2017年5月1日月曜日

織田絆誠こと金絆誠(笑)@「任侠団体山口組」こと「生コンキムチ組」が分裂

指定暴力団・神戸山口組から「直参」と呼ばれる直系組長が複数離脱していた問題で、神戸山口組の元幹部を代表とする新たな組織「任侠団体山口組」を結成したと明らかにしました。

兵庫県尼崎市にある神戸山口組の直系団体だった「古川組」の事務所で、
神戸山口組から離脱した複数の直系組長らが集会を開き、新組織「任侠団体山口組」を結成したと明らかにしました。

新組織の代表には「神戸山口組」の織田こと金絆誠元幹部が就き、
本部長には神戸山口組の直系団体だった「真鍋組」の池田幸治組長が就任したということで、待遇面や組織運営での反発が離脱の原因とみられています。
警察は今後、3つの「山口組」で抗争が起きる恐れもあるとみて警戒を強めています。

映像
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3042421.html

















宇部興産株式会社(うべこうさん、: Ube Industries, Ltd.)は日本の大手総合化学メーカー。略称はUBE証券業界では宇部興、拠点がある山口県西部では単に興産と略される場合も多い。





朝銀西信用組合(ちょうぎんにししんようくみあい)は、岡山県岡山市北区に本店を置く日本信用組合。本部は広島県広島市南区に置く。在日朝鮮人
日本の信用組合中、「朝銀」の冠の付く名称では唯一現存する。











金+絆+誠



、、、(爆wwwwwwwwwww

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

3団体とも海を渡って祖国で存分に抗争をやっていただきたく



>金+絆+誠
酷いってレベルを越えてる・・・

匿名 さんのコメント...

giri

ミネ さんのコメント...

祝 内ゲバw
ドンパチの時は負けへん辻本にきちんと流れ弾でヨロシク

匿名 さんのコメント...

死体遺棄容疑などで暴力団関係者ら逮捕 秦野で白骨遺体
http://www.asahi.com/articles/ASK513TBCK51ULOB00B.html

神奈川県”秦”野市内で知人男性の遺体を遺棄したとして神奈川県警は1日、
暴力団関係者の40代男ら数人を死体遺棄などの疑いで逮捕した。

月夜 さんのコメント...

どう分裂しようが
TOC絡みには違いない

匿名 さんのコメント...

「任侠団体山口組」トップが私だけに語ったこと【独占激白】(溝口 敦) | 現代ビジネス | 講談社
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51721
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51721?page=2
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51721?page=3
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51721?page=4

不正・事件・犯罪 週刊現代 日本
「任侠団体山口組」トップが私だけに語ったこと【独占激白】
織田絆誠代表の「大義」
溝口 敦


未来の展望が苦しい業界にあり、既得権益保持に汲々とする旧世代の支配から改革に一命を賭す新世代が立ち上がる。これは闇社会の勢力争いにとどまらない。日本社会の縮図と言えるかもしれない。


「大きな船」は沈んでいく

まさしく寝耳に水の分裂であり、決起だった。

神戸山口組(井上邦雄組長)は六代目山口組(司忍組長)の「弘道会方式」を批判して分裂したヤクザ組織だが、4月30日、その神戸山口組がさらに分裂、若手を中心に「任侠団体 山口組」(約60団体が加盟)が新しく結成された。

しかもその代表には、神戸山口組の「秘密兵器」「核弾頭」とまで評された織田絆誠若頭代行(50歳、山健組副組長)が座った。

それまで井上組長がもっとも信頼する腹心が織田代表であり、織田代表もまた井上組長に心服と伝わっていたから、筆者自身も一報に接して、信じられない気持ちだった。

これまで神戸山口組は批判勢力として、批判される側の六代目山口組より、ある種の「大義」と清新さを持っていた。が、その優位点は今回の分裂劇であらかた失われたと見てよい。

なにしろ神戸山口組の上層部も、批判派の言によれば結局はカネ、カネ、カネの「弘道会方式」を是正するどころか、それと同じことを繰り返していると完全否定されたのだ。

当然、「任侠団体 山口組」の旗揚げは、六代目と神戸、2つの山口組の対立・抗争に重大な影響を与える。正・反・合の3段階理論とは言わないが、第三極の登場であり、今後、山口組全体の動向を左右する勢力になることは間違いない。

筆者は昨年7月、織田若頭代行(当時)にメディア界初のインタビューを行い、六代目山口組との和解交渉の真相を聞いた。

引き続き今回も結成直後、大阪でインタビューに漕ぎつけ、新団体結成の真意を質した。もちろん結成後、織田代表が初めて発する生の声である。



――ついに新団体結成です。感想はどうです?

織田 一言で申し上げると、こういう形を取らざるを得なかったことが残念至極である、と。というのは一昨年8月27日、神戸山口組は盃の重みを崩壊させてまで、盃以上の大義を前面に出し、立ち上がった。

その大義の一つは山口組を正し、次代に伝える。もう一つは、「俺たちはどうなってもいい。若い者の未来のために」です。

私は首脳たちから詳しく大義を聞かされ、胸を熱くし、情熱をもって全国の組織を先頭切って回らせていただきました。多いときは百数十名、少なくても50~60名を前に、繰り返し大義を代弁させてもらったんです。

で、結局はそれがウソと分かってしまった。名古屋方式とはざっくり言って多額の上納金、出身団体(弘道会)への贔屓、人の進言・諫言を聞かない、の三つです。それを否定すべく立ち上がったわけですが、神戸山口組の組織運営、中でも山健組の組織運営が名古屋方式そのものだった。

はっきり申し上げると、(六代目山口組の)司組長、髙山清司若頭、(神戸山口組の)井上組長、正木年男総本部長、この4名の方々が現役でいる限り、山口組は統一されないと、今は確信しています。

――4名が引退しないと再統一はあり得ない?

織田 そう。私のような若僧が引退勧告というのはおこがましいが、本当に山口組のため、若い者の将来を少しでも考えられるなら、引退すべきだと私は考えています。

そして次の中堅どころにですね、恨みつらみがまだ薄い世代にバトンを渡して、潔く再統合させてやり、皆をこの抗争状態から解放させ、楽にさせてやってほしいと切に願ってます。

二つの大きな船はこれからじわり、じわりと沈んでいきます。どうすればいいのか、自分なりに一生懸命考えさせてもらったんです。大きな船のすぐ横に、若手中堅が中心となった救命ボート的な船を置くことによって、二つの船から移り乗ってもらう。今、早急にできることはこれしかないと判断しました。


山口組再統一への手応え

――と、抗争が激化する方向にはいかない?

織田 理想論になりますけど、一人も傷つかず、命を落とさず、一つの山口組になることがベストです。

――組長が法的に「使用者責任」を問われることを恐れて、若い者に喧嘩するなと命じる。年寄りたちにはいいだろうけど、それでは若い者が飯を食えない。若い人たちがそう考えて、今回の分裂に至ったのか、と当初は考えました。

織田 本来のヤクザらしさという点では一理ある考えと思います。法が整備され、ヤクザへの厳罰化が進む中で致し方ない部分もあるでしょうけど、ヤクザらしくない山口組ですよね。

――任侠団体 山口組では組長に就かず代表に留まった。が、将来、組長をやらざるを得んのでは?

織田 以前から同志の皆さんから「この抗争はいつまで続くのですか。大義がない。私利私欲だ」という声がありました。その度に「もう少し辛抱してくれ、我慢してくれ」と言い含めてました。

日増しに立ち上がれという声が強まり、苦肉の策として「年内に終わらす。遅くとも年明けには」と励まし続けてきた。

実際に数名の大御所のオジサン方から、六代目サイドとのやり取りを聞かせてもらう中で、司組長自身がなんとか早い段階で神戸を戻らせたいと望んでいると実感してました。司組長からすれば、戻れば親子喧嘩ですむ。戻らなければ晩年の悪評が定着してしまう。

自分はなるほどなと手応えを感じてました。年内か年明けという期限は、根拠あっての発言なんです。

――世代間で考え方が違う。若手が結集し直して理想のヤクザ組織を作る。よく分かる。

しかし単なる結集では烏合の衆になってしまう。リーダーシップを執る人間が必要だ。六代目側、神戸残留側にはたしてリーダーシップを執れる人間がいるのか。織田氏しかいない。

織田 私が今組長になり、同志一同が盃事をしたい、と。私が「はい、そうですか」とお受けしたら、「ああ、織田は組長になりたくて私利私欲で第三極を作ったのか」という印象を両山口組の皆さんに与えかねない。

組長になりたくて神戸山口組を出たのじゃない。求められても最後まで固辞して組長の座は空席、私はあくまでも同志の代表だ、と。そういう形に是が非でもしないと、ダメだと自分はそう思ってます。

――代表という形は今後何年も続くのか。

織田 理想とするところはこの大型救命ボートに中堅、若手の皆さんがどんどん乗り込み、第三極が一番大きくなって、自然と他の二つが少なくなることで、最終的には統一したい。

志を達成できたら、組長の座を固辞したまま、身を引いて堅気になることが、私利私欲で始めたことではないという証明になると考えてます。

匿名 さんのコメント...

「脱反社」という最終目標

――4月29日、織田代表と池田幸治本部長(真鍋組組長)が神戸側から絶縁処分になった。神戸側、六代目側から今後、圧力が強まると見る?

織田 圧力は想定してますが、六代目側は想像が難しい。自分らが絶縁した組織から絶縁された組織です。ただこっちも山口組を名乗り、山菱の代紋を掲げてますから。どういう受け取り方をするのか。

――代紋は従来通り山菱でいく?

織田 そうです。綱領もこれまで通り。事務所に掲げる写真は三代目田岡一雄親分のだけ。定例会は田岡親分の誕生日が3月28日ですから、毎月28日。月会費についてはオール10万です。

直参が10万円。年間120万円。直参が率いる組では当然10万円以下の会費になる。5万、1万というところも出てくるでしょう。

上に立つ者が贅沢しなければ十分やっていけます。それと、組織本体としては他団体と交際しません。交際は個人、個人にお任せする。

なぜ外交しないのか。湯水のようにカネを使うからです。末端から吸い上げたカネで外交しては本末転倒です。若い者おっての親分ですから。

田岡親分は若い者が金銭を持ってきた時に「俺は子分に食わせてもらうほど落ちぶれていない」と断ったそうです。

なぜそんなことができたのか。芸能興業、神戸港の港湾荷役で軍資金を蓄えたんです。下の者に「アガリを持ってこい」じゃない。分配です。上に立つ者は富を分配する覚悟が絶対必要です。

――しかし田岡三代目の時代には警察が組員の行う正業を認めた。今は正業さえ認めず、潰す。

織田 私はそこを考えたんです。なぜそうなったのか。田岡三代目が定めた「山口組綱領」には、「侠道精神に則り国家社会の興隆に貢献せんことを期す」とある。その教えに我々が反している。

バブル経済以降、カネカネと走った中で、田岡三代目の意に反する組織運営をした結果が反社(反社会的集団)のレッテルだ、と。

おこがましいかもしれませんが、「任侠団体」と冠につけたのは要するに我々の最終目標が「脱反社」だからです。ここに持っていきたい。それにはどうしたらいいか。田岡親分の綱領が折角あるのですから、自主的に何ができるか、考える。

一つは治安維持ですね。当局がどこまで把握しているか分かりませんが、不良外国人、特に中国、中東、アフリカ・ナイジェリア人あたりが増えてきている。

それと半グレ。オレオレ詐欺だけは止めなさいと。存在自体を撲滅とはいきませんが、やはり指導してやってアウトローであっても、男らしい生き様を教えてやることはできる。

それとテロ対策。当局のアンテナも立派なものでしょうが、我々裏社会特有のアンテナも同時にある。当局の検挙率は低いのでは。ゴマを擂る意味ではなく、「綱領」にあることですから、月に一度の定例会で読み上げるだけでなく、実践すべきなのです。

アメリカ、ヨーロッパにはPMC(民間軍事会社)がある。いずれかに本社を、東南アジアに支社なりを作り、そこと我々が個々に契約すれば、海外での邦人警護も可能になる。

去年から右翼人とか元自衛官とか、何人かに会うてるんです。熱い心を持っている人もいます。中には我々も同じ船(民間国防隊)に乗りたい、という人もいます。右翼も任侠と共闘できるとの感触を持っていますが、先方に迷惑を掛けてもいけない。今、リンクのさせ方を思案中なんです。


ヤクザはヤクザらしく

――これまでのシノギについては従来通り?

織田 そうですね。そこは自営業といいますか、自分の腕次第ですから。そもそもヤクザとはそういうところですから。月会費も10万円以下です。そこから皆さん、心と体に余裕が生まれてくると思うんです。

稼業の者いうたら「遊び人」です。組事務所に頻繁に顔出ししなかったら忠誠心がないとかいうのはガチガチ管理ですね。

ヤクザはもともと自由人ですから、綱領以外は全部自由にしてもらえば、心に自然と余裕が出てくる。それで兄弟分同士、仲間同士で助け合いができると思うんです。

損得抜きで助け合いっこするというのが我々の世界の美徳のはず。今は今月の上納金、来月の臨時徴収、どうしようと自分のことで一杯一杯で、仲間を救えないんです。

自分としてはいろんな意味でヤクザらしくを強調したい。ワイシャツは白、サングラスはするな、毛は染めるな、こういうのは全部撤廃しました。茶髪も結構です。サングラスも好きな人はかけてください、カッターシャツも色つきでいい。

皆さん、目一杯、お洒落してください。だから4月30日の発会式のとき、自分もわざと青色のカッターシャツを着ていきました。

ヤクザなんですからヤクザらしく。その中で国家社会への貢献という三代目の思いを腹に入れて、そこにちょっとした罪悪感もありながら、こんな自由に遊んで暮らしてる、楽してんだからと、貢献する気持ちが生まれる。何か人のためになれんかなと。

そこの土地土地でいいじゃないですか、地元に貢献する。そういう世界に戻したいんです。

――任侠団体 山口組の発足は山口組の自由化、民主化という要素も含んでいる?

織田 そうですよね。土台にそこがないと人のためとか、できないんです。統一を前提とする「第三」であるところ、まあ世間をお騒がせしてますけど、実は我々の大義はここにあるんだ、一日も早く一つにしたいんだと訴えたいんですね。



「任侠団体 山口組」は定着するばかりか、暴力団世界全体の改革に結びつきそうである。
溝口敦(みぞぐち・あつし)
42年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、出版社勤務などを経て、フリーに。『暴力団』『食肉の帝王』『血と抗争 山口組三代目』など著書多数

「週刊現代」2017年5月20日号より





>一つは治安維持ですね。当局がどこまで把握しているか分かりませんが、不良外国人、特に中国、中東、アフリカ・ナイジェリア人あたりが増えてきている。

半島はスルー? デスヨネーww