2018年7月4日水曜日

小室圭さん@クロ教@繊維派@桜ライン@フォーダム大学ロースクール@イエズス会



小室圭さんの米国留学を支援する弁護士を直撃
週刊文春 2018年7月12日号

秋篠宮家の眞子さま(26)とのご婚約が延期になった小室圭さん(26)が今年8月から米国に留学することが決まった。

小室さんにとって最大の難題となったとみられるのが留学費用だ。母親の佳代さんの元婚約者から借りた計400万円以上の学費なども、いまだに返済していない。

入学するのは、ニューヨーク・マンハッタンにあるフォーダム大学ロースクール

イエズス会系の私立大学で、学費は年間約59000ドル。日本円に換算すると650万円となり、3年間で1900万円以上かかることになります」(フォーダム大学OB)
D・ワシントンもトランプもOB(フォーダム大HPより)
D・ワシントンもトランプもOB(フォーダム大HPより)

さらに同大のホームページによれば、寮での生活費や教科書代などの諸経費を含めると、3年間で2900万円もの金額に膨れ上がる。世界一物価の高いニューヨークで、果たして小室さんは生活していけるのだろうか。

実は、今回の留学を後押ししたのが勤務先の法律事務所所長の奥野善彦氏(82)だ。奥野氏が「週刊文春」の取材に応じた。

学費については、小室君が優秀で大学からの奨学金で免除されたそうですから、私たちの方は、生活費だけ支援しようと思っています。借金のことはお母さんの関係ですし、本人はいい男です。眞子さまと互いに純真に想う心を大切にして添い遂げられるよう、私にも協力できることがあれば、してあげたいんです」

奥野氏が明かした留学を決めるまでの経緯や、秋篠宮家と小室家との知られざる話し合いなどについて、7月5日(木)発売の「週刊文春」が詳しく報じる。
http://bunshun.jp/articles/-/8036
記事と大学のHPにはトランプもOBとありますが卒業生ではないんですよ。(爆wwwwww


→学費

まあ誰がクロ教のバックかモロバレなわけで。(爆wwwwwww





Donald John Trump was born on June 14, 1946, at the Jamaica Hospital Medical Center, Queens, New York City, the fourth of five children.[16] Trump grew up in Jamaica, Queens, and attended the Kew-Forest School from kindergarten through seventh grade. At age 13, he was enrolled in the New York Military Academy, a private boarding school, after his parents discovered that he had made frequent trips into Manhattan without their permission.[17][18]
In 1964, Trump enrolled at Fordham University.[14][19] After two years, he transferred to the Wharton School of the University of Pennsylvania.[19][20] While at Wharton, he worked at the family business, Elizabeth Trump & Son.[21] He graduated in May 1968 with a Bachelor of Science in economics.[19][22][23]

Trump did not serve in the military during the Vietnam War.[24] While in college from 1964 to 1968, he obtained four student deferments.[25] In 1966, he was deemed fit for service based upon a military medical examination and in July 1968, after graduating from college, was briefly classified as eligible to serve by a local draft board. In October 1968, he was classified as 1-Y, "unqualified for duty except in the case of a national emergency,"[26] and given a medical deferment which he later attributed to heel spurs; in 1972, the medical deferment was changed to 4-F, "not qualified for service."[26][27][28] In the draft lottery in December 1969, Trump's birthday, June 15, received a high number which would have given him a low probability to be called to military service even without the 1-Y medical deferment.[26][27][29]


奧野 善彦

経歴

中央大学卒業
1966年 東京弁護士会登録(18期)

役職・職歴等

1964年まで シェル石油株式会社に勤務
1976年 北里大学助教授
1979年 同大学教授
1996年~2011年 公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団理事長
1998年~2011年 財団法人衣服研究振興会理事長
1998年~ 北里大学名誉教授
1999年~2001年 司法試験問題検討委員会民法担当考査委員
2004年~2009年 株式会社整理回収機構代表取締役社長
2009年~2016年 学校法人北里研究所監事
2010年~ 公益財団法人警察育英会評議員
2011年~ 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン監事
2012年 福島県県外在住功労者知事表彰受賞
2013年~2017年6月 株式会社民間資金等活用事業推進機構監査役
2013年~2017年6月 公益財団法人金融情報システムセンター監事
2017年 福島県東白川郡棚倉町名誉町民

主な管財人歴等

破産管財人 破産者 株式会社豊栄土地開発
監督員 整理会社 株式会社アポロファイナンス 外
管財人 更生会社 株式会社日本リース・株式会社日本リースオート
監督委員・管財人 更生会社 株式会社ホリデイタワー 外

著作物等

『門口正人判事退官記念 新しい時代の民事司法』共著(㈱商事法務)
『会社再建』(㈱小学館)
『倒産法実務事典』共著(㈱きんざい)
『現代裁判法大系20巻 会社更生・会社整理・特別清算』共著(新日本法規出版㈱)


財団法人概要

名称 公益財団法人 藤原ナチュラルヒストリー振興財団
(Fujiwara Natural History Foundation)
設立許可 昭和55年(1980年)8月5日 (公益財団法人移行: 平成24年(2012年)4月1日)
代表者名 野村 茂樹
事務責任者 藤原 基美子
所在地 東京都目黒区上目黒1丁目26番1号 中目黒アトラスタワー313
設立の趣意
故藤原基男氏(株式会社藤八会社長)の意志を継承し博物学の分野の発展に資するために、「白銀ビル」を基本財産として昭和55年に東京都教育庁より設立許可された。その後、平成2年白銀ビルの売却に伴い、平成4年1月全国法人として文部科学省に移管された。平成24年4月、公益財団法人に移管した。
設立の目的

この法人は、生物学、地質学、鉱物学、人類学等におけるナチュラルヒストリー(自然史)の学術研究と教育への助成、並びに普及に寄与することを目的とする。
定款上の事業

(1) ナチュラルヒストリーの学術研究に対する助成。
(2) 初等中等教育機関におけるナチュラルヒストリーの学習支援、並びに教員の研究活動に必要な実験器材や教材等への補助。
(3) その他この法人の目的を達成するために必要な事業。

資産総額
11億


中目黒アトラスタワー(なかめぐろアトラスタワー、Nakameguro Atlas Tower)は、東京都目黒区にある高層マンションである。上目黒1丁目地区再開発事業によって2009年平成21年)に竣工し、完成した再開発地区全体には 『ナカメアルカス』との愛称が命名されている。地上45階、地下2階建ての超高層マンションであり、中目黒駅の駅前再開発(上目黒一丁目地区市街地再開発事業)の中心施設として2009年平成21年)10月に完成した。高さ164メートルは目黒区内の建築物として最高層であり、中目黒地区のランドマークとなっている。
住戸の総戸数は495戸で、そのうち374戸が地権者取得住戸であった(都市再生機構取得部分196戸を含む)[要出典]。住戸の間取りはワンルーム (1R) から3LDKで、各戸の占有面積は35m2から1282である[1]。タワーの9階から25階まで、合計196戸[要出典]は都市再生機構(UR都市機構)の賃貸住宅(UR賃貸住宅)となっており、建物完成の翌月である2009年平成21年)11月から賃貸住宅の運営が行われている[2]。タワーの6階以上は全て住戸となっており、完成時にはUR賃貸住宅以外の部分が地権者取得分、および分譲マンションとなっていた。
タワーの1階から5階までの低層部分はテナントビルとなっており、コンビニエンスストアセブン-イレブン』や低価格イタリア料理店サイゼリヤ』、『みずほ銀行』のほか、医院薬局などが入居している[3]。 レジデンス部には共用施設としてコンシェルジュサービス・ゲストルーム・パーティールーム・スカイラウンジがあり、居住者はこれらを自由に利用する事が出来る[4]

タワーの建築主は地権者らで構成される上目黒一丁目地区市街地再開発組合で、分譲住戸の販売は旭化成ホームズによって行われた。設計、および再開発コンサルティング日本設計、施工は鹿島建設戸田建設佐藤建設共同企業体 (JV) であった。再開発では、元々は住民が起案したものであっても、実際の開発時には大手のデベロッパー(森ビルなど)が実主導権を握ることが多い。しかし、上目黒一丁目地区の再開発においては住民主導が最後まで貫かれた点が特色である[5]

再開発によって建設された複合施設全体は、『ナカメアルカス (Nkamearukas) 』の愛称で呼ばれる。『アルカス』は中目黒のシンボルである『桜』 (Sakura) を後ろから読んだ (Arukas) ものであり、『「サクラを歩かす」。つまり桜で有名な中目黒、その目黒川沿いにみなさんに歩いてもらうという意味がこめられている』とされている[8]



2018年7月3日火曜日


柔道と相撲漫画の佐藤タカヒロ氏(41)死去

週刊少年チャンピオンで「鮫島、最後の十五日」を連載中の漫画家・佐藤タカヒロ氏が3日未明に死去したことが分かった。チャンピオンを刊行している秋田書店の公式ホームページで発表された。享年41。葬儀は近親者のみで執り行う。
 http://tokumei10.blogspot.com/2018/07/blog-post_27.html

2017年5月17日水曜日
奥野総合法律事務所と言えば・・・追記アリ
http://tokumei10.blogspot.com/2017/05/blog-post_59.html




、、、(爆wwwwwwww

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

××× 小室君が(能力的に)優秀で大学からの奨学金で免除された
○○○ 小室君が(利用しやすいコネと血統として)優秀で大学からの奨学金で免除された

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

絵に描いたような貧乏人の取り込み方ですねww

匿名 さんのコメント...

忖度すぎて草

匿名 さんのコメント...

あがきーず☆じゃぱん