2012年1月25日水曜日

がん治療ビジネスの広告塔に成り下がった天皇皇后両陛下


一人でも多くの国民が、これまでに先人が築いてきた優れた医療の恩恵にあずかり、がんの苦しみから救われることを期待します」

本音を言っちゃいましたね天皇陛下!(爆w
本来、天皇陛下としては日本国民ががんなんぞにならないようとの思いを含め・・・

「一人でも多くの国民ががんの苦しみから救われることを期待します」

と言うべきなんだがそれすら言えないんですね、わかります。(爆w


まあ要するに一人でも多くの国民ががんになって優れた高額医療のお世話になるよう期待されてるわけですね、わかります。(爆w


最低だな天皇陛下!(爆w
がん治療ビジネスの広告塔なんぞに成り下がった皇室なんて(゚⊿゚)イラネ。(爆w


健康な腎臓摘出=手術で血管取り違え―金沢
時事通信 1月24日(火)17時13分配信
 国立病院機構金沢医療センター(金沢市)で2010年3月、腎臓がんの手術を行った際、二つの腎臓のうち健康な方の血管を切断するミスがあったことが24日分かった。患者は両方の腎臓を摘出。退院したが、別の病院で人工透析を受けているという。
 同センターによると、患者は石川県内の50代男性。10年3月29日に左腎臓摘出の内視鏡手術を受けた際、執刀した40代の泌尿器科医長が、右腎臓の血管を誤って2本切断した。別の医師が血管を縫合したが機能は戻らず、9日後に右腎臓も摘出した。
 男性は一時意識不明になったが回復し、同年11月末に退院。昨年7月、賠償金などを支払うことで示談が成立した。
 ミスを公表していなかったことについて、同センターは「男性が公表を望んでいないという話があった」と説明。医長は処分されなかったが、その後同センターでは内視鏡手術を行っていないという。 

20 件のコメント:

ミネ さんのコメント...

終ったナ 氏素性全開じゃん
国会のスピーチ時から何だ今日は一段と って思ったんだけど

こんなのに翻弄されたんだよな
ぁ、こんなだから翻弄されたんだっけ

9月 さんのコメント...

癌だけでなく結核治療ビジネスもではないのでしょうか?

天皇陛下、その昔結核だった事が判明(2009/03/18):
http://unkar.org/r/news/1237348148

で、結核予防会総裁は紀子様。

そして、この天皇陛下の結核カミングアウトにタイミングを合わせるかのように、
お笑いのハリセンボンの結核感染騒動。
まるで、この騒動の為のカミングアウトだったのでは?
と、当時思いました。

http://www.google.co.jp/search?aq=f&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E7%B5%90%E6%A0%B8%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%B3

先日の肺炎マイコプラズマもどうなんでしょうね?
宮内庁長官は旧厚生省の事務次官でもありますし..。

そもそも、病院、医薬品(当時は薬草)のルーツって教会ですよね。
医療利権にはローマ・カトリックが大きく関わっている気がします。

てんこもり野郎 さんのコメント...

>医療利権にはローマ・カトリックが大きく関わっている気がします。

モロですよ。(w

米国での異常な医療費高騰も元々はローマ・カトリックのせい。

奴らの思考回路では病気を治してやるんだから高額お布施は当然って感じなんだよ。(爆w

9月 さんのコメント...

https://twitter.com/#!/takenoma/status/161805626106851329

@takenoma
竹田恒泰
詳細は言えませんが、昨日旧皇族の一族(一部)が集まって皇統の問題を協議しました。勿論自ら皇籍復帰を希望する者はいませんが、いざとなったら男系を守る為に一族から復帰者を用意する必要があると意見が一致しました。法整備ができれば何とかなりそうです。この点はこれ以上話せません #女性宮家
--------------

何か、画策してるようですね。
それだけ、切羽詰っているということでしょうか...。

匿名 さんのコメント...

というか、なんで誤解ともとれないような言い方なんでしょうかねこれ
やはりつい本音が出たんでしょうか

月夜 さんのコメント...

「今の」皇室は癌家系ですしね。
自分達の存続の為に・・・という意味も含めてならば聞き捨てなりませんね。

匿名 さんのコメント...

天皇陛下がステマでつかw

これからは謹んで御用天皇とでもお呼びすればよいのでせうかw

匿名 さんのコメント...

内視鏡

オリンパスw

最近の原発内の内視鏡監視

オリンパスww

匿名 さんのコメント...

陛下のステマは死の臭いw

ミネ さんのコメント...

'09の前に'99ーミレニアムで結核再興キャンペーンしてましたね、
丁度粉ビジネスがアングラだけでなくなって氾濫期の端境期と一致して
成分にキッチリ配合されてたことは言わずもがな
ビートがキャン爺して世界のキタノのステップとなた
個人的に強烈な出来事があったので鮮明に記憶してます

菌は御匙の専売特許 とw

10年周期にしたぃみたいだから
皇室が続けば10年後もあるんでしょうねw

>御用天皇
ステマ天皇も捨てがたいけど羅馬天皇でいーんじゃなぃかと
一瞬電痛天皇とかブラッグバス天皇ブルギル天皇とか思い浮かんだけど

匿名 さんのコメント...

う〜ん、踏み絵で存続、まだ信じてたけど、残念です

ピカフードPRの主犯格
http://tokumei10.blogspot.com/2011/07/pr.html

匿名 さんのコメント...

arakawa-yasuaki.com/gallery/dataimge/1385355450.pdf

匿名 さんのコメント...

アメリカでは癌も認知症も減少傾向にあるが、日本はどうなのでしょうか。

匿名 さんのコメント...

無病息災願って「ささ酒祭り」06月23日 13時18分
青竹の筒に入れた酒を飲んで、無病息災を願う「ささ酒祭り」が奈良市の大安寺で行われ、大勢の参拝者が訪れました。
ささ酒祭りは、奈良時代の光仁天皇が大安寺の境内の竹を器にして酒を楽しみ、長生きをしたという言い伝えにちなんだ伝統行事です。
本堂では、がん封じの祈とうが行われ、手を合わせる参拝者の背中や肩を僧侶が「しゃくじょう」と呼ばれるつえで軽くたたき、無病息災を祈りました。
また、境内では浴衣姿の「笹娘」たちが青竹の筒に入れた、がん封じの御利益があるとされる「ささ酒」をふるまい、参拝者たちは、青竹の香りとよく冷えた酒の味を楽しんでいました。
奈良県王寺町から訪れた60代の女性は、「乳がんの再発防止を願って毎年、お酒を飲みに来ています。おいしいな、生きてて良かったな、と感じました」と話していました。
また、市内の70代の男性は、「竹の香りがしておいしいです。健康で長生きできるように願いました」と話していました。
www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053866401.html

>がん封じの祈とうが行われ、手を合わせる参拝者の背中や肩を僧侶が「しゃくじょう」と呼ばれるつえで軽くたたき、無病息災を祈りました。
また、境内では浴衣姿の「笹娘」たちが青竹の筒に入れた、がん封じの御利益があるとされる「ささ酒」をふるまい、参拝者たちは、青竹の香りとよく冷えた酒の味を楽しんでいました。

匿名 さんのコメント...

ドケチ健康法とドケチ養生法で心身両面のエネルギー温存とお金の無駄遣い防止で気楽。

匿名 さんのコメント...

がん患者の西村医師お別れ会
07月22日 12時21分

みずからがんと闘いながら、がん患者に寄り添った活動に積極的に取り組み、今年5月に亡くなったがんの専門医、西村元一さんのお別れ会が金沢市で開かれました。
お別れ会は西村さんが中心になって立ち上げた金沢市石引にある、がん患者の交流施設、「元ちゃんハウス」で開かれました。
金沢赤十字病院の副院長でがんの専門医だった西村さんはおととしの3月、進行性の胃がんが見つかり、余命半年と宣告を受けました。
闘病生活を続けながら仲間と一緒にがん患者やその家族が気軽に交流できる施設「元ちゃんハウス」を作るなど患者に寄り添った活動を行ってきましたが今年5月、58歳で亡くなりました。
お別れ会は西村さんを追悼しようと開かれ、施設の一角には、西村さんの写真や、西村さんの著書などが並べられたコーナーが設けられたほか、施設を立ち上げたメンバーらによる施設の特徴などの紹介も行われました。
お別れ会には、がん患者や西村さんと親交のあった医師や医療関係者らが訪れ、写真を見たりして西村さんをしのんでいました。
西村さんが亡くなったあと、施設の代表を務める妻の詠子さんは「これからもメンバーたちと主人の意思を継いで施設を続けていきますので多くの人に利用してほしい」と話していました。西村さんの「お別れ会」は23日も開かれます。
www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3025350141.html

ガンで死ぬことだけが何か特別の威容を以って語られることが不自然
誰かの著書に支払いをして救済されるものでもない

匿名 さんのコメント...

ひとつのプロセスに過ぎない
戦うものではなくプロセスが消化していくだけだ

匿名 さんのコメント...

cancer global statistics 2016

匿名 さんのコメント...

肺がんなど見逃しで患者死亡の慈恵医大が会見
朝日新聞 - ‎6 時間前‎
東京慈恵会医科大病院で男性患者(当時72)が肺がんの疑いがある検査結果を見落とされてその後死亡した問題で、同病院は24日、ほかにも2人の肺がん患者の画像診断結果が放置され、その後亡くなっていたと発表した。 肺がんなど見逃し、他にも5人 慈恵医大が報告書.

肺がん疑い他にも2人放置、死亡…慈恵医大病院
BIGLOBEニュース - ‎9 時間前‎
東京慈恵会医大病院(東京都港区)で肺がんの疑いがあると検査で指摘された男性患者の治療が約1年間放置され、その後に死亡した問題で、同病院は24日、ほかにも患者2人の検査結果が放置され、肺がんで死亡していたと発表した。 発表によると、この2人は50歳代と70 ...

「肺がん」診断結果放置で他に2人死亡
日本経済新聞 - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある70代の男性患者=2月に死亡=の画像診断結果を1年間放置した問題で、同病院は24日、肺がんの疑いがある他の2患者の画像診断結果が放置され、その後死亡したと発表した。 同病院によると、2009年以降、計6人の患者の画像 ...

がんの疑いがある男性を放置、他に2人死亡 東京慈恵会医大病院が発表
livedoor - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した。共同通信が報じた。 病院によると、50代男性が2012年にCTを受けたが担当医の交代などで ...

慈恵医大病院 がん見逃し5件
ニフティニュース - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医科大付属病院(東京)で男性患者(72)が検査で分かった肺がんの疑いを見逃され、適切な治療を受けられずに2月に死亡した問題で、同病院は24日に記者会見し、過去にも検査結果が共有されず、がんを見逃した例が5件あり、うち2人が死亡していたと明らかに ...

肺がん放置で他に2人死亡 慈恵医大病院が公表
iza(イザ!) - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性=2月に72歳で死亡=の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も肺がんが疑われる画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した。病院の第三者委員会は20日、この2人を含む5人の ...

肺がん放置で他に2人死亡 慈恵医大病院が公表
BIGLOBEニュース - ‎12 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性=2月に72歳で死亡=の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も肺がんが疑われる画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した... 記事全文<共同通信のサイトに移動します> ...

がん疑いの5人の検査結果 慈恵医大医師が見落とし
NHK - ‎13 時間前‎
東京慈恵会医科大学附属病院で、平成26年までの6年間に合わせて5人の患者が、がんの疑いがあると診断されたにもかかわらず、主治医などが検査結果を見落とし、最も長い人で3年間治療が行

匿名 さんのコメント...

肺がんなど見逃しで患者死亡の慈恵医大が会見
朝日新聞 - ‎6 時間前‎
東京慈恵会医科大病院で男性患者(当時72)が肺がんの疑いがある検査結果を見落とされてその後死亡した問題で、同病院は24日、ほかにも2人の肺がん患者の画像診断結果が放置され、その後亡くなっていたと発表した。 肺がんなど見逃し、他にも5人 慈恵医大が報告書.

肺がん疑い他にも2人放置、死亡…慈恵医大病院
BIGLOBEニュース - ‎9 時間前‎
東京慈恵会医大病院(東京都港区)で肺がんの疑いがあると検査で指摘された男性患者の治療が約1年間放置され、その後に死亡した問題で、同病院は24日、ほかにも患者2人の検査結果が放置され、肺がんで死亡していたと発表した。 発表によると、この2人は50歳代と70 ...

「肺がん」診断結果放置で他に2人死亡
日本経済新聞 - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある70代の男性患者=2月に死亡=の画像診断結果を1年間放置した問題で、同病院は24日、肺がんの疑いがある他の2患者の画像診断結果が放置され、その後死亡したと発表した。 同病院によると、2009年以降、計6人の患者の画像 ...

がんの疑いがある男性を放置、他に2人死亡 東京慈恵会医大病院が発表
livedoor - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した。共同通信が報じた。 病院によると、50代男性が2012年にCTを受けたが担当医の交代などで ...

慈恵医大病院 がん見逃し5件
ニフティニュース - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医科大付属病院(東京)で男性患者(72)が検査で分かった肺がんの疑いを見逃され、適切な治療を受けられずに2月に死亡した問題で、同病院は24日に記者会見し、過去にも検査結果が共有されず、がんを見逃した例が5件あり、うち2人が死亡していたと明らかに ...

肺がん放置で他に2人死亡 慈恵医大病院が公表
iza(イザ!) - ‎11 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性=2月に72歳で死亡=の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も肺がんが疑われる画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した。病院の第三者委員会は20日、この2人を含む5人の ...

肺がん放置で他に2人死亡 慈恵医大病院が公表
BIGLOBEニュース - ‎12 時間前‎
東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性=2月に72歳で死亡=の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も肺がんが疑われる画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した... 記事全文<共同通信のサイトに移動します> ...

がん疑いの5人の検査結果 慈恵医大医師が見落とし
NHK - ‎13 時間前‎
東京慈恵会医科大学附属病院で、平成26年までの6年間に合わせて5人の患者が、がんの疑いがあると診断されたにもかかわらず、主治医などが検査結果を見落とし、最も長い人で3年間治療が行