2019年2月6日水曜日

ローマ法王、フランスにあった修道会で神父たちが修道女たちを「性奴隷」にしていたと認める

ローマ法王、司祭が修道女を性奴隷にしていたと認める
33分前 BBC news

フランシスコ法王は神父による性暴力を中東訪問中に認めた。写真はアブダビを訪れた法王

ローマ法王フランシスコ1世は5日、男性聖職者が修道女を性的に暴行する問題が継続中で、性奴隷扱いしていたケースもあると認めた。フランシスコ法王が、司祭による修道女の性的暴行を公に認めるのは、これが初めてと思われる。

訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)から帰国中の法王は、専用機内で同行記者団に対し、フランスにあった修道会で神父たちが修道女たちを「性奴隷」扱いしていたため、前任者の法王ベネディクト16世が修道会を閉鎖させたことを認めた。



「ベネディクト法王は勇気をもって、女性修道会を解散した。というのもこの修道会の女性たちは、修道会を創設した神父たちによって性的奴隷と言える状態に置かれていたので」と法王は述べた。

フランシスコ法王はその上で、カトリック教会として問題に取り組み続けているものの、司祭による修道女の暴行は「今も続いている」と話した。法王によると、修道女の性的虐待は「特定の、主に新しい修道会」で行われているという。

法王庁のアレッサンドロ・ジソッティ報道官はこの後、米CBSニュースに、この問題の修道会はフランスにあったと明らかにした。

昨年11月にはカトリック教会の修道女が集まる国際組織が、自分たちの発言を食い止める「沈黙と秘密の風習」を非難していた。

法王庁の女性向け雑誌は2月号で、司祭に暴行された修道女が人工中絶を余儀なくされるケースもあると告発していた。カトリックの教義は人工中絶を禁止している。

この雑誌記事によると、2017年秋にアメリカを皮切りに世界的に広まった性暴力被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動によって、前よりも多くの女性聖職者が虐待の経験を明かすようになっているという。

(英語記事 Pope admits clerical abuse of nuns including sexual slavery)
https://www.bbc.com/news/world-europe-47134033


参考:法王庁女性向け雑誌2月号
01 FEBRUARY 2019, THE TABLET
Vatican women's magazine condemns sexual abuse of nuns by priests
https://www.thetablet.co.uk/news/11319/vatican-women-s-magazine-condemns-sexual-abuse-of-nuns-by-priests

https://www.bbc.com/japanese/47140076

これこそがホントのSEX SLAVE問題@汚腐乱巣派。(爆wwwwwwwwww

9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

アチャー。どれだけの神父様が地獄に落ちたことやら。
が、末端の信者たちはこのような記事読みやしない不幸。
汚腐乱巣がふりまく幻想からはやく覚めてーーね。

匿名 さんのコメント...

何かにすがることを正当化して
こうなってしまうのは
哀しい

道を修めるとは何事ぞ いかなる覚悟ぞ

匿名 さんのコメント...

弱い者達が夕暮れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
更に弱い者を叩くwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
その音が響き渡ればwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
宗教離れは加速していくwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

女性を前面に出してる割に「男と女どちらが得してるか」みたいな調査をしたら男性と答える人が多い汚腐乱巣

匿名 さんのコメント...

http://honkawa2.sakura.ne.jp/2473.html
これね

匿名 さんのコメント...

北磁極の移動加速、1年に55キロ 「世界磁気モデル」 1年前倒しで更新

【AFP=時事】地球の北磁極の位置が従来をはるかに上回る速度で移動しているため、スマートフォンなどのナビゲーションシステムなどで利用されている世界磁気モデル(World Magnetic Model)は今週、予定を1年前倒しして更新された。

 北磁極とは、地球の磁力線が垂直に落ちる地点のこと。世界磁気モデルは、航海や軍用ナビゲーション、そしてスマートフォンに不可欠なものだ。

 米海洋大気局(NOAA)国立環境情報センター(National Centers for Environmental Information)によると、世界磁気モデルは通常5年ごとに更新されるが、「北極地方における予期せぬ変化のため」1年前倒しして更新された。

 北磁極は1831年、カナダ北部で発見された。研究者らによると、北磁極は長らくカナダを小刻みに動き、ほとんど移動しなかったが、今では1年に55キロ移動しているという。

 地球の磁場は主に、地下3000キロメートルにある地球の外核を構成する液体の鉄の運動によって発生している。この運動は地磁気逆転を引き起こすものだが、最近、北磁極の移動が加速している原因は謎に包まれている。

 このため、NOAAと英地質調査所(British Geological Survey、BGS)は2019年末の予定を前倒しして、世界磁気モデルを更新せざるを得ない事態となった。

匿名 さんのコメント...

19世紀の英文学の中に「男にこびた目をしているフランス的欠陥のあるフランスの少女を、イギリスの健全な教育を受けさせたら、素直で優しい節操のある女性に成長した」と書かれている。
16世紀ヘンリー8世のころには、腐敗したローマと決別して、イングランド国教を創設したイギリスのフランス観かな。

1789年のフランス革命時には、サド侯爵はバスティーユ監獄に収監されていて、暴徒たちにエールを送っていたそうだが、同時期の作品『悪徳の栄え』を並べると、フランスは”権力闘争と性的狂乱”の日々だったのねーー

そのころのイングランドは”産業革命”の真っただ中。功罪あるが近代国家の基礎を形成。

『悪徳の栄え』は20世紀になって、本国のボォとかバタとかバルトとか日本の澁とかで再評価されたが((笑)
イエズス会で学んだサドの悪徳は今も治外法権の悪所で栄えているのね。

団長さんを追いかけていると、自分の読書遍歴を懺悔し、”清らかな生活を送る力を与えたまえ(ロチェスター氏)”と黙禱する。

ご近所 さんのコメント...

最近
#MeTooブーメランが激しいパヨの連中の根幹的な話でもありますなー
なんつーか、荒廃、堕落その他諸々

wlady7 さんのコメント...

あまりな禁欲生活や非人間的な生活や正しくあることを強いることへのストレスからくる反動かと思います。
もっと普通に人間的な生活をして、その上で神の教えを説く方が民衆には親しみやすいし、説得力を増すと思います。
少なくとも犯罪行為をする神父よりはましだと思います。
返って教会の権威を失墜させるような方法は改めた方が良いかと思いますけど。。。