2018年7月3日火曜日

イランを切れない北朝鮮の本体の「悪」の部分と福島原発テロの目的

安倍首相、今夏のイラン訪問を断念 核合意離脱の米国に配慮

安倍晋三首相は、検討していた今夏のイラン訪問を断念した。複数の日本政府筋が3日、明らかにした。核合意を離脱してイランへの態度を硬化させるトランプ米大統領に配慮せざるを得ないと判断した。イランからの原油輸入打ち切りを求める米国への対応では、日本政府が「エネルギー事情に照らして応じ難い」(外務省幹部)と反論し、平行線をたどっている。

イラン訪問計画を巡り日本政府は、首相が7月中旬に同国の首都テヘランを訪れ、ロウハニ大統領と会談するスケジュールを想定し、イラン側と調整していた。

共同
https://this.kiji.is/386800109448365153/

イランに口止めしに行く予定だったんじゃまいか?(爆wwwww

北朝鮮の本体の「悪」の部分@日本はまだわるあがきしてるようですな。2年も待てばトランプが居なくなると思ってるんでしょうけどもう流れは変わらんと思うよ。(爆wwwwwwww







2011年4月13日水曜日
菅直人首相が事故発生当初、米国からの冷却剤を断わったホントの理由
http://tokumei10.blogspot.com/2011/04/blog-post_6461.html


2011年4月18日月曜日
いらんもんを福島から川崎へ運ぶ簡単なお仕事ってどうよ?(w
http://tokumei10.blogspot.com/2011/04/blog-post_900.html



日本の大量プルトニウム保有「北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える」 元米国務次官補が懸念 トランプ政権も同様の懸念を共有

米オバマ政権で昨年一月まで国務次官補を務めたトーマス・カントリーマン氏が都内で本紙の取材に応じ、日本が核燃料サイクルの一環でプルトニウムを大量に保有していることについて、「国際安全保障上の懸念となっている。特に核不拡散を目指す北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える心配がある」と指摘。核燃料サイクルからの撤退が必要との考えを示した。現トランプ政権も「同様の懸念を共有している」としており、日本は今後、核燃料サイクルの見直し策を求められる可能性がある。

日本は原発の使用済み核燃料の全てからプルトニウムを取り出し燃料として再利用する核燃料サイクル政策を進めているが、技術開発の難航などで再利用は停滞。この結果、国内外に核爆弾五千発以上に相当するプルトニウム約四十七トンを抱えている。

カントリーマン氏は米朝交渉に関連し、「北朝鮮に核兵器保有を断念させようとしている時に、同国から『近隣他国(日本)はプルトニウム抽出を続けている』と言われかねない」と強調。「プルトニウムの削減と、核燃料サイクルからの撤退が必要」と指摘した。

その上で、日本が「中国、北朝鮮、韓国に呼び掛け東アジアでの再処理(プルトニウムの抽出など)凍結を呼び掛けるべきだ。核不拡散のリーダーとして信頼が高まり、北朝鮮の非核化検証でも重要な役割を果たせる」と提言した。

同氏は核燃料サイクルの費用についても「管理や安全対策が巨額で採算に合わない。日本は費用を客観的に調査すべきだ」と述べた。

トランプ政権については「日本の余剰プルトニウムに懸念を持っている点ではオバマ政権と同じ」と話した。

日本は米国との日米原子力協定の下、プルトニウム抽出を行うことを米国に認められてきた。協定は七月十六日で三十年の期限を迎え、自動延長が決まっているが、延長後は日米いずれかが通知すれば破棄できる。米国の立場が実質的に強まり、同国の意向次第で、核燃料サイクル政策が見直しを迫られることになる。

◆日本の政策、核保持の口実に

日本の持つ大量のプルトニウムに国際社会の警戒が強まっている。米国は以前から保有量を抑制するよう求めているが、北朝鮮の非核化が重要課題に浮上する中、国際社会の懸念はさらに深まる。大量のプルトニウムは被爆国の立場から核不拡散を掲げる日本の理想とも反し、核燃料サイクル廃止を真剣に追求することが求められている。

日米原子力協定では日本は取り出したプルトニウムは燃料として再利用する目的だけに使うと約束している。だが、プルトニウムを燃料とする高速増殖炉は、原型炉「もんじゅ」の廃炉が決まり、実用化は見えない。従来原発で使う方式もあるが、特定原発に限られ、東日本大震災以降、再利用は停滞する。

大量のプルトニウムをため続けていることが核拡散につながる心配があるというのがカントリーマン氏の主張。北朝鮮が米国との非核化交渉でカードとして切ってくる可能性があるというのだ。

政府はエネルギー資源の海外依存を減らすとして国民から徴収した電気代や税など十三兆円近い費用を投じ核燃料サイクルを進めてきた。だが、現在は国内にある太陽光や風などを使う再生可能エネルギーも台頭しており、その大義名分もない。政府は近くプルトニウムを現状に抑える指針を発表するといわれるが、弥縫(びほう)策を超えた抜本対策が急務だ。 (伊藤弘喜)

2018年7月2日 朝刊
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201807/CK2018070202000145.html



流れは必死に悪あがきした末の終了間際の逆転負けでしょうな。(爆wwwwwwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

又吉イエス氏が健康不良で政界引退へ 世界経済共同体党も活動終了 - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14945797/

2018年7月1日 11時0分

ガジェット通信

衝撃的なニュースが飛び込んできました。東京選挙区から何度も衆議院選挙、参議院選挙に出馬し、過激な選挙活動で注目を集めてきた唯一神・又吉イエス氏(本名:又吉光雄)が政界を引退するそうです。
「死ぬべきである」の演説・ポスターで話題

又吉イエス氏は出身地である沖縄で沖縄県知事選挙や名護市長選挙などに出馬するも結果が出ず、2003年から拠点を東京に移して衆議院選挙・参議院選挙に合計11度出馬。そのたびに同じ選挙区で争う議員や首相などを名指しで「死ぬべきである」と演説し、インターネットを中心に注目を集めてきました。

ところが、又吉イエス氏は2017年の衆議院選挙落選を最後に選挙への出馬がなく、ついに世界経済共同体党のホームページ上で、又吉イエス氏の政界引退、さらには世界経済共同体党も活動終了しホームページを閉鎖すると発表したのです。

政治活動・ホームページ閉鎖のお知らせ https://t.co/vkY4AH6sOJ - 唯一神又吉イエス@世界経済共同体党 (@tw_matayoshi)

https://twitter.com/tw_matayoshi/status/1013029177786679296
健康不良による政界引退……

世界経済共同体党のホームページで発表されていた内容は以下の通り。

ホームページをご覧の皆さん、いつもありがとうございます。

本世界経済共同体党の状況を申し上げます。

代表の唯一神又吉イエスの健康がすぐれず、回復して政治活動・選挙活動をするのは無理とのことであります。

よって、ここに世界経済共同体党の政治活動とホームページを閉鎖します(但し、ホームページは10月末に閉鎖となります)。

長い間のご支持・ご支援をありがとうございました。尚、唯一神又吉イエスの名称と存在は従来通りであります。
             
2018年6月30日 唯一神又吉イエス

又吉イエス氏は健康状態がすぐれず、今後回復して政治活動をするのは不可能とのこと。又吉イエス氏も現在74歳。唯一神とはいえ年齢には勝てなかったということでしょうか。選挙のたびにネットを賑わせていた又吉イエス氏が本当に唯一神なのかはわかりませんが、唯一無二の存在であることは間違いありません。今回の発表はネットでも大きな反応がありました。

ずっと、投票し続けてきたのに、残念です。。。奇抜だけど、性根はそこそこ真っ当な人が政治家に増える方が、色んな人が政治に興味を持つので、頑張って欲しかったんですけどねぇ、、、その枠を生主が取り始めてきたのは、ある意味では、期待通りではあるのですが、、、 https://t.co/WoqJKSYqtq - Hiroyuki Nishimura (@hiroyuki_ni)

唯一神又吉イエス、平成の初めから政治的活動を始めて平成の終わりと共に引退。平成とともにあった神であった。— 猫の泉 (@nekonoizumi) 2018年6月30日

かいたなう。
面白がってただけじゃなくて、日本にとって良いことだと思って、“唯一神”又吉イエスに投票していたのですよ。。と。
>泡沫候補“唯一神”又吉イエスが日本の政治を変えると思ってた。 https://t.co/mEdPMfjoxn - Hiroyuki Nishimura (@hiroyuki_ni)

唯一神又吉イエス、平成の初めから政治的活動を始めて平成の終わりと共に引退。平成とともにあった神であった。

ちなみに、同じく選挙のたびにネットを騒がせてきたスマイル党のマック赤坂氏も2017年の東京都議会議員選挙落選を最後に「スマイル星に帰る」と発言し、目立った政治活動をおこなっておらず、どうやら体調も万全ではないようです。平成の終わりに泡沫候補業界もひとつの時代が終わるのかなと思うと寂しいものがありますね。

又吉イエスさん、本当にお疲れさまでした。

※一部画像は世界経済共同体党ホームページより

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか
―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』




>世界経済共同体党も活動終了
世界なんちゃら終了の流れは止まりませんよね

匿名 さんのコメント...

官僚組織の論理で、いまの政治ダイナミクスみちゃアカンよ!! --頭よい人の陥りがちなワナ

匿名 さんのコメント...

今思えば、カンチョクトの思いつきと無法の全原発停止、

これ日本の歴史を変えましたよね。