2017年3月5日日曜日

「火消し」9人搭乗の消防防災ヘリ「アルプス」(ベル412EP型)が墜落 追記アリ


防災ヘリ墜落、人死亡=消防隊員ら人搭乗-訓練中、山中に・長野

5日午後3時すぎ、長野県の岡谷市と松本市にまたがる鉢伏山1929メートル)の山中に「ヘリコプターの機体が見える」と通報があり、約10分後に県警のヘリが山中に墜落したヘリを確認した。県や県警によると、墜落したのは県職員9人が乗った県の消防防災ヘリで、うち3人は救助され松本市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。県警や消防などが残る6人の救出を急いでいる。

山岳救助ヘリ有料化=全国初、自民が条例改正案-埼玉県

県や県警によると、墜落したのは消防防災ヘリ「アルプス」(ベル412EP型、定員15人)。パイロットと整備士各1人、消防隊員7人を乗せ、同日午後1時半ごろ信州まつもと空港(同県松本市)を離陸し、現場付近でロープを使い地上に下りる訓練をした後、午後3時までに戻る予定だった。
県によると、搭乗していたのはいずれも男性の県職員で、うち消防隊員7人は、長野県内の市町村でつくる広域消防本部から県に派遣されていた。操縦していたパイロットはベテランで、主に山岳救助を担当していた。
墜落したアルプスは1997年に導入され、今年2月に定期点検を受けたばかりだった。
長野地方気象台によると、5日の長野県は高気圧圏内にあり、午前は晴れ、午後は薄曇りだった。強い風も観測されていなかったという。
国土交通省は航空事故に認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官3人を現地に派遣する。(2017/03/05-19:13)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030500387&g=soc







Lawrence Dale "Larry" Bell (April 5, 1894 – October 20, 1956) was an American industrialist and founder of Bell Aircraft Corporation.
Bell was born in Mentone, Indiana and lived there until 1907, when his family moved to Santa Monica, California. He joined his older brother Grover and stunt pilot Lincoln Beachey as a mechanic in 1912. Grover Bell was killed in a plane crash the following year, and Lawrence vowed to quit aviation for good; however, he went to work for the Glenn L. Martin Company after friends convinced him to return to the industry. He became Martin's shop foreman at age 20, and later the company's general manager, wanting to become partner.[1]

He left Martin in 1928 to join Consolidated Aircraft in Buffalo, New York, eventually becoming vice president and general manager. When Consolidated relocated to San Diego, Bell stayed in Buffalo and founded his own company with 56 employees,[1] Bell Aircraft Corporation, on July 10, 1935. On a government-sponsored "spy tour" to Germany with 44 other industrialists in 1938, he saw the Focke-Wulf Fw 61 helicopter and used the layout of a German aircraft factory for his Niagara Falls plant.[1] Bell Aircraft built the P-39 "Airacobra" and P-63 "Kingcobra" fighter aircraft during World War II. Their P-59 "Airacomet" fighter was America's first jet-powered aircraft. Postwar, the company produced the Bell X-1, the first aircraft to break the sound barrier in level flight. The company began developing helicopters in 1941, with the Bell 30 taking its maiden flight in 1943. This early model evolved into the Bell 47, one of the most recognizable aircraft in history.

For his role in the X-1's first supersonic flight, he shared the 1947 Collier Trophy with pilot Chuck Yeager and John Stack, a research scientist with the National Advisory Committee for Aeronautics (now NASA). He was awarded the Society of Automotive Engineers' Daniel Guggenheim Medal in 1944, and was posthumously inducted into the National Aviation Hall of Fame (1977), the Army Aviation Hall of Fame (1986), and the International Aerospace Hall of Fame (2004).


、、、(爆wwwwwwwwww

追記


恵比寿ガーデンプレイスタワー

〔主なテナント等〕
39F・38F TOP OF YEBISU・展望レストラン街
37F サッポログループマネジメント株式会社
36F 株式会社ウイング
35F アラガン・ジャパン株式会社
クロス・ヘッド株式会社
34F 株式会社アド・プロ
株式会社プラットフォーム・ワン
株式会社トーチライト
公益財団法人総合研究開発機構(NIRA)
トリップアドバイザー株式会社
33F デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
32F Indeed Inc./株式会社リクルートホールディングス
31F 株式会社カナミックネットワーク
キャスレーコンサルティング株式会社
日本SGI株式会社
30F 株式会社アサツー・ディ・ケイ/マインドシェアメディアセンター
ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン合同会社
Forevermark株式会社
グループエム・ジャパン株式会社
MEC(グループエム・ジャパン株式会社)
マインドシェア(グループエム・ジャパン株式会社)
マクサス(グループエム・ジャパン株式会社)
アウトライダー(グループエム・ジャパン株式会社)
メディアコム(グループエム・ジャパン株式会社)
29F 株式会社エモーション・テクノロジーズ
株式会社ドリーム・アーツ
株式会社ドリーム・アーツ沖縄
株式会社ピアラ
28F 株式会社ボルテージ
27F クロス・ヘッド株式会社
株式会社ジプソフィラ
株式会社スリーディシステムズ・ジャパン
株式会社デジサーチアンドアドバタイジング
株式会社ボルテージ
25F オグルヴィ&メイザー・ジャパン・グループ
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
ジオメトリー・グローバル・ジャパン合同会社
ヴァーティカル・ジャパン合同会社
株式会社ミサワ
24F 株式会社ディスクガレージ
株式会社DGエージェント
株式会社ビーエル
ファイブ・ディー株式会社
一般社団法人東北ユースオーケストラ
株式会社ループホール
株式会社プロマックス
株式会社BIG ART
株式会社インターブレンド
株式会社ASC(ASIA STAR CASTING)
株式会社KITERETSU
23F アグネット・インターニックス株式会社
アヴネットジャパン株式会社
ユニダックス株式会社
株式会社エムフロ
株式会社イーストビーム
22F 日機装株式会社
日機装エイコー株式会社
21F 株式会社DMM.com
株式会社DMM.comラボ/DMG
株式会社DMM.Futureworks
株式会社2.5次元てれび
Live Styles株式会社
セレブ・ジャパン株式会社
20F 日油株式会社
19F 日油株式会社
18F サーブコープ・恵比寿ガーデンプレイスタワー
株式会社Fantasista
アキュセラ・ジャパン株式会社/アキュセラ・インク
17F スタジオオクト・ブイキューブ
株式会社バドインターナショナル
メドピア株式会社
16F 株式会社田代コーポレーション(田代グループ)
株式会社ムジャキフーズ(田代グループ)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券/恵比寿支店
15F スターフェスティバル株式会社
Deckers Japan合同会社
14F ディーエムジー(DMG)
13F ウェブクルーグループ
株式会社ウェブクルー
株式会社ウェブクルーエージェンシー
株式会社損害保険見直し本舗
株式会社アガスタ
株式会社小肥羊ジャパン
株式会社ウェブクルーリアルエステイト
12F NXPセミコンダクターズジャパン株式会社
クックパッド株式会社
株式会社Zaim
11F 株式会社コロプラ
8F 日本たばこ産業株式会社
7F 東京都渋谷都税事務所
6F au損害保険株式会社
株式会社クラウドワークス
5F 株式会社アルファポリス
株式会社イープラス
ベルヘリコプター株式会社
4F サッポロ不動産開発株式会社
株式会社東京エネルギーサービス
株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン

及び
18F 窪田製薬ホールディングス株式会社

(28F カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)
(28F 株式会社トップパートナーズ)
(28F 株式会社TSUTAYA.COM)
(28F 株式会社アーススターエンターテイメント)
(28F 株式会社ディスクロード)
(27F/26F コネクシオ株式会社)
(24F カルチュア・パブリッシャーズ株式会社)
(24F 株式会社アイビーレコード)
(20F エキサイト株式会社)
(18F ギブン・イメージング株式会社)
(14F メディアシンク株式会社)
(14F 株式会社北都)
(14F 株式会社ジーオーティー)
(14F 株式会社ティーアイエス)
(14F 株式会社ケー・シー)
(14F 株式会社ドーガ)
( 6F NHN Japan株式会社

http://tcc2.seesaa.net/article/438310631.html











、、、(爆wwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

防災ヘリ墜落 乗っていた9人の身元判明 | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170305/k10010899761000.html

3月5日 22時39分

墜落したヘリコプターに乗っていた人たちの身元がわかりました。

長野県や長野県警によりますと、墜落したヘリコプターに乗っていたのは次の方々です。

いずれも長野県消防防災航空隊に所属する消防隊員で、松本市に住む伊熊直人さん(35)と、上田市に住む甲田道昭さん(40)で、2人は死亡が確認されました。また、パイロットの岩田正滋さん(56)と、整備士の清水亮太さん(45)、また、いずれも消防隊員の瀧澤忠宏さん(47)と、大工原正治さん(42)、小口浩さん(42)、高嶋典俊さん(37)、伊藤渉さん(35)です。

匿名 さんのコメント...

Two Japanese mountain climbers found dead in Swiss Alps
Xinhua 8h ago