2020年10月23日金曜日

ケネス・ラキシェフ@カザフスタン柔道連盟というバイデン一家にとっては中国やウクライナよりヤバイもんが出始めた件

 



Kenes Rakishev (born on 1979, Kazakh: Keńes Hamıtuly Raqyshev) or Kenges,[1] is a Kazakh entrepreneur and investor.Rakishev was born on July 14, 1979, to a family of Kazakh statesman and public figure Khamit Rakishev, who was the head of the Kazakhstan's Chamber of Commerce and Industry. He is the son-in-law of Imangali Tasmagambetov, the current Minister of Defence of Kazakhstan.[2]


2015/03/03 — 少将SayyariはZhanzakovの招待でアスタナ日曜日のカザフスタンの首都に到着した。イランの司令官はまた、カザフ国防相イマンガリ·タスマガンベトフを満たすために予定されている。 近年では、イランは防衛部門で大きな ...


2020年10月22日木曜日

バイデン一家=統一教会系シナキムチマネロン・ファミリーがほぼ確定

 


6 hours ago — Bobulinski unloads his bill of accusations in blunt but precise ... I am the CEO of Sinohawk Holdings which was a partnership between the ...
4 hours ago — Tony Bobulinski issued a statement on Wednesday saying that he personally ... I am the CEO of Sinohawk Holdings which was a partnership ...
2 hours ago — “What I am outlining is fact,” Bobulinski continued. “I know it is fact because I lived it. I am the CEO of Sinohawk Holdings, a partnership ...


 SINOHAWK HOLDINGS LLC

Company Number
6412130
Incorporation Date
15 May 2017 (over 3 years ago)
Company Type
Limited Liability Company
Jurisdiction
Delaware (US)
Agent Name
UNITED CORPORATE SERVICES, INC
Agent Address
874 WALKER RD STE C, DOVER, Kent, DE, 19904
Directors / Officers




→Dollar General

→China King


これはもうだめかもしれんね。(爆wwwwwwwwwwwwwwwww

2020年10月21日水曜日

スウェーデンが何故かウプサラをロックダウン

Sweden takes its first step towards regional lockdowns by bringing in tougher rules for Uppsala city hours after revealing plans to ease restrictions for older people

  • The 170,000 citizens of Uppsala have been asked to work from home, avoid social gatherings, physical contact and public transport
  • Comes after rising cases found to spreading in society, not just in local clusters
  • Tegnell said: 'It is not a lockdown as that means you shut down the whole society'
  • Earlier he urged over-70s to 'live a normal life' and not lock themselves away

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8858505/Sweden-plans-EASE-coronavirus-restrictions-older-people.html


 

 スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが香港の民主活動家を支持したことに中国政府が「干渉する権利はない」と反発しています。 


 中国当局に逮捕された12人の民主活動家は今年8月に香港から船で台湾に渡ろうとして拘束されていました。グレタさんがツイッターでこの12人を支持する考えを示したことに対し、中国外務省は「中国は法治国家で法に則り事件を処理する」としたうえで、「どんな人にも干渉する権利はない」と強調しました。グレタさんは去年12月にも香港の抗議デモを支持する考えを示し、中国の国営メディアから批判されていました。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000196101.html


2020年10月20日火曜日

Biden Laptop by Miranda Divine@NYP



Miranda Devine (born July 1961)[1] is a conservative Australian columnist and writer. Her column, formerly printed twice weekly in Fairfax Media newspapers The Sydney Morning Herald and The Sun-Herald, now appears in the News Limited newspapers Daily Telegraph, Sunday Telegraph, Melbourne's Sunday Herald Sun and Perth's Sunday Times.

She hosted The Miranda Devine Show on Sydney radio station 2GB. The show ended in 2015.[2] As of early 2020, her columns appear in the New York Post.

Early life and education

Born in New York and growing up between Tokyo and Sydney. Devine is the eldest daughter of Frank Devine, a New Zealand born Australian newspaper editor and journalist, who died in 2009. She attended school at Loreto Kirribilli and the International School of the Sacred Heart Tokyo, has a Masters in Journalism from Northwestern University (USA) and a Bachelor of Science in Mathematics from Macquarie University. Devine studied first-year architecture at Sydney University and worked briefly at the CSIRO's Division of Textile Physics.[3]

Career

Devine worked for the Boston Herald as a reporter and feature writer. In 1989, Devine joined The Daily Telegraph as assistant editor, police reporter and columnist after returning to Australia to live in Sydney. She had also previously worked at British tabloid the Sun and Sunday Times in London. Most recently, Devine's columns, focused on United States politics, are published by the New York Post[4] and she makes appearances promoting her articles on local media outlets. Devine lives in Sydney with her husband and two sons.[3]



A Laptop from Hell、、、(爆wwwwwwwww

2020年10月19日月曜日

Bevan Cooney@Burnham Financial Group

 


PDF
May 11, 2016 — Securities was wholly owned by Burnham Financial Group. Beginning in 2014, Jason. Galanis, Archer and Cooney gained control of Burnham ...
13 mins ago — Bevan Cooney is Hunter Biden's former business partner who is serving ... Prosecutors linked both men to the Burnham Financial Group, “the ...
Jan 27, 2020 — ... a/k/a “Yanni,” Bevan Cooney, Devon Archer and Michelle Morton. ... also connected to the Burnham Financial Group, “where his business ...
PDF
BEVAN COONEY, the defendants, and others known and unknown, willfully and knowingly did ... subsidiaries of Burnham Financial Group. Beginning in.
May 11, 2016 — ... Devon Archer; Bevan Cooney; Hugh Dunkerley; Gary Hirst and Michelle Morton. ... A lawyer representing Mr. Cooney denied the allegations. ... taking control of reinsurance firm Gerova Financial Group Ltd. and then dumping its stock, ... Rosemont Seneca, now a part of New York-based Burnham Asset ...
May 23, 2016 — ... Burnham Securities, owned by Burnham Financial Group, which was ... are Devon Archer, Bevan Cooney, Gary Hirst and Michelle Morton.
PDF
Aug 14, 2020 — Hugh Dunkerley, Michelle Morton, Devon Archer, and Bevan Cooney, ... 2015, to Cooney, Archer, and Burnham Financial Group's President,.
They began by investing in Burnham Financial Group (“Burnham”), ... to a jury trial along with two of his co-defendants, John Galanis and Bevin Cooney.



、、、(爆wwwwwwwww

「赤い公園」の 津野米咲さんが★に

 

 女性ロックバンドグループ「赤い公園」 津野米咲さん 死去

女性のロックバンドグループ「赤い公園」のメンバーの津野米咲さんが東京都内で亡くなっていたことが分かりました。29歳でした。関係者によりますと、自殺とみられるということです。

亡くなったのは、4人組の女性ロックバンドグループ「赤い公園」のメンバーの津野米咲さん(29)です。

関係者によりますと、18日午前9時ごろ、東京 杉並区の住宅でぐったりしているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

警視庁は、現場の状況などから自殺とみて詳しい状況を調べています。

津野さんは、バンドでギターや作詞作曲を担当するかたわら、アイドルなどに楽曲の提供を行ったり、NHKのラジオ番組にも出演したりと幅広く活動していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201019/k10012670361000.html


やっぱ赤狩りですかねえ・・・(爆wwwwwwww

10% Joe





、、、(爆wwwwwwwwwww

2020年10月17日土曜日

Mohamed A. Khashoggi@CECからハンター・バイデンへのe-mail発覚でパパのジョー・バイデン終了!(爆wwwwww

パパのジョー・バイデン終了のお知らせですかねえ・・・(爆wwwwwwww



Exclusive — 'This is China, Inc.': Emails Reveal Hunter Biden's ...

1 時間前 — “I know it is political season and people are hesitant but a group like this does not come along every day,” an intermediary named Mohamed A. Khashoggi wrote on behalf of the CEC to an associate of Hunter Biden and ...


For instance, on November 5, 2011, one of Archer’s business contacts forwarded him an email teasing an opportunity to gain “potentially outstanding new clients” by helping to arrange White House meetings for a group of Chinese executives and government officials. The group was the China Entrepreneur Club (CEC) and the delegation included Chinese billionaires, Chinese Communist Party loyalists, and at least one “respected diplomat” from Beijing. Despite its benign name, CEC has been called “a second foreign ministry” for the People’s Republic of China—a communist government that closely controls most businesses in its country. CEC was established in 2006 by a group of businessmen and Chinese government diplomats.

CEC’s leadership boasts numerous senior members of the Chinese Communist Party, including Wang Zhongyu (“vice chairman of the 10th CPPCC National Committee and deputy secretary of the Party group”), Ma Weihua (director of multiple Chinese Communist Party offices), and Jiang Xipei (member of the Chinese Communist Party and representative of the 16th National Congress), among others.

“I know it is political season and people are hesitant but a group like this does not come along every day,” an intermediary named Mohamed A. Khashoggi wrote on behalf of the CEC to an associate of Hunter Biden and Devon Archer. “A tour of the white house and a meeting with a member of the chief of staff’s office and John Kerry would be great,” Khashoggi said before including what should have been a major red flag: “Not sure if one has to be registered to do this.” Presumably, Khashoggi meant a registered lobbyist under the Foreign Agents Registration Act (FARA).

Khashoggi believed the trip presented “a soft diplomacy play that could be very effective” and would give Hunter Biden’s business partners “good access to [the Chinese] for any deal in the future.”

Indeed, the email boasted of CEC’s wealthy membership:

CEC’s current membership includes 50 preeminent figures such as: Liu Chuanzhi, Chairman of the CEC, Legend Holdings and Lenovo Group; Wu Jinglian, Zhang Weiying, and Zhou Qiren, China’s esteemed economists; Wu Jianmin, respected diplomat; Long Yongtu, representative of China’s globalization; Wang Shi (Vanke); Ma Weihua (China Merchants Bank); Jack Ma (Alibaba Group); Guo Guangchang (Fosun Group); Wang Jianlin, (Wanda Group); Niu Gensheng (LAONIU Foundation); Li Shufu (Geely); Li Dongsheng (TCL Corporation); Feng Lun (Vantone) and etc.

The gross income of the CEC members’ companies allegedly “totaled more than RMB 1.5 trillion, together accounting for roughly 4% of China’s GDP.” The overture to Hunter Biden’s associates described the Chinese CEC members variously as “industrial elites,” “highly influential,” and among “the most important private sector individuals in China today.”

Before contacting Hunter Biden’s associates, the CEC had been trying to get meetings with top Obama-Biden administration officials to no avail. “From the DC side as you will see below they [CEC] have written letters to several members of the administration and others and have so far not had a strong reaction.”

“This is China Inc,” wrote Khashoggi in the email, referring to the delegation of Chinese billionaires.

“Biggest priority for the CEC group is to see the White House, and have a senior US politician, or senior member of Obama’s administration, give them a tour… If your friend in DC can help, we would be extremely grateful,” Khashoggi emphasized.

Hunter Biden and Devon Archer apparently delivered for the Chinese Communist Party-connected industrial elites within ten days .

The original Oct. 19, 2011, email from Khashoggi was sent to Gary Fears — a controversial political fundraiser with a checkered history who was caught up in a riverboat casino scandal in the mid-1990s — who forwarded it on to Archer a couple weeks later on Nov. 5, 2011.

Time was short, as Khashoggi’s original email noted that the Chinese delegation would be in DC on Nov. 14, 2011. Fears told Archer to “reach out” to Khashoggi about the request regarding getting the Chinese businesspersons and officials into the Obama White House, adding it would be “perfect for” Archer to also “attend” with them and then “get guys for the potash deal.”

The same day Fears sent Khashoggi’s message to him, Archer took the email from Fears and sent to Khashoggi a business proposal for a potash mine deal he had lined up.

Six days after the initial overture, Archer received a followup email asking how a meeting with CEC’s representative went. The email closed with “Do me a favor and ask Hunter [Biden] to call me — I’ve tried reaching him a couple of times.” Archer responded, “Hunter is traveling in the UAE for the week with royalty so probably next week before he will be back in pocket…. The meeting with [CEC representative] was good. Seems like there is a lot to do together down the line. Probably not a fit for the current Potash private placement but he’s a good strategic relationship as the mine develops. Definitely have a drink with Mohammed and let him know how impressed I was with his whole deal.”



2020年10月16日金曜日

サルバドール・シエンフエゴス・セペダ元国防長官、米国で逮捕


2020年10月16日金曜日
麻薬組織「カルテル・デ・サンタロサデリマ」@日本企業集中のグアナフアト州から芋づる式に
https://tokumei10.blogspot.com/2020/10/blog-post_53.html


 


 Division General Salvador Cienfuegos Zepeda (Mexico City, 14 June 1948) is the former Secretary of National Defense in the government of Mexican President Enrique Peña Nieto.

He has served as a military and air attaché in the Mexican embassies in Japan and South Korea. He has also participated in diplomatic visits in the United States, Chile, China and Cuba.[1]

He was arrested by U.S. officials on October 15, 2020, at Los Angeles International Airport, on drug and money-laundering charges.[2]


 サルバドール・シエンフエゴス・ゼペダ中将は、メキシコ大統領エンリケ・ペーニャ・ニエト政府の元国防長官です。 彼は日本と韓国のメキシコ大使館で軍と空軍の駐在武官を務めてきました。彼はまた、米国、チリ、中国、キューバでの外交訪問にも参加しています。



もう日本は皇室を解体して沖縄と尖閣と北海道を米国に譲渡するしかしゃあないかもね。(爆wwwwwwwwwww


撲殺大使セルギちゃん

 2020年10月15日、駐日ウクライナ特命全権大使のセルギー・コルスンスキー氏が自身のツイッターを開設した。自己紹介に添えられた写真が注目を集めている。 



コルスンスキー氏のツイート

メイスの一種である「ブラヴァ」
コルスンスキー氏は10月15日、自身のツイッターで「皆さん、こんにちは。初めまして。セルギー・コルスンスキーです。駐日ウクライナ特命全権大使として来日しました。どうぞよろしくお願いいたします。」と挨拶をツイートした。その際添付されていた写真には、ウクライナの国旗を傍に、中央にコルスンスキー氏が笑顔で写っている。スーツ姿のコルスンスキー氏は右手に、茶色の棒の先端にボール状のものにトゲがついた武器のようなものを持ち、肩に担ぐようにしている。

ツイッターでは「モーニングスターのようなものが気になりますww」「画像が大使というより刺客なんですが...」「手に持ってる方が本体なんだな・・」とこの武器のようなものに興味を持つ人々のリプライが次々と寄せられた。

コルスンスキー氏さんは、その後「たくさんのご質問ありがとうございます。これはブラヴァです。もともと武器ですが,ウクライナでは権力のシンボルとして使われています。」として「ブラヴァ」の写真をツイート。柄の部分は艶やかに磨き上げられており、全体に細かい彫り細工がされている。

コルスンスキー氏のツイートより 

コルスンスキー氏の説明にもあるが、ブラヴァはこん棒に似た打撃武器(メイス)の一種で、ウクライナのほかポーランドなどで、統治者や軍人などの権威の象徴として扱われてきた。ウクライナでは、大統領旗などにも描かれる。

笑顔のコルスンスキー氏とインパクトの強い「ブラヴァ」の組み合わせに、、ドラゴンクエストシリーズに登場する両手にモーニングスターを持ったモンスター「あくま神官」の画像や、アニメ「撲殺天使ドクロちゃん」のトゲ付きのバットを持った主人公ドクロちゃんにかけ「撲殺大使セルギちゃん」とリプライを送る人もいる。

https://www.j-cast.com/2020/10/16396740.html



ウクライナで悪さしてた香具師は誰かな?(爆wwwwwwwwwwww



バイデンの嘘がバレてしまった件

 

バイデン候補「致命傷」となる新たなメールが明らかに ウクライナ疑惑で企業幹部と面会か

配信

「バイデンの秘密のEメール」というチョー大きい見出しが、14日大衆紙「ニューヨーク・ポスト」の一面に踊った。 バイデン候補の次男ハンター・バイデン氏にあてたメールで、差出人はウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」の顧問バディム・ポザルスキー氏。日付は2015年4月17日。 「親愛なるハンター、ワシントンへ招待してくれて貴方の父上と会い、しばしご一緒できたことを感謝します。まことに名誉であり喜びでした。昨夜お話ししたように、今日再びコーヒーでも飲みながらお会いできれば幸いです。いかがですか?正午ごろであれば、貴方のオフィスによることができます。飛行場へゆく前かその途中に。早々アイフォーンより発信」 「父上」というのは、当時オバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン氏に他ならない。つまり、ハンター氏は「ブリスマ」の幹部をワシントンへ招き、バイデン氏と面談させたことをこのメールは裏付けている。

バイデン氏は否定し続けたが・・・

ハンター氏はその前年、「ブリスマ」の役員に就任し一月5万ドル(約550万円)の給与を支払われていた。同氏の「ブリスマ」での役割は定かでないが、メールが送られた2015年、バイデン副大統領(当時)はウクライナの首都キエフを公式訪問するが、そこで10億ドル(約1100億円)の援助と引き換えに「ブリスマ」をめぐる疑惑を捜査していた検察官の罷免をウクライナのプロシェンコ大統領らに要求した。 「あいつら、ものの見事に(検事総長を)クビにしたよ」 後年、バイデン氏がこう語ったのがビデオに残っており、バイデン氏は、副大統領というその地位を利用して息子の会社が訴追されるのを防いだのではないかと考えられたが、バイデン氏は「ブリスマ」の関係者には会ったこともないと否定し続けてきた。 今回のメールは、ハンター氏が修理に出したまま捨ておいたパソコンから修復されたもので、連邦捜査局(FBI)も捜査の手掛かりにしていると言われるし、ハンター氏の中国やロシアとの金銭疑惑について調査している上院国土安全委員会にも渡っている。

SNS大手はバイデン候補を援護

今回の報道について、バイデン支持を公表しているニューヨーク・タイムズ紙やワシントンポスト紙など有力なマスコミは、バイデン選対が否定するのを伝えるだけだが、ここへきて新たな援軍がバイデン側についた。 かねて民主党に好意的と言われているフェイスブックとツィッターが、この報道を伝えるのを事実上禁止したのだ。「政治的な宣伝になる」というのがその理由だが、リツイートしたホワイトハウスの報道官までがツイッターのアカウントを停止されてしまった。 トランプ大統領もツイッターで次のように非難した。 「フェイスブックとツイッターが、ニューヨーク・ポスト紙が伝えた寝ぼけジョー・バイデンとハンターに関するEメールの証拠を取り消してしまったのはひどい話だ。彼らはこれからもこうしたことをやってくるぞ。腐敗した政治家ほど悪い連中はいない。230条を廃止すべきだ!!!」 「230条」というのは、SNS企業に情報内容を管理する大幅な権限を与えた通信品位法230条のことで、かねてトランプ大統領が廃止を求めていた。 しかし、SNS大手がここまで検閲をしたことは逆に、これがバイデン候補にとって「致命的」な証拠になるかもしれないからとも言える。 トランプ陣営は、早速「バイデンは、嘘をついて家族ぐるみの蓄財を隠していた」というテレビCMを集中的に放送し出したが、果たして有権者はどう受け止めるだろうか。 

(関連記事:民主党大統領候補人気トップのバイデン氏の落とし穴 二男に中国から利益誘導の疑惑) 

(関連記事:疑惑調査は大統領の義務! 「見返り」を求めたのはトランプ大統領ではなくバイデン氏だった

https://news.yahoo.co.jp/articles/267396899220698c3b6d979376bc261f44c6b45a?page=2


New leaked email revealed by Tucker Carlson shows that Joe Biden visited Ukraine AFTER Hunter was asked by his business partner to arrange for 'influential US policy makers' to travel to the country to help their firm Burisma

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8845979/Hunter-Biden-emails-claims-asked-close-pursuits-against-head-firm.html



、、、(爆wwwwwwwwwww

 


 



WHO、レムデシビル効果認めず

WHO、レムデシビル効果認めず 初期データ使用論文と製薬企業

 【ワシントン共同】新型コロナウイルス感染症の治療薬として日本で特例承認されている抗ウイルス薬レムデシビルについて、世界保健機関(WHO)主導の国際的な臨床試験で入院患者の死亡率の改善などに効果がみられなかったと、英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が15日、報じた。

 同紙は人工呼吸器装着の必要性は減らず、入院期間を短くする効果もほとんどなかったとしている。
 開発した米製薬企業ギリアド・サイエンシズは「初期データを使った査読前の論文が公開されたようだ。別の臨床試験で示されてきた有効性と矛盾している」とコメントしている。

共同通信 10/16(金) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e2a2fd5fd2e38d97ac74fa8f4ed0a8942b8ab07


中国のワクチンと薬は認めるでしょうな。

米CDCとも対立ですか?(爆wwwwwwwwwwww 

医学界全体への信用が現在世界中でだ暴落中。(爆wwwwwwwwwww

外務省、情報通信網刷新へ 中国企業を事実上排除 米国と足並み

 外務省は、令和4年度までに在外公館も含めた情報通信網を刷新する方針を固めた。通信の高速化や業務の効率化を図ると同時に、複雑化するサイバー攻撃への対応力を強化する狙いで、新たな通信網では安全保障上のリスクが指摘される中国企業を事実上排除する。中国によるサイバー攻撃に懸念を募らせる米国と歩調を合わせる側面もある。政府関係者が16日、明らかにした。 


 外務省が刷新するのは、外交公電や各国とのやり取りで使用する通信回線、サーバー装置、パソコンをはじめとする端末機器などで、3年度に日本の本省、4年度に各国の在外公館を中心に実施する。3年度予算の概算要求には関連経費として120憶円超を計上した。

 新たな通信網に採用する機材やシステムは、価格だけでなく安全保障やサプライチェーン(供給網)上のリスクを重視する。政府が平成30年にまとめた調達指針に基づくもので、名指しは避けながらも中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など情報漏洩(ろうえい)の危険性が指摘される中国企業を排除する。

 政府関係者は「日本は特定の国や企業を排除する立場は取らないが、セキュリティーやサプライチェーンを重視すれば中国は自然と外れる」と語る。

 米国は第5世代(5G)移動通信システムを使った外交施設間の通信の安全を確保する「クリーンパス」をはじめ、携帯電話アプリやクラウドサービスなどの分野で中国企業を排除する計画を提唱し、各国に協力を呼びかけている。茂木敏充外相は6日に都内で行ったポンペオ米国務長官との会談で、クリーンパスの趣旨に賛同する意向を伝えた。

 外務省が着手する通信網の刷新は5Gの使用を前提としていないが、米国と協調してサイバーセキュリティーに取り組む姿勢を示す効果もある。茂木氏は16日の記者会見で「サイバーセキュリティーの確保は日本を含む国際社会にとって重要だ。米国との協力を引き続き強化していきたい」と語った。

産経ニュース 2020.10.16 18:06
https://www.sankei.com/politics/news/201016/plt2010160027-n1.html 

関係者からキムチも完全に排除せんと無意味。(爆wwwwwwwwwwwww

麻薬組織「カルテル・デ・サンタロサデリマ」@日本企業集中のグアナフアト州から芋づる式に

  【サンパウロ時事】メキシコ中部グアナフアト州の検察局は15日、州内に本拠を置く麻薬組織「カルテル・デ・サンタロサデリマ」の首領を南東部の都市セラヤで逮捕したと発表した。 


 逮捕時に銃や麻薬を所持していたという。同州は日本の自動車メーカーや関連企業が数多く進出している。

 逮捕されたのは、8月2日に同じく拘束された前ボスの後を継いだばかりのアダン・オチョア容疑者で、数々の重大な暴力事件に関わった疑いがある。カルテルは麻薬密売やパイプラインからの石油窃盗が資金源。国内で最も凶悪な「カルテル・デ・ハリスコ・ヌエバ・ヘネラシオン」と激しい抗争を繰り広げており、相次ぐトップ検挙で弱体化する可能性がある。

10/16(金) 14:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201016-00000060-jij-int


要するに・・・

ブリスマとCEFC



バイデン氏、不正疑惑のウクライナ企業幹部と面会か 米報道