2017年5月15日月曜日

平成 ジャンプ@クルス島

海上タクシー衝突 アイドルグループメンバーや俳優らけが
5月15日 18時29分

14日夜、長崎県佐世保市の黒島を出港した海上タクシーが防波堤に衝突し、乗客7人が重軽傷を負った事故で船には、黒島で映画の撮影をしていた関係者が乗っていて、アイドルグループのメンバーや俳優などがけがをしたことがわかりました。海上保安部が、事故の原因を調べています。

14日午後10時前、長崎県佐世保市の黒島を出港した海上タクシー「さくら」12トンが岸壁からおよそ100メートルの海上で港の防波堤に衝突し、乗客の女性2人がろっ骨などを折る大けがしたほか、5人が軽いけがをしました。

佐世保海上保安部によりますと、船は船首の部分が大きく壊れましたが、自力で航行して佐世保市の相浦港に入りました。

船に乗っていたのは黒島で映画の撮影をしていた関係者で、アイドルグループ、Hey!Say!JUMP知念侑李さんと、俳優の中川大志さん、小松菜奈さんらが軽いけがをしたということです。

海上保安部が事故の原因を調べ、国の運輸安全委員会も16日、調査官3人を現地に派遣することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982481000.html








天皇陛下は、体調がすぐれず、15日午後、皇居で予定されていた公務を取りやめられました。関係者によりますと、天皇陛下は、体調がすぐれないため、15日午後、皇居宮殿で予定されていた春の叙勲の勲章受章者の拝謁をとりやめられ、皇太子さまが代わりを務められているということです。
また、同じく午後に予定されていた皇居などの清掃を行う「勤労奉仕団」との懇談も見送られ、皇后さまがお一人で臨まれるということです。

5月15日 16時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170515/k10010982191000.html?utm_int=news_contents_news-main_002


黒島の島名には、二つの説があるといわれている。
一つは、黒島を海上から見た際、樹木が密生しており黒く見えるために、「黒島」というのだという説。もう一つは、カトリック教徒が多く住んでいたため、『クルス島』(cruz=ポルトガル語十字架の意味)といわれ、これがなまって「クロ島」になったという説である。
歴史上では、鎌倉時代平戸松浦氏の始祖である峯五郎披の所領中に黒島の地名が出てくるが、それは日本へのキリスト教伝来よりもずっと前のことなので、黒島の地名は海上から見ると木々が黒々しているためにそう呼ばれるようになったという説が有力であると考えられている。また本島は孤島にもかかわらず島内のいたるところに湧き水があり、そのことから古くは「水島」とも呼ばれていた。
黒島は室町時代後期から戦国時代初期にかけて、松浦氏が北松浦半島や周辺島嶼の統一を進める過程でその領地となった。その後松浦氏の家臣である西氏が付近に出没していた海賊討伐の褒美として黒島を与えられ、島の直接の統治を行うようになった。戦国時代後期に一度キリスト教が伝わり、古里地区にキリシタンが暮らしていた。
江戸時代になると、黒島は平戸島(現在の平戸市)に居城を置く平戸藩の領地となった。その当時の黒島は、石高(米の収穫量)は少ないものの、農業漁業に加え、御影石の採石地、軍馬の飼育地(根谷地区)として知られていた。
1803年享保3年)に牧場が廃止され、大規模な田畑の開墾が始まり、江戸幕府禁教政策による弾圧から逃れた大村藩キリシタン達が移住するようになった[2]1865年慶応元年)に長崎浦上のキリシタンが大浦天主堂で信仰を明らかにした「信徒発見」から数ヵ月後には、早くも黒島の信徒代表者が大浦天主堂を訪ね、その後明治時代カトリックに復帰した。1902年明治35年)には現在のカトリック黒島天主堂が建てられ、いまも島民の約7割がカトリック信者といわれる。

明治の町村制以降は北松浦郡黒島村という一島一村となり、1954年昭和29年)に佐世保市に編入、同市黒島免を経て1958年(昭和33年)に同市黒島町となり、現在にいたる。




アポローン古希: ΑΠΟΛΛΩΝ, Ἀπόλλων, Apollōn)は、ギリシア神話に登場する男神オリュンポス十二神の一人であり、ゼウスの息子である。詩歌や音楽などの芸能・芸術の神として名高いが、羊飼いの守護神にして光明の神でもあり、イーリアスにおいてはギリシア兵を次々と倒した[1]「遠矢の神」[2]であり、疫病の矢を放ち男を頓死させる神[3]であるとともに病を払う治療神でもあり、神託を授ける予言の神としての側面も持つなど、付与された性格は多岐に亘る。もとは小アジアに起源をもつ神格で、本来は繁茂する植物の精霊神から転じて牧畜を司る神となったという説や、北方の遊牧民に起源を求める説など[4]、アポローンの出自については諸説あり、複数の神格の習合を経て成立したものとも考えられている[5]。古典期のギリシアにおいては理想の青年像と考えられ、また、ヘーリオス太陽)と同一視されるようにもなった。
推定される原音に近づけてその名をカナ転写すればアポローンとなるが、日本語のカタカナ表記ではアポローン、または長母音を省略してアポロンとするのが通例である。





黒島天主堂(くろしまてんしゅどう)は、長崎県佐世保市黒島にあるキリスト教 カトリック長崎教区教会およびその聖堂である。正式名称を黒島教会(くろしまきょうかい)といい、至聖なるイエズスの聖心教会イエスのみ心教会の別名もある。国の重要文化財に指定されている。
佐世保市本土から西へ約10km離れた九十九島最大の島である黒島には、江戸時代の迫害を逃れて移住してきた隠れキリシタンが多く住んでいた。




今上もさっさと緊急引退させた方がええ。(爆wwwwwwwwww

2 件のコメント:

月夜 さんのコメント...

辞めたがってる
本人の意志を無視し
今上翁を今だ担いでいる人達は(笑)

匿名 さんのコメント...

なぜプッシュされていたのか、なぜこうCMされていたのか、わかる気がします
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B3%B6%E7%B5%90%E8%8F%9C
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88