2016年7月31日日曜日

伊黒崇 Has Fallen








Coupe Icare (Icarus Cup) is an annual festival of free flight held between Saint-Hilaire (on the border of Chartreuse Mountains) and Lumbin (in the valley of Isère in France). The festival typically lasts four days and is held in the early autumn. Coupe Icare is best known for its Concours de déguisements (Masquerade Flight contest), in which paraglider and hang glider pilots fly in costume to compete for prizes.
Coupe Icare features aerial acrobatics, hang gliders, paragliders, and hot air balloons. In addition to flight competitions, live entertainment, and street performances, the festival offers children's activities and a flight museum. It is held in conjunction with a commercial exposition and a film festival.
Originally organized by Tourist Office of St Hilaire in 1974, it is now organized by Icare Festival Organisation (IFO), a non-profit founded in 1989 for the purpose of managing Coupe Icare.
The 2012 Coupe Icare was held on September 20–23.[1]



日本で、日本人による最初の有人飛行を熱気球で行なったのは、京都大学同志社大学を中心とする京都の学生達からなるイカロス昇天グループ北海道大学の探検部が協同して作成した熱気球である[1]。この熱気球には初飛行時には名前がついておらず、取材に来たテレビ会社の記者が呼んだ“空坊主”という仮の名前が使われていた。初飛行は1969年に北海道の羊蹄山を 望む真狩村において行われた。熱気球の分担内容はイカロス昇天グループが球皮とゴンドラを、北大探検部熱気球班がバーナーを、それぞれ独自に作成し一つの 熱気球として完成させている。なおこの熱気球の球皮の形の決定には京大生の嶋本伸雄が電子計算機を用いて精密な形状の決定を行った。飛行時の仮名“空坊 主”はのちにイカロス昇天グループによりイカロス5号と改められたので、現在はイカロス5号が正式名称とされている。なお初飛行も担当したイカロス昇天グ ループの梅棹エリオは、文化人類学者である梅棹忠夫の息子にあたる。これ以降も北大探検部アフリカ班、未知の会、慶大探検部、広大熱気球部など次々と熱気球活動を行う団体が設立され、スカイスポーツとしての熱気球が盛んになって行く。
日本の熱気球の活動はイカロス5号に触発され、大学探検部などによる自作した気球により飛行する活動から始まった。多くの大学にクラブが創立され気球を製作しフライトを行った。飛行するためには試行錯誤と長い製作時間を要した。

その後欧米の気球メーカー製の機体が輸入される様になり、一般化する。大学クラブの衰退もあり、現在では自作気球はほとんど作られず、ほとんどの熱気球がメーカー製である。



国立民族学博物館の設立に尽力し、1974年初代館長に就任した。1986年3月12日に原因不明の失明をした。それ以降の著述は口述筆記で行われている。闘病記『夜はまだあけぬか』に詳しい。作家司馬遼太郎とは、モンゴル研究のつながりで長年の友人であった[3]日本語のローマ字論者(ローマ字化推進論者)で、社団法人日本ローマ字会会長でもある。古くから漢字廃止論を唱えていた。また、エスペラント運動家(エスペランティスト)であり、世界エスペラント協会の名誉委員である。
主な著作(1990年初頭まで)は、『梅棹忠夫著作集』(全22巻、中央公論社)に収録。宗教観については、自身は無宗教である[要出典]が、イスラームに対しては、人と神がマンツーマンで接することができる宗教として、共感を抱いている。
2010年7月3日大阪府吹田市の自宅で老衰により没した。90歳没[4]
ja.wikipedia.org/wiki/梅棹忠夫








、、、(爆wwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

No mercy, No survivors. Amen!

lol

匿名 さんのコメント...

今年も鳥人間コンテストの放映をやっております


2016年8月31日(水) 18時11分
今夜19時、「鳥人間コンテスト」放送!LINE LIVEで裏実況も

 本日19時から「鳥人間コンテスト」(日本テレビ系列)が放送となる。

 同コンテストは、自作人力飛行機による飛行距離および飛行時間を競う大会で滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で行われた。今回は盛り上げ企画としてLINE LIVEでも特別企画を実施。過去放送の名場面や鳥人間コンテストゆかりのゲストを迎えての番組公式裏実況の生配信などを予定している。



Iwataniスペシャル…Iwataniがメインスポンサー?

Iwataniスペシャル鳥人間コンテスト:イワタニクリーンエネルギーチーム
http://www.iwatani.co.jp/jpn/toriningen/index.html