2014年10月26日日曜日

白山ラインことキリスト教内ユダヤ派ことヴェロニカ派こと汚腐乱巣ラインが神に背く悪魔崇拝認定されてしまった件







もうちょっと先延ばししようかなと思ってましたがちゃんと理解されてる方もおられるようですし「26」なので触れておくことにします。ある意味今の世の全ての「核心」ですが・・・(w


で、男色が盛んだった薩摩で大日本男子の菊穴をこよなく愛されたシャルル・ド・モンブランさんですが・・・(爆wwwwwwwwww



シャルル・フェルディナン・カミーユ・ヒスラン・デカントン・ド・モンブラン、モンブラン伯爵にして、インゲルムンステル男爵Count Charles Ferdinand Camille Ghislain Descantons de Montblanc, Baron d'Ingelmunster1833年5月11日 - 1894年1月22日)は、フランス/ベルギー貴族実業家外交官日本お雇い外国人。日本では「白山伯」(はくざんはく、ペーサンはく[1]モンブラン=白い山の伯爵から)の名で知られた。

1833年、パリでシャルル・アルベリック・クレマン・デカントン・ド・モンブラン(1785年 - 1861年)の長男として生まれる。[2]1832年にベルギーで生まれたとする異説もある。[3])。母はヴィルジニ・ルイズ・ロック・ド・モンガイヤール(1812年 - 1889年)。モンブラン家の発祥は定かでないが、南仏の出身ではないかといわれる。父のシャルル・アルベリックは、ベルギーのフランデレン地域ウェスト=フランデレン州にあるインゲルムンステル(en:Ingelmunster)男爵領を、ドイツ人領主ブロート家(en:Von Plotho)から譲られ、ベルギーの男爵となった[4]アンシャン・レジーム期のフランス軍において、ブロート家はモンブラン家の主筋であり、直系の後継者がいなくなったために譲渡を受けたものだが、プロート家のドイツの一族からは抗議があったといわれる。1841年、シャルル・アルベリックは、7月王政期のフランスで、ルイ・フィリップによって伯爵位を与えられていて、ベルギーの男爵であり、フランスの伯爵でもあった。父母がフランス人であったため、モンブラン自身はフランスで育ち、国籍もフランスだったが[5]、弟たちはベルギー国籍となった。1854年嘉永7年)アメリカ合衆国ペリー艦隊が日本を開国させたというニュースが流れるや、日本に対する興味を持ち、渡航を熱望するようになる。
1858年安政5年)、フランス特命全権使節としてに派遣されたグロ男爵に随行し、9月に初めて来日。日仏通商条約の締結後、グロ男爵と別れて外務省から依頼された学術調査のためフィリピンに渡航した。その後フランスへ帰国し、父の死を看取る。

1862年文久2年)、再び日本を訪れたモンブランは横浜に滞在し、公使デュシェーヌ・ド・ベルクールと交流する。帰国に際し私設秘書として斎藤健次郎を伴い、日本語や日本文化の研究に勤しんだ。1863年末、江戸幕府孝明天皇の強い攘夷の要望から横浜を鎖港するために外国奉行池田長発を正使とする交渉団をフランスへ派遣した際には、これと積極的に接触し、使節団のパリ見学やフランス政府要人との会談を斡旋した。また1865年慶応元年)に再び派遣された外国奉行柴田剛中らが渡仏した際にも接触し[6]、日本とベルギーとの通商条約締結を勧めたが、柴田からはあまり信用されなかった[7]


とありますが、肝心なのはこの方の多分一、二世代前に当たるこの方・・・





→Count De MontBlanc, Archbishop of Tours




要するにローマ・カトリック教会関係者だったわけです。(爆wwwww




で、真ん中の十字架を除くと・・・



こんな感じですかねえ・・・(爆wwwwwwwww

で、肝心の件ですが・・・








The Touraine takes its name from a Celtic tribe called the Turones, who inhabited the region about two thousand years ago. In 1044, the control of Touraine was given to the Angevins, who (as the House of Plantagenet) became kings of England in 1154, the castle of Chinon being their greatest stronghold. In 1205, Philip II Augustus of France regained Touraine. At this time, Touraine was made into a royal duchy. In 1429, Saint Joan of Arc had a historic meeting with the future King of France Charles VII at Chinon. Throughout the late 15th and 16th centuries, Touraine was a favorite residence of French kings, and the dark and gloomy castles were converted to Renaissance châteaux; for this reason the region was titled "The Garden of France". These same châteaux became popular tourist attractions in modern times. The royal duchy became a province in 1584, and was divided into departments in 1790.








The Venerable Leo Dupont was a religious man from a noble family who had moved to Tours. In 1849 he had started the nightly Eucharistic Adoration movement in Tours, from where it spread within France. He later came to be known as the "Holy Man of Tours". Upon hearing of Sister Marie of St Peter’s reported visions, he started to burn a vigil lamp continuously before a picture of the Holy Face of Jesus, but at that time he used an image based on the Veil of Veronica.[11]


まあこれまた運命のいたずらか、おいらは以前このDupontさんの末裔さんのお世話をした事もあるわけで・・・(爆wwwwwww





Dupont made frequent donations to the Carmelites in Tours and managed their business affairs. He thus heard of the reported visions of Jesus and Mary by the Carmelite nun Sister Marie of St Peter from 1844 to 1847. Based on this, Dupont started to burn a vigil lamp continuously before a picture of the Holy Face of Jesus based on the painted image on the Veil of Veronica.[7] Dupont used that image because the existence of a clear image on the Shroud of Turin was not known to anyone at that time for the somewhat faded image of the face on the Shroud can not easily be seen with the naked eye and was only observed in May 1898 via the negative plate of Secondo Pia's first photograph.







On the Via Dolorosa in Jerusalem there is a small chapel, known as the Chapel of the Holy Face.[4] Traditionally, this is regarded as the home of St Veronica and site of the miracle.[5]
According to the Catholic Encyclopedia, the name "Veronica" is a colloquial portmanteau of the Latin word Vera, meaning truth, and Greek Icon meaning "image"; the Veil of Veronica was therefore largely regarded in medieval times as "the true image", and the truthful representation of Jesus, preceding the Shroud of Turin.[6]













しかし、その後・・・














・・・って話になってしまったわけです。(爆wwwwwwwww

で、日本ではあまり報道されてませんが更にイエス・キリストがユダヤ人ではなくてバイキングだったという証拠が色々でてきてしまってるわけですよ。(爆wwwwwww





そしてもっと核心的な証拠も実は既に外出なわけです。(爆wwwwwwww


で、もしイエス・キリストがユダヤ系ではなく今はアングロサクソンとほぼ同化してるバイキングって話になってしまうと・・・


といふかもう既に上の方ではなってしまってるわけですが・・・







・・・ってな話がぜ~んぶアレになってしまうわけですよ。(爆wwwwwwww

そして更にそうなると・・・





こういふ連中の評価もアレになってしまうわけです。(爆wwwwwww


要するに世界中の反英米サマナの立場がアレになってしまうわけです。(爆wwwwwww

まして反英米な日本基督教団なんてもんはキリスト教的には神に背く悪魔崇拝の組織とさえ呼べる代物になってしまったわけです。(爆wwwwwww












オチはこんな感じですかねえ・・・(爆wwwwwwwwww


因みにイエス・キリストがユダヤ人ではなかったといふのはもう千年以上前から世界の真の権力者の間では定説だったりしたわけですよ。(爆wwwwwwwwwwww





、、、(爆wwwwwwwww

12 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

 日本の近代化に貢献した「モンブラン」の血を引く小沢一郎!

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Trg3WxwHds8J:nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-272.html+&cd=1&hl=en&ct=clnk&gl=in

匿名 さんのコメント...

仏蘭西公使ロセスと小栗上野介
books.google.co.uk/books?id=ADHHlCquDFwC
1935

小さな栗の木の下で・・・

匿名 さんのコメント...

Grand Orient of Belgium

匿名 さんのコメント...

History of the Jews in Belgium

匿名 さんのコメント...

モンブランさんhttp://www.ndl.go.jp/france/jp/part1/s2_1.html

近代日本とフランス 憧れ、出会い、交流
http://www.ndl.go.jp/france/

この視点だけで解釈しようとするのが、まちがいのもと

匿名 さんのコメント...

>「26」
中国客船転覆、死者26人に 410人以上が不明
天安門事件26年 武装警官が抗議を警戒

匿名 さんのコメント...

熊谷出身の人物・白川ケンジロウ(漢字表記は健次郎かもしれない)について書かれた資料を見たい。どんなものでもよい。

匿名 さんのコメント...

"the Counts reputation in high society was dubious, and that it would be best not to mix with this kind of person"

匿名 さんのコメント...

お雇い外国人雇ったつもりが雇われての巻

匿名 さんのコメント...

http://collection.nmwa.go.jp/P.1971-0003.html

匿名 さんのコメント...

"明治維新以来の我が国の近代化にとり,そのお手本の一つである貴国との交流は非常に重要なものでありました。"

めでたさも中くらいなりおらが春 さんのコメント...

日本人の自尊心を要領よくくすぐるためだけに描かれた絵空事で埋め尽くされた物語は
残酷さという厳しさによってのみ現実世界への扉が開く
めでたいことに共通言語は日本語に非ず