2017年5月14日日曜日

日産英国工場

大規模サイバー攻撃、日系企業にも被害 日産英国工場

世界各国で過去最大規模のサイバー攻撃が発生した問題で、日本企業にも影響が出た。日産自動車は13日、英国サンダーランドに持つ工場の生産システムに影響があったことを明らかにした。英国での医療サービス被害など公共機関への影響だけでなく、企業活動にも衝撃を与えており、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代のもろさが浮き彫りになった。

日産は現地時間12日夕方に英国工場の被害を確認した。同社は週末であったため生産への影響は限定的としている。同工場は多目的スポーツ車(SUV)「キャシュカイ」などを年間約50万台生産し、約7千人が働いている。大半を欧州各国に輸出。英国における海外自動車メーカーで最大生産拠点となっている。
またロイター通信によると、日産と資本提携する仏ルノーが13日、欧州にある複数の工場の稼働を停止していると明らかにした。コンピューターが12日に攻撃を受けた影響が及んでいるという。
国内については、日本政府が被害状況の確認を進めているが、政府高官は13日、都内で記者団に「まだ報告は来ていない」と語った。電力や金融など重要インフラに対する攻撃への危機感を強めている。警察庁に対しても、国内では13日夜時点で大規模サイバー攻撃についての被害の報告は入っていない。
ただ、サイバー攻撃が日本時間で土曜日(13日)未明に起きたことで、企業でメールが開封されず感染していないだけとの見方もある。15日月曜日が焦点との声は多い。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HCU_T10C17A5MM8000/





カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、フランスの自動車会社ルノー取締役会長CEO(PDG)にして、日産自動車会長三菱自動車工業の会長[1]。またルノーと日産は、2010以降全世界自動車市場の約10%のシェアを保っているが[2][3]、ゴーンは両社の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務する。

両親はレバノン人で、ブラジルで誕生。幼少期をブラジルで過ごし、中等教育は父の母国であるレバノンのベイルートで受けた。フランスの工学系グランゼコールの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。同社での業績を評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされ、同社の再建にも貢献した。
1999年3月、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結び[4]、同年6月、ルノーの上席副社長の職にあったゴーンが、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産自動車の最高執行責任者(COO)に就任。後に日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)、ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)、ルノー・日産アライアンスの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。
「コストキラー」[5]「ミスター調整(FIX IT)」[6] などの異名をとるゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成。短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」と称している[7] 2013年6月から2016年6月には、ロシアの自動車メーカのアフトヴァース会長も務めていた。[8][9]
レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語フランス語英語スペイン語ポルトガル語5言語を話せる日産の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。2004年には法政大学名誉博士に成っている。2005年には、快進社ダットサン竹内明太郎と縁があり、早稲田大学からも授与されている。極度の経営不振と経済的危機の状態にあった日産自動車を立て直したということで、他社の社外取締役に招聘されたり、大学の委員なども務めたりもしている。また、自らコマーシャルに出演するなど[10][11]、マスメディアにも積極的に登場。漫画誌・ビッグコミック・スペリオールに「カルロス・ゴーン物語」[12]が掲載されるなど、広く知られる存在となっている。
2016年10月より、ゴーンはルノー・日産アライアンスに加わった三菱自動車工業の代表取締役会長に就任。2017年2月23日、日産自動車は同年4月1日付で副会長兼共同CEOの西川廣人が代表取締役社長兼CEOに就任することを発表した。ゴーンは引き続き日産の代表取締役会長を務め、アライアンス全体の経営に注力する。
KBE (大英帝国勲章・ナイトコマンダー)。

生い立ちと来歴

祖父ビシャラ・ゴーンは、レバノンで生まれ13歳でブラジルに移住し[13][14]、ブラジル北部、ブラジルとボリビア国境近くのロンドニア州の奥地 São Miguel do Guaporé サン・ミゲウ・ド・グアポレ でゴム産業に参入[15]。最終的には農産物を売買する会社のオーナーとなった[15]。レバノン系ブラジル人である父 ジョルジ・ゴーンはロンドニア州の州都ポルト・ヴェーリョに居を構え、同じくナイジェリア生まれのレバノン人の女性と結婚[16][17][18][14]
1954年3月9日にカルロス・ゴーンが誕生した[19]。カルロスが2歳くらいの頃、不衛生な水を摂取したことで病気となり、母親とともにリオ・デ・ジャネイロに移転[20]。カルロスが6歳の時[21]、彼の3人の姉妹と母とともに[20]、祖父の母国であるレバノン・ベイルートに転居し[15]、ベイルートのイエズス会系の Collège Notre-Dame de Jamhour(コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール)で中等教育を受けた[22]。その後、パリ6区にあるプレップスクール Lycée Stanislas(リセ・スタニスラス)、そして、Lycée Saint-Louis(リセ・サン=ルイ)で学ぶ[23]。1974年、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)(グランゼコールの代表格でエリート養成校の一つ)を卒業し[24]、1978年にパリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学博士を取得し卒業[25][24]
大学卒業後、1978年に欧州最大のタイヤメーカー、ミシュラン Michelin に入社した[25][26]フランス国内で工場長、産業用タイヤ部門の研究開発ヘッドを歴任[25][27] 後1985年、30歳の時に3億ドルの市場を持つ南米ミシュランの最高執行責任者(COO)に任命された[25][28]。生誕地であるブラジルに戻ったゴーンは、彼に操業の立て直しを命じたフランソワ・ミシュランフランス語版に、ブラジルのハイパーインフレ[29] 下における事業の不採算性と困難について直訴している[28]。しかしその中で、南米事業部におけるフランス、ブラジル、その他多国籍の従業員の間での最良な業務形態を模索し、クロスファンクショナルマネージメントチームを結成[30][31]。このブラジルでの多文化体制下での経験は、後に彼の経営理念の核となるクロス・カルチャーな経営スタイルと強さの基盤を形成した[32]。「人は多様性から学び、そして共通性に安らぎを感じる。」とゴーンは語っている[33]。1989年、南米事業部を黒字転換させた後[30]、ミシュランの北米事業部の社長兼ミシュランの北米事業部の社長兼(COO)に選ばれ[34]、家族を伴い米国サウスカロライナ州グリーンビルへと移転[34]。1990年にミシュランの北米の最高経営責任者(CEO)に昇格する[25][34]。1996年に、ルノーの上席副社長にヘッドハンティングされ[35]、再びフランスへと居を移したが、1999年にルノーと日産の資本提携が行われた後[36][37]、ルノーでの役職も維持しながら日産の最高執行責任者(COO)に就任[24][38]。家族とともに日本に移り住んだ[39]






→Xavier






、、、(爆wwwwwwwwww

0 件のコメント: