2017年7月4日火曜日

小林麻央さんが「水素温熱免疫療法」を受けてた「表参道首藤クリニック」に業務停止命令

6月22日に逝去した小林麻央さん(享年34)。その壮絶な死から約1週間後の6月28日、驚きのニュースが飛び込んできた。他人のさい帯血を投与する医療を無届けで行ったとして、全国11のクリニックに業務停止命令が下った。そのうちの1施設が、麻央さんの昨年から何度も通っていたAクリニックだったのだ。

「11カ所の民間クリニックではがん治療などの目的で、妊婦さんのへその緒の中にある血液、いわゆるさい帯血を投与していました。'14年11月に施行された再生医療法ではさい帯血など他人の幹細胞を使った医療を行う場合、専門委員会に計画書を提出し、安全性などの審査を受ける必要があります。しかしAクリニックは届け出を出しておらず、厚生労働省から再生医療を一時停止せよという命令をうけたのです」(医療関係者)

さかのぼること5カ月前。今年2月上旬の朝10時半、ショートのウイッグに顔の半分を覆うマスクとファー付きのコートで“厳重装備”をした麻央さんが向かったのがAクリニックだ。タクシーでクリニック前に降りた麻央さん。姉の小林麻耶(37)も一緒だった。

麻央さんがAクリニックで受けていたというのは「水素温熱免疫療法」。業務停止命令の原因となったさい帯血治療とは別の治療法だ。だが水素温熱免疫療法にはこんな指摘もある。

「この療法はまだ10年ほどの歴史しかない、医学的な根拠が乏しいものです。あと10年、20年たたないと、有用性はわかりません」(別の医療関係者)

この療法は保険のきかない自由診療。1回数万円になる。少しでも効果が期待できるならと、麻央さんはわらにもすがる思いで他にもさまざまな民間療法を試していた。

「食事の代わりにオーガニックの野菜や果物のみを使ったジュースを飲む『ジュースクレンズ』や、酵素を加えたヒノキのおがくずや米ぬかに体を埋める『酵素風呂』も試していました。夫の市川海老蔵さん(39)がさまざまな人に相談し、この治療法がよいと聞くとすぐに連絡をとっていました」(歌舞伎関係者)

鹿児島のがん専門医院や、ニューヨーク在住の日本人医師にも相談したという。

「先進医療も民間療法も、保険適用外です。海老蔵さんが負担した治療費の総額は1億円を超えていると聞いています」(別の歌舞伎関係者)

愛する妻のためにありとあらゆる手を尽くした海老蔵。家族のために“わずかな希望”にかけた麻央さん。Aクリニックの業務停止令のニュースを聞いた家族の“無念”はどれほどだったろうか――。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170704-00010002-jisin-ent








さい帯血を無届けで投与 11医療機関に再生医療の一時停止命令
6月28日 12時18分
がんの治療や美容に効果があるとうたって、赤ちゃんのへその緒などに含まれる「さい帯血」を、無届けのまま患者に投与する再生医療を行ったとして、厚生労働省は先月から今月にかけて東京や大阪などの11の医療機関に対し、再生医療の一時停止を命じたと発表しました。厚生労働省によりますと、これまでのところ健康被害は確認されていないということです。
厚生労働省の発表によりますと、先月から今月にかけて再生医療について一時停止の命令を受けたのは、東京、大阪、福岡の合わせて11の医療機関です。
厚生労働省によりますと、11の医療機関は、赤ちゃんのへその緒や胎盤に含まれる「さい帯血」をがん治療や美容に効果があるとして患者に投与していたということです。
再生医療安全性確保法では、他人のさい帯血を患者に投与するなどの再生医療を行う場合は、国に計画書を提出したうえで安全性などの審査を受けるよう定めていますが、11の医療機関は届け出をしていなかったということです。
厚生労働省によりますと、さい帯血は血液などの元になる幹細胞を含んでいるため、白血病の治療に利用されていますが、ほかのがん治療や美容への効果は証明されていないということです。
処分を受けた医療機関の中には、自由診療で患者1人当たりおよそ300万円の治療費を請求していたケースもあったということです。
11の医療機関でさい帯血を投与された患者はおよそ100人に上りますが、これまでのところ健康被害は確認されていないということです。
厚生労働省は「がんなどに悩む患者につけ込む形で違法な再生医療が横行しないよう指導を徹底していきたい」としています。
11の医療機関は
厚生労働省が再生医療の提供を一時停止するよう命じたと発表したのは、東京、大阪、福岡の11の医療機関です。
東京都内は8つの医療機関です。
渋谷区の「表参道首藤クリニック」、港区の「クリニック真健庵」、「赤坂AAクリニック」、「六本木ドクターアンディーズクリニック」、「東京国際美容クリニック」、千代田区の「アベ・腫瘍内科・クリニック」、練馬区の「花岡由美子女性サンテクリニック」、品川区の「品川荏原ライフケアクリニック」です。
大阪市内では、「大阪タワークリニック」と「恵聖会クリニック心斎橋院」の2つの医療機関です。
福岡市でも、「天神皮ふ科」が一時停止命令を受けました。
医療機関は
再生医療の提供の一時停止を命じられた医療機関の1つ、東京・渋谷区の「表参道首藤クリニック」の首藤紳介院長はNHKの取材に対し、「患者の希望で行った治療行為が認識不足により結果として法令違反になってしまったことは真に残念に思います。今後は、行政処分を深く受け止め法令順守の上、診療に努めてまいりたい」というコメントを出しました。
厚生労働省によりますと、このうち、福岡市中央区にある「天神皮ふ科」は去年2月から5月にかけ、4人の患者に対して、アンチエイジングや動脈硬化、高血圧に効果があるとして、他人のさい帯血の一部を点滴で投与していたということです。これまでのところ4人に健康被害は確認されていないということです。
厚生労働省の聞き取りに対してこの医療機関は事実関係を認めているということで、NHKの取材に対して、「代理人の弁護士が対応しているので、コメントは差し控えたい」と話しています。
支援団体「氷山の一角だと思う」
東京・三鷹市にある卵巣がんの患者や家族を支援している団体には、ことし3月、女性の患者から、一時停止命令を受けた医療機関の1つで、「さい帯血」を利用した再生医療を受けるべきかどうか、相談を受けたということです。
この時、団体は、治療が有効かどうか、主治医に確認するようアドバイスしたということです。
この団体にはさい帯血を利用した再生医療のほかにも、国から有効性が認められていないがんの治療や薬の相談がことしは先月末までに合わせて19件寄せられています。
団体の代表の片木美穂さんは、「がん患者の、なんとか治したいという気持ちにつけ込むような手口で憤りを感じている。科学的な根拠のない治療を行うクリニックはまだあり、明らかになったのは、氷山の一角だと思う。行政は患者を惑わせるクリニックをきちんと指導していく必要がある」と指摘しています。
専門家「正式な治療なのかを確認を」
さい帯血は、血液などの元になる幹細胞を含んでいて、血液を造る機能を回復させるといった目的で患者に投与されています。
このうち東京・世田谷区にある国立成育医療研究センターでは、白血病や免疫機能が十分に働いていない患者など、毎年、10人前後にさい帯血を投与しています。
投与の際には、公的な機関からさい帯血を取り寄せ、液体窒素が入ったタンクで冷凍保管するなど厳密に管理しているということです。
また投与後も、患者が感染症にかからないよう、無菌室の中で3週間程度過ごしてもらったり、投与した幹細胞から正常に血液が造られているかや、免疫の機能に異常がないかなどを細かくチェックしているということです。
国立成育医療研究センターの松本公一小児がんセンター長は「さい帯血が、白血病以外の進行したがんの治療や、アンチエイジングなどの美容に効果があるとは、医学的に考えられていない。他人の細胞を体内に入れた場合感染症などのリスクもあり、少なくとも国の審査で認められた正式な治療なのかを確認することが不可欠だ」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011032981000.html




で、何で宮内庁が東久邇宮記念賞受賞なんてキムチ臭いもんを野放しにしてるかといふと・・・




、、、(爆wwwwwwww

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

"使われたさい帯血は、8年前に経営破綻したつくば市の民間業者から流出したものと見られ、厚生労働省は、12の医療機関について刑事告発を検討"

匿名 さんのコメント...

胞衣 信仰 神社

匿名 さんのコメント...

つくばブレーンズ

匿名 さんのコメント...

胞衣壺

匿名 さんのコメント...

> 水素温熱免疫療法

水素といえば水素水(爆)

GABRIEL さんのコメント...

免疫ナンタラのクリニック
急速に市中で開業してきてたけど
何故厚労省も医師会も何故ダンマリ

開業は保健所通して把握されていた訳で
知らなかったとは逃げ切れないdeathヨネ