2013年2月5日火曜日

徳洲会から日の丸を切り刻む反日のご本尊様@鹿児島県霧島市まで芋蔓式に




グループの内紛は今に始まったことではない。かつては、虎雄氏がワンマンで全体を取り仕切っていたが、2002年に難病ALSを発症。翌年の総選挙では辛くも再選されたが、その後は病状が次第に悪化していった。その頃から、徳田ファミリーの中でも妻の秀子夫人、長女の越沢徳美・(株)徳洲会社長、二女のスターン美千代・GPホールディングス社長ら、特に女性ファミリーとその関係者が中心になって、徐々にグループへの関与を強め、能宗氏などグループ幹部との対立が深まっていったようだ。
http://toyokeizai.net/articles/-/12778





→暴力団

→アスカ監査法人


















→鹿児島産キムチ


謝罪と賠償の正しい請求先は在日朝鮮人とバチカンニダ!(爆w

最大に被害者である普通の日本国民こそ謝罪と賠償を要求するべき!(爆w


で、当然・・・


、、、(爆w

11 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ステマと言われそうですが…
V-22 (オスプレイ)を擬人化した同人誌"雄プレイ" が出版された様です。機体を擬人化するとは変態ですな(笑

匿名 さんのコメント...

欧州サッカー八百長680試合!W杯予選やCLも

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20130205-OHT1T00028.htm

匿名 さんのコメント...

旧自由連合、負債77億円未返済 清算手続きせず2年放置

 平成22年に解散した政党、自由連合(自連)が、解散時の借入債務約77億円の返済を棚上げにし、政党の清算手続きを頓挫させたままにしていることが分かった。自連の代表だった徳田虎雄元衆院議員(74)が、解散当初は「自分の責任で返済する」と言明していたが、清算人に選任された弁護士が徳田氏に再三返済を求めたのに対し、徳田氏側は2年間余り、対応を保留し続けてきたという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130205/trl13020508070000-n1.htm

匿名 さんのコメント...

https://www.google.co.uk/search?tbm=bks&hl=ja&q=%E5%A5%84%E7%BE%8E+%E9%87%8D%E7%94%B0&gws_rd=ssl

匿名 さんのコメント...

奄美で復帰の日の集い

奄美群島が戦後、アメリカ軍の統治から日本に復帰して61年となり、奄美市で記念の集会が開かれました。
奄美群島は戦後まもなく、アメリカ軍の統治下に置かれ、断食などの激しい復帰運動の末、61年前の昭和28年12月25日に日本に返還されました。
「復帰の日の集い」は奄美市などが毎年開いていてことしはおよそ500人が参加しました。
参加者たちは復帰運動の集会が開かれた名瀬小学校の校庭から復帰記念碑のある「おがみ山」に登りました。
記念碑前で行われた集会では復帰運動当時によく歌われた歌を合唱したあと、奄美市の岡登美江さん(77)が体験を語りました。
そして復帰前の中学2年生の時に作文に「奄美群島の行政分離はお乳を飲む赤ちゃんがお母さんから引き離されたようなものです」と記した事を紹介しました。
続いていまの児童生徒を代表して金久中学校2年生の重田圭佑くんが「復帰運動を通じて多くの人たちの団結で生まれた力がどれほど強いかを知りました」と感想を述べました。
中学2年生の女子生徒は「去年、県本土から奄美に引っ越してきた時に初めて奄美の復帰のことを知りました。ほかの人たちにもこの歴史を伝えていきたい」と話していました。
また、69歳の女性は「復帰前は食糧にも困ったと親から聞きました。孫の世代の子供たちがこういう行事を続けているのはありがたいです」と話していました。
(2014年)12月25日 18時41分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5054113491.html?t=1419548360193

匿名 さんのコメント...

大量の大麻栽培で男を逮捕
奄美市の自宅で大麻を大量に栽培していたとして、43歳の会社役員の男が大麻取締法違反の疑いで警察に逮捕されました。 逮捕されたのは、奄美市住用町の会社役員、新納和也容疑者(43)です。 警察によりますと、新納容疑者は奄美市の自宅で大麻およそ200株を栽培していたとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。 ことし7月、新納容疑者が覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された際、新納容疑者の自宅で捜査員が、室内で大麻が栽培されているのを発見したということです。 新納容疑者は、「営利目的で栽培していたのは間違いありません」と容疑を認めていたということです。 大麻は自宅の洋室と和室で栽培され、今回発見された大麻200株は乾燥させて売買した場合、末端の販売価格で1億円から2億円にものぼるとみられるということです。 また、室内からは袋に入ったおよそ61万円相当の乾燥大麻も見つかったということで、警察は、新納容疑者から話を聞き、売買ルートなども調べることにしています。 10月05日 20時39分
www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055439551.html?t=

匿名 さんのコメント...

軍政下奄美の密航・密貿易

匿名 さんのコメント...

ヤンチュ 家人 奴隷制度

匿名 さんのコメント...

グラバー 奄美大島 丸田南里

匿名 さんのコメント...

ja.wikipedia.org/wiki/奄美群島の名字

匿名 さんのコメント...

金色有功章を受章
「九州八県赤十字大会」