2018年6月28日木曜日

「亀卜」に小笠原のアオウミガメとFake Emperor

来年の皇太子さまの即位に伴って行われる「大嘗祭」(だいじょうさい)の関連儀式で、宮内庁は、宮中に伝わるアオウミガメの甲羅を使った占いを行うことになり、特別に捕獲が認められている小笠原諸島から甲羅を調達する方針を固めました。
来年5月に皇太子さまが新しい天皇として即位されると、秋には、一世に一度の伝統儀式「大嘗祭」が行われます。
この「大嘗祭」で使う米を収穫する地方を選ぶ「斎田点定の儀」で、宮内庁は、「亀卜」(きぼく)と呼ばれる占いを行うことになりました。
「亀卜」は、カメの甲羅を焼いてひびの入り具合で物事を決めるもので、宮中では、伝統的にアオウミガメの甲羅が使われています。
しかし、このカメは、絶滅のおそれがあり、捕獲や国際的な取り引きが禁止されていて、どのように調達するのかが課題になっていましたが、関係者によりますと、宮内庁は、東京の小笠原諸島から調達する方針を固めたということです。
小笠原諸島では、古くから食用としてアオウミガメの漁が行われていて、今でも特別に数を限定しての捕獲が認められています。
宮内庁は、ことしの春に捕獲されたカメの甲羅を、今後、東京に運んで、来年の儀式に向けた準備を進めることにしています。
「亀卜」とは
「亀卜」は、中国や朝鮮半島から日本に伝わり、6世紀ごろから、
宮中をはじめ各地の神社などでも行われるようになりました。
宮中では、天皇の体調や天変地異の原因などを占うために行われましたが、その後、「大嘗祭」で使われる米を収穫する地域を選ぶ際にも行われるようになりました。
しかし、科学の発展につれて次第に衰退していき、明治以降になると、
宮中以外で行われることはほとんどなくなります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180624/k10011493151000.html










要するにFake Emperor、、、(爆wwwwwwwwww

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ソーシャルレンディング 証券取引等監視委が資金の流れなど調査

ソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスの国内最大手の業者が投資家から200億円余りを集めた事業をめぐり、証券取引等監視委員会が調査している問題で、集めた資金の一部が事前の説明とは違う不適切な形で融資先の企業から子会社の証券会社などに渡っていた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。監視委員会は資金の流れなどの調査を進めています。




ソーシャルレンディングは、インターネットを通じて多数の投資家から資金を集め、企業などに融資する金融サービスで、この数年、市場規模が急速に拡大しています。

国内最大手の仲介業者「maneoマーケット」は、バイオマス発電などの再生可能エネルギー事業に融資するとして投資家から200億円余りの資金を集めていましたが、今月に入り、この事業への投資の募集を相次いで停止しました。

証券取引等監視委員会などが調査したところ、集めた資金の一部が投資家への事前の説明とは異なり融資先の企業から東京・港区にある子会社の証券会社に渡ったり、証券会社の当時の会長の口座に入金されたりしていたことが関係者への取材でわかりました。

監視委員会は一部の資金が不適切な形で運用されるなど金融商品取引法違反の疑いがあるとみて資金の流れなどの調査を進めています。


証券会社は細野氏に貸し付け

関係者によりますと、東京・港区の証券会社は去年10月の衆議院選挙の直前、細野豪志元環境大臣に5000万円を貸し付けていたことが明らかになっています。

投資家から集めた資金の一部が不適切な形で証券会社に渡っていた疑いがあることについて、細野氏の事務所はNHKの取材に対し「個人の借金なので事務所として関知していない」としています。

また証券会社は、細野氏に貸し付けた5000万円の原資について「答えられない」としています。

証券会社からの借入金について細野氏は当初、資産報告書に記載せず、ことし4月の公開後に訂正していました。これについて細野氏の事務所は「個人として借り入れたが使う必要がなくなったため返却した。借り入れ先については報告義務がないので答えられない」と説明しています。

匿名 さんのコメント...

>>要するにFake Emperor、、、

妄想であり動物的勘なんてすが…本物がわかったような気がします
まるで有り得ない話で、でも、もし、本物だったら、あんな疑問こんな疑問の答が出るし、説明がつく、色んな不可解な事象の辻褄が合う
まるで有り得ない話でもないのかもしれない

これからの展開が楽しみだな~と、不謹慎ですが、思っています

匿名 さんのコメント...

やはりfakeなんでしょうか
重大な問題ですが、この辺りの正確な情報はなかなか流れないものです

匿名 さんのコメント...

村上湛‏ @PontmrcyMarius
斎田占定の亀卜。平成2年大嘗祭の折、次回(すなわち来年)を見越して悠紀・主基1枚ずつ
スペア確保済みと聞き及んでいたが、或いは虚報であったか。→ 宮中の儀式でカメの甲羅
調達へ
3:55 - 2018年6月24日



予め用意してあった甲羅がなくなっていたとか壊れてた?
10年干さないといけないらしいが、吉田だからいいんだよね。

匿名 さんのコメント...

波々迦木

匿名 さんのコメント...

小笠原のアオウミガメは既に捕獲されていると読めるが、必要とされる甲良を剥ぐ手順に、アオウミガメの痛点が考慮されているのか否か、所轄官庁に情報公開請求をしてまで知りたいほどの暇が今は無いが、特権的な解釈が歴史に由来する必然のものとして、そこに一切の意見を差し挟むことさえタブー視するニッポン社会に、奇妙な息苦しさを感じるものの、自分の暮しとはあまりにも縁遠い絵空事で、そこにこの国に生まれた者として、なんら特別の紐帯は感じないが、屠られる運命に直面したアオウミガメを自分の記憶から取り除くことができない

匿名 さんのコメント...

アオウミガメ site:www.kahaku.go.jp

タヌキ 糞 site:www.kahaku.go.jp