2016年7月7日木曜日

トニー・ブレアから芋づる式に




→深見東州こと半田晴久





徳川 家広(とくがわ いえひろ、旧字体:德川 家廣、1965年昭和40年)2月7日 - )は、日本の政治経済評論家[1]翻訳家作家。子女はない。徳川宗家19代当主、公益財団法人德川記念財団理事。
父は徳川宗家18代当主、元日本郵船副社長で徳川記念財団理事長の徳川恆孝島津久光の来孫、島津忠義の玄孫鍋島閑叟の来孫、松平容保の玄孫にあたる。つまり、水戸藩の藩主の家系である。
慶應義塾大学経済学部卒業(経済学士(慶應義塾大学))。大学院以上の学位は、経済学修士ミシガン大学)、政治学修士(コロンビア大学)の2つを有している。大樹総研(大樹リサーチ&コンサルティング(株))取締役・特別研究員を務めている。身長178センチ、体重105キロ[2]
評論家の宮崎哲弥とは慶應義塾大学時代に同じゼミに属し、宮崎は徳川のことを「私の大学時代の親友」としている(『M2』)。





、、、(爆wwwwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

April 26, 2016 4:00 pm JST
Japanese diplomacy: Looking back on past promises to ensure a better future
HIROYUKI AKITA, Nikkei senior staff writer

匿名 さんのコメント...

小泉総理大臣の英国訪問 (首脳会談:概要)平成15年4月27日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/euro_03/uk_s_kaidan.html

匿名 さんのコメント...

“sorrow, regret and apology”