2020年3月19日木曜日

日本で新型コロナがまだ「感染爆発」してない理由

日本で新型コロナが「感染爆発」しない理由

3月11日、ドイツのメルケル首相は、「ドイツ国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」と警戒を呼びかけた。

こんなことが本当に起こりえるのだろうか?

これが現実になった場合、感染者のうち1~2割が重症化し、入院治療が必要になること考えると、医療崩壊は免れないだろう。しかし、私はそうはならないと考える。その理由は新型コロナの感染拡大パターンにある。

新しい感染症が入ってくるとどうなる?

メルケル首相の言葉は、新しい感染症に対する基本モデルに基づいている。

ある感染者がその感染症に対する免疫を持たない集団に入ってきた場合、かなりの勢いで広がっていく。しかし、集団免疫という考え方がある。

感染から回復し免疫を得た人々が「免疫の壁」として立ちはだかるようになり、未感染者が感染者から感染するのを阻止する形となるのだ。すると、一定の未感染者を残しながらも、感染拡大は停止する。ウイルスの感染力が弱まって感染拡大が止まるわけではない。

60%から70%が感染のカラクリ



ある感染者がその感染症に免疫を全く持たない集団に入ったとき、感染性期間に直接感染させる平均の人数を「基本再生産数」と呼ぶ。これが1より大きければ感染は拡大し、1であれば感染は定常状態となり、1未満になれば感染は終息に向かう。

新型コロナ、インフルエンザ、SARS の基本再生産数はだいたい2~3といわれている。
計算式に当てはめると、基本再生産数が3のとき、集団免疫による感染拡大停止までに67%が感染することになる。

メルケル首相が、「国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染可能性」を示唆した背景には、この計算があるのだろう。しかし、これは集団が新型コロナに対して全く免疫を持っていないという仮定に基づいている。

私たちは免疫を持っている?

2009年にパンデミック化した新型インフルエンザを思い出してほしい。基本再生産数が3だったとしても国民の6~7割が感染するようなことはなかった。季節性インフルエンザに対する免疫が、新型インフルエンザにもある程度有効だったと私は考える。

そもそも「新型」ではない「コロナウイルス」は、主に子供の風邪のウイルスとしてありふれたものである。これは「新型コロナウイルス」とは別物であり、多くの人が年に1,2回は感染している。

そのため、子ども、子育て世代、小児科医などは新型コロナに対しても免疫を持っているかもしれない。

また、新型コロナは8割が軽症である。無症状で経過する人も相当数いる。日本には春節前から多くの中国人が訪れていた。あくまで推測の域をでないが、既に日本人の多くが自分でも知らない間に感染しているかもしれない。そうであれば、先に示した集団免疫の作用で感染爆発は起こり難い。

またメルケル首相の発言には「仮に政府が何の対策をとらなかったら」という仮定も入っている。しかし、日本も含め多くの国が既に強い対策に打って出ており、また人々は行動変容を起こし、大勢の人が集まるところに出かけることを控えている。よって、無防備に感染が拡大するとは考えにくい。

新型コロナの感染拡大パターンは、次のようなものである。

新型コロナ感染状況
3月9日夜、新型コロナ対策専門家会議の記者会見があり、新型コロナ対策専門家会議・尾身茂副座長が疫学的知見を発表している。

感染症が進行中の集団の、ある時点における、1人の感染者から発生した二次感染の平均の数である、「実効再生産数」について述べている部分を引用する。

「現時点において、感染者の数は増加傾向にあります。また、一定条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が、全国各地で相次いで報告されています。しかし、全体で見れば、これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていません。また、実効再生産数は日によって変動はあるものの概ね1程度で推移しています」

新型コロナの基本再生産数は2~3である。対して、実効再生産数は1。要するに、日本国内で感染が広がっている速さを示す実効再生産数は、現在、ウイルスの持つ感染力を示す基本再生産数を下回っているということだ。

3/19(木) 20:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00033158-forbes-soci


要するにアベシンゾーが招き入れた中国人の中に感染者がほとんど居なかったって話。
何故かと言うと日本に観光に来るような中国人は裕福層・中国の上級国民で平均的な中国人とは生活様式が異なるから。
出入りする場所も平民とは違う。
だからあの初期の時点ではまだ感染者が少なかった。
団体旅行と言えば日本では底辺っぽいイメージがあるが中国は違う。
これからどうなるかは分からんけど。(爆wwwwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

確かに「ワタシ 中国語シカ シャベレナイ アルネ」ってふんぞり返っている中国人は 
日本に少ないですよね・・・

今回、西川口で感染が広がっていないのが不思議 & 証拠

匿名 さんのコメント...

団長さま なるほど・・・!
発症の多いイタリアやイランを例に出して考えると、
どちらかというと観光ではなく、労働者が多かった・・!


中伊関係については、「イタリアではすでに中国人移民が工場や店を運営し共同体を形成してきた。19年1月基準で29万9800人の中国人が移住した」と説明。香港のサウスチャイナモーニングポストの記事を引用して「イタリアに移民した中国人の90%以上が浙江省温州出身で、温州は2月2日に新型肺炎拡散で発源地である湖北省武漢に続き、中国で2番目に都市が封鎖された。こうした状況でイタリアで新型肺炎が広がって一帯一路プロジェクトに影響が出るとの懸念が大きくなっている」との見方を示した。

さらに、「中国はイランのテヘランから西部タブリーズを経てトルコと欧州につながる路線と、北東部のシーア派聖地であるマシュハドにつながる鉄道の改良作業を進行中だ。中国の資金と労働者を使ったインフラ事業だ」とも報道。
https://this.kiji.is/611738028716639329?c=516811614926308449

GABRIEL さんのコメント...

> 日本に観光に来るような中国人は
>裕福層・中国の上級国民

観光客はそうだけど
それ以外に色々渡航して
個人的に在中邦人帰国かな
取り越し苦労で済みそうですが

批判浴びそだけど
観光中国人よりも
乞食旅行の日本人