law.[4] Fuddy was the first social worker to serve as Hawaii's health director.[5]

Death

On December 11, 2013, Fuddy traveled to Kalawao County for an annual meeting with the county's Hansen's disease patients in Kalaupapa as part of her duties as both Mayor and state health director.[1][8] Fuddy and other officials concluded the meeting and boarded a plane to return to Honolulu. Her plane, a Makani Kai Cessna Caravan 208B, crashed into the Pacific Ocean off the north coast of Molokai shortly after takeoff from Kalaupapa Airport at approximately 3:30 p.m.[1][3][4] Fuddy, who was 65 years old, eventually died from heart failure while she and the others awaited rescue.[1] The eight other people on the plane, who included Deputy Health Director Keith Yamamoto, Kalaupapa National Park administrator Rosa Key, and the Makani Kai pilot, survived the crash and were rescued.[1]

Her funeral was held at the Co-Cathedral of Saint Theresa of the Child Jesus in Honolulu on December 21, 2013.[9] Speakers included Governor Neil Abercrombie.[9] Attendees included state Senators Michelle Kidani and Suzanne Chun Oakland.[9]




スブドはどのようにして始まったか

スブドを最初に人々に伝えたムハマッド・スブー・スモハディウィジョヨ(Muhammad Subuh Sumohadiwidjojo)は、1901年にインドネシアのジャワで生まれました。彼が24才のある夜の散歩の時、突然予想もしなかった霊的な力の訪れを受け、その力は輝く光りの球として頭上に現われ、周囲を真昼のように照らし、彼の頭頂をつらぬいて体の中に入りました。彼の全身は内部から照らされて水晶のように透きとおり、はげしく振動しました。この体験がそれから連続1千夜続いた後、この体験は、神が彼を通して現代の人々に伝えるよう指示されたものだという啓示を受けました。そして彼が受けたこの神の力との接触は、ラティハン クジワァンと呼ばれて、今日に至るまで順次他の人々に伝えられています。

ムハマッド・スブーはスブドの広まりには一切宣伝を行わず、神の御意志にゆだねるという方針を貫かれたこともあって、スブドが組織として正式に設立されたのは1947年のことでした。そして1954年に海外での最初のグループが奇しくも日本に作られました。しかし、1957年5月にムハマッド・スブーが初めてイギリスを訪れた時から、スブドは突然常識を裏切るほどの速さで全世界に広がり始め、言語や民族や文化の障壁を越えてヨーロッパ、北アメリカ、アジア、オセアニアに広まり、多くのグループが生まれました。(現在ではアフリカの数か国や、旧ソ連や東欧の旧共産圏諸国を含めた約70の国と地域に広がっています)。このようにスブド会員は全世界にちらばる様々な人種、あらゆる皮膚の色と宗教の人達から成り、スブドが全人類的な性格のものであることを証拠だてています。

ムハマッド スブーは、ふつうスブドでは単にバパ(Bapak)と呼ばれていますが、これはインドネシア語で父という意味で、この呼び名は全世界のスブド会員のムハマッド スブーに対する敬愛から出た通称です。


日本におけるスブド

1954年、英国人のフセイン・ロフェの来日により、スブドのラティハンが初めて日本に伝えられ、インドネシア以外では最初のスブド・グループが日本で誕生しました。このグループは間もなく解散しましたが、少数の人は単独でラティハンを続けました。
1958年には、バパ・ムハマッド・スブーの世界旅行と、海外でのスブドの発展を受けて東京でグループが再発足しました。同年、スブドの最初の解説書である「20世紀の奇跡スブド」(理想社)が出版されました。
1959年にはバパの最初の来日が実現し、 200人以上の人がオープンを受け、現在のスブドジャパンの前身となる全国組織が発足しました。この年、英国ロンドンで第1回スブド世界大会が開催されました。
1963年、バパが再度来日しました。
1967年には、 バパを迎え、日本で第3回スブド世界大会開催され、世界各国から400人以上の会員が参加しました。
1969年、 バパの4回目の来日により、200人以上の人がオープンを受け、現在のスブドジャパンの前身となる全国組織が発足しました。
1972年、バパは5回目の来日を果たしています。
1976年、川﨑市鷺沼にスブドハウスを建設され、バパ臨席のもとで開所式が行われました(バパ6回目の来日)。
1978年、1979年とバパは7回目、8回目のの来日をしています。さらに1980年には、9回目の来日をしています。 最後の来日は、 1982年となりました。
1985年、 スブド−内なる生命との出会い」(めるくまーる社)が出版されました。
1987年、バパが逝去しています (享年86歳)。
1998年、 第39回全国大会において、会の名称を現在の「スブドジャパン」に変更しました。同年、「未来からの贈り物」(八重岳書房)を出版されました。
2010年、 スブドに法人格を持たせるために「スブドジャパン」とは別に「一般社団法人スブドJC」を設立登記しました。







































、、、(爆wwwwwwwwwwwwwww


おまけ











、、、(爆wwwwwwww

0 件のコメント: