2016年12月6日火曜日

ニュージーランド Has Fallen

NZ首相、家庭の事情で辞意 国民党は12日に新指導者選出
2016.12.6 06:18

ニュージーランド(NZ)のキー首相は5日の記者会見で辞意を表明し、後任にイングリッシュ副首相兼財務相を推薦すると発表した。

2017年の選挙で与党の国民党が勝利した場合、家庭の事情で4期目を全うすると約束できないと説明した。首相によると、同党は12日に新しい指導者を選出する。首相は来年、議員も辞職する。首相は政治指導者は往々にして長く在任しすぎる傾向があり、「リフレッシュの時だ」と述べた。

首相とイングリッシュ財務相の緊密な連携が奏功し、NZは世界で最も高成長を遂げる国の一つとなった。メリルリンチで外国為替グローバル責任者を務めた経歴を持つキー首相は08年の首相就任後、クライストチャーチが被害を受け185人が死亡した11年の地震など複数の地震への対応も迫られた。

キー首相は声明で「NZ首相を務めたことはこの上ない栄誉で、この8年間は信じられないほど素晴らしい経験だった」とした上で、妻は「私が政界にいる間、多大な犠牲を払ってくれた。今は仕事から一歩離れて、家族で過ごす時間を増やすときだ」と述べた。

オーストラリアのターンブル首相はキー首相宛てに「間違いだと言ってくれ」とショートメッセージを送ったことを記者団に明かし、「ニュージーランドが今ほど良い状態だったことはない。ジョン(キー首相)が卓越した指導力を発揮した結果だ」と賛辞を贈った。

イングリッシュ副首相は同日、記者団に対し、家族や党内メンバーと話をした上で首相の座を目指すか判断したいとし、迅速かつ円滑な移行が国の安定には重要との見解を示した。

最新の世論調査では、国民党の支持率は50%だが、同国が1996年に混合議席比例制(MMP)を導入して以来、絶対多数を獲得した政党はない。国民党は現在、少数政党3党と連立を組む。NZの1~6月期の経済成長率は3.6%と先進国の中で最速水準で、減税の公約を抱え来年の選挙に挑む国民党は有利な立場にある。

一方、最大野党・労働党のリトル党首は「われわれは政治上興味深い局面におり、来年の総選挙は非常に面白いものになるだろう」と意欲を示した。(ブルームバーグ Matthew Brockett)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161206/mcb1612060618020-n2.htm












2016年11月23日水曜日
日本に優しいTPPから日本に厳しい日米FTAへ
http://tokumei10.blogspot.com/2016/11/tppfta.html




、、、(爆wwwwwwwww

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

コンドル離陸失敗www
http://condor-taxi.co.jp/ctaxi5/index_frame.htm

しっかしひでーマークw