2016年7月3日日曜日

吉野町出身の北岡伸一(笑)@JICAから芋づる式に





















北岡 伸一(きたおか しんいち、1948年(昭和23年)4月20日 - )は、日本政治学者歴史学者国際協力機構JICA)理事長。政策研究大学院大学客員教授、東京大学名誉教授法学博士(東京大学、1976年)[1]。元国連次席大使(2004年4月から2006年8月まで)。前国際大学学長。専門は、日本政治外交史
奈良県吉野郡吉野町造り酒屋の家に生まれる。祖父と父は吉野町長[2]東大寺学園中学・高校を経て、東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。1976年に博士論文「日本陸軍と大陸政策1906年-1918年」を東京大学に提出し、法学博士の学位を取得。
2008年(平成20年)5月に発足したアフリカ大陸の貧困撲滅・開発の目標を定めた国連ミレニアム開発目標への支援・支持を呼びかける特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパンの会長を務めている[要出典]
2012年には、民主党政権下では防衛計画の大綱に関する関係閣僚会議に参加した。『産経新聞』によると、北岡は、この会議で自衛隊の装備・編成といった専門外の分野に介入し、陸上自衛隊からの批判があったとされる[4]


特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)は、2008年4月に設立されたNGO/NPOである(2012年3月に認定NPO法人)。
国連事務総長のMDGs担当特別顧問ジェフリー・サックス教授(コロンビア大学地球研究所所長)とレイモンド・チェンバー氏 (国連事務総長マラリア特使)を中心にニューヨークで設立されたミレニアム・プロミス(Millennium Promise)の趣旨に賛同して設立され、ミレニアム・プロミス(Millennium Promise)のグローバル・アライアンスとして活動を行っている。


ジェフリー・サックスJeffrey David Sachs1954年11月5日 - )は、アメリカ合衆国経済学者開発経済学国際経済学)。ミシガン州デトロイト出身。コロンビア大学地球研究所長(Earth Institute)を務め、国連ミレニアムプロジェクトのディレクターも兼務している。全米経済研究所研究員、Millenium Promiseの代表および共同創設者でもある。これまで、ラテンアメリカ、東欧、ユーゴスラビアロシア政府の経済顧問を歴任、特にボリビアポーランド、ロシアの経済危機への解決策のアドバイスやIMF世界銀行OECDWHO国連開発計画等の国際機関を通じた貧困対策、債務削減、エイズ対策等への積極的な活動を行っている。

































、、、(爆wwwwwwww



P.S







3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交 成甲書房 https://www.amazon.co.jp/dp/4880861928/ref=cm_sw_r_tw_awdo_82hExbT8FDT5Z核爆wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

JICA's Palau office

匿名 さんのコメント...

水産無償 site:www.*.go.jp

水産無償 JICA site:www.*.go.jp