2017年2月26日日曜日

小室哲哉、天皇、皇后両陛下のベトナム訪問に伴い訪越


小室哲哉、天皇、皇后両陛下のベトナム訪問に伴い訪越
2017年2月24日13時0分 スポーツ報知

音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が28日からの天皇、皇后両陛下のベトナム訪問に伴い、訪越することが24日、発表された。

音楽を通じた日本とベトナムの架け橋として、歓迎晩餐会にて両陛下、ベトナム側の要人らを前に、現地のもう学校の子供たちと両国の楽曲をピアノ演奏する。

小室は、15年12月にNHKとベトナム国営放送との共同制作番組でベトナム・ハノイを訪問。グエン・ディエン・チエウ盲学校の子供たちと音楽を通じて触れ合った。その縁で、日越・越日特別大使を務める歌手で俳優の杉良太郎(72)を通じてベトナム政府から依頼を受けたという。今回もグエン・ディエン・チエウ盲学校を再訪する予定だ。

杉も訪越し、天皇、皇后両陛下が出席する大使主催のレセプションに同席する。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170224-OHT1T50096.html


site://tokumei10.blogspot.com 小室哲哉 椿弁護士
site://tokumei10.blogspot.com 小室哲哉 ケイマン










、、、(爆wwwwwwwwww

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

この扱いみてると逮捕も破産も全部仕込みアリの
計画的なものだったのでは?と疑わざるを得ない(笑)

匿名 さんのコメント...

3月4日 フエ市 ファン・ボイ・チャウの記念館
犬養 頭山 大隈 

匿名 さんのコメント...

ベトナム残留日本兵の子どもたち 来日へ
9月6日 6時46分
ベトナムで終戦を迎え、その後も現地に残った旧日本軍の兵士、「残留日本兵」の子どもたちが来月、父親の祖国を一目見ようと、来日することになりました。
来日するのは、終戦をベトナムで迎え、その後も現地に残ってフランスとの独立戦争に加わるなどした「残留日本兵」の子どもたち13人です。

「残留日本兵」の多くは現地の女性と結婚し家庭を築きましたが、1950年代に入り、ベトナムと中国共産党との関係が深まる中、政府によって半ば強制的に日本に帰国させられ、多くの家族が生き別れになりました。

ベトナムに残った妻や子どもたちは経済的に苦しく、周囲から差別を受けるなど厳しい生活を送ってきました。

こうした事実は戦後、ほとんど知られていませんでしたが、ことし3月、天皇皇后両陛下との面会が実現したことで広く知られるようになりました。

その後「父親の祖国を訪れたい」という子どもたちの思いを実現しようと、日本の財団などが協力し、来日することが決まったということです。

子どもたちは来月18日から24日まで7日間の予定で東京や大阪を訪れて父親のことを知っている関係者などと面会するほか、父親の生まれ故郷を訪問することについても調整が行われているということです。
幼いころに父親と生き別れたグエン・ヴァン・フィさんは、「父の祖国である日本を見たことがないので日本に行くのをとても楽しみにしています」と話していました。

また、ことし3月に、天皇皇后両陛下に面会した93歳の母親のスアンさんは体調が悪化して現在は入院中で、日本に行くことは難しいということです。

フィさんは、「父はもう亡くなりましたが、父の祖国には行かなければいけないと思っています。母親の代わりに日本に行き、父が生まれ育った場所がどのような所なのか知りたいです」と来日に向けた思いを語っていました。
20170906/k10011128341000.html

>こうした事実は戦後、ほとんど知られていませんでしたが、ことし3月、天皇皇后両陛下との面会が実現したことで広く知られるようになりました。

匿名 さんのコメント...

Events leading to the attack on Pearl Harbor - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/.../Events_leading_to_the_attack_on_Pearl...
A series of events led to the attack on Pearl Harbor. War between Japan and the United States had been a possibility that each nation's military forces planned for in the 1920s, though real tension did not begin until the 1931 invasion of Manchuria by Japan. Over the next decade, Japan expanded slowly into China, leading to the Second Sino-Japanese war in 1937. In 1940 Japan invaded French Indochina in an effort to embargo all imports into China, including war supplies ... the United States to embargo all oil exports, leading the Imperial Japanese Navy (IJN) to estimate it had less than two ..

Japanese invasion of French Indochina - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/.../Japanese_invasion_of_French_Indochin...
The Japanese invasion of French Indochina was a short undeclared military confrontation between the Empire of Japan and Vichy France in ... In early 1940, troops of the Imperial Japanese Army (IJA) moved to seize southern Guangxi and Longzhou County, where the .... most notably increasing American concerns about Japan's moves in China and the possibility of a crippling oil embargo on Japan.

ABCD line - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/ABCD_line
The ABCD line (ABCDライン, Ēbīshīdī rain) was a Japanese name for a series of embargoes against Japan by foreign nations, including America, Britain, China, and the Dutch. It was also known as the ABCD encirclement (ABCD包囲陣, Ēbīshīdī hōijin). In 1940, in an effort to discourage Japanese militarism, these Western powers and others stopped selling iron ore, steel and oil to Japan, denying it the raw materials needed to continue its activities in China and French Indochina. ... Japan was never able to fully match pre-embargo petroleum production figures while at war.

Japan, China, the United States and the Road to Pearl Harbor, 1937
https://history.state.gov/milestones/1937-1945/pearl-harbor
Between 1937 and 1941, escalating conflict between China and Japan influenced U.S. relations with both nations, and ... The United States was the main supplier of the oil, steel, iron, and other commodities needed by the Japanese ... Although this did not lead to an immediate embargo, it meant that the Roosevelt Administration could now restrict the flow of ... A third agreement with Vichy France enabled Japanese forces to move into Indochina and begin their Southern Advance.

匿名 さんのコメント...

>こうした事実は戦後、ほとんど知られていませんでしたが、ことし3月、天皇皇后両陛下との面会が実現したことで広く知られるようになりました。

良いとか悪いとか酷いとかしょうがないとかそういうくだらない次元ではなくて
歴史も含めて、できごとの伝え方は、伝える側の意図によって
いくらでも濃淡がつけられるのです
ですから、この案件もそうですが、美談としての側面だけをクローズアップして理解をすすめていくと
非常におかしなことになっていくわけでして
日中戦争から鬼畜とたとえた英米との衝突に発展していく大きな転換点になったことを軽んじてしまいます

錯覚と現実の区別を難しくさせる典型例のひとつです

匿名 さんのコメント...

Could new China railway put Laos on the tourist map?
CNN-2017/08/21
A high-speed rail link between Laos and China expected to open in 2022 has poised the country for a ... The area was heavily bombed by America during the Vietnam War and only a few are today open to the public while ...

Vietnamese expert sees Belt & Road initiative as future Great Wall
Pakistan Observer-2017/08/28
China's Belt and Road Initiative, if it is implemented successfully, can become the Great Wall of the 21st century, ... He said he was very impressed when taking a high-speed train from Beijing to Shanghai, which travels at a ...

China seeks 'reliable' ASEAN partners
Myanmar Times-2017/09/04
Chinese Foreign Minister Wang Yi speaks to the media at the ASEAN Foreign Ministers' Meeting in Manila, Philippines, on August 6. ... despite its status as a treaty ally with the US, but it was tough in protracted negotiations with China on a high-speed train project. ... In a similar vein, China's investment in Thailand is minute in comparison to those in Singapore, Indonesia and Vietnam.

Rail connections to spur growth in Southeast Asia
The Investor JLL-2017/08/13
Steven McCord JLL's Head of Research for North China points to the example of China's high speed rail between Beijing and Shanghai which has spurred development in Nanjing, Changzhou, Wuxhi and Suzhou.

Exclusive: China and Japan set for another high-speed railway fight ...
https://asia.nikkei.com/.../Thailand-Malaysia-to-start-talks-for-high-...
2017/02/06 - BANGKOK -- Thailand and Malaysia are set to start talks on the construction of a 1500km high-speed railway ... to the southern Chinese city of Kunming, through Malaysia, Thailand, Myanmar, Cambodia, Vietnam and Laos.