2017年5月22日月曜日

100年ちょっとの歴史しかない輸入品の「皇室」なんてもういらない




2017年05月21日11:42
「天皇」は輸入品である
産経新聞におもしろい記事が出ている。安本寿久という編集委員は講演でこう語ったという。

天皇がいることで日本人がまとまれるという価値観をつくったのは、日本最古の書物「古事記」だった。正成がこれだけ天皇に忠節を尽くしたのも、この国の形が一番だと思ったからだろう。古事記の価値観によって、「大化の改新」も「建武の新政」も「明治維新」も、そして昭和20年のときも、中心には天皇がいた。日本人にとって「公」とは、天皇という存在ではないか、とも考えられる。

ここには古事記から昭和20年まで一貫して、日本は「万世一系の天皇」が支配してきたというイデオロギーがある。これは今でも自民党の右派に信じられているが、明白な誤りである。明治時代以降の天皇は(古代とは名前以外に共通点のない)ヨーロッパからの輸入品なのだ。

そもそも江戸時代まで「天皇」という言葉は使われていない。19世紀初めの光格天皇まで、死後も「**天皇」という謚はなかったのだ。一般庶民はその存在さえ知らなかった。それを長州藩が「幕府」を倒すためのシンボリックな記号として利用した。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51996537.html


ノビーが空気読んでますなあ・・・(爆wwwwwwwww





、、、(爆wwwwwwwwww

16 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

5億ってなんの数字なんでしょう?





皇室費 | 衆議院議員 河野太郎公式サイト
http://www.taro.org/2017/01/%e7%9a%87%e5%ae%a4%e8%b2%bb.php

2017.01.18

平成29年度の皇室費は62億1800万円と、前年比1.9%増、金額にして1億1800万円の増です。

皇室費は皇室経済法第3条で、「予算に計上する皇室の費用は、これを内廷費、宮廷費及び皇族費とする」とあります。

内廷費は皇室経済法第4条で「内廷費は、天皇並びに皇后、太皇太后、皇太后、皇太子、皇太子妃、皇太孫、皇太孫妃及び内廷にあるその他の皇族の日常の費用その他内廷諸費に充てるものとし、別に法律で定める定額を、毎年支出するものとする」とあり、昨年同額の3億2400万円です。

これは皇室経済法施行法という法律で定められています。皇室経済法施行法第7条「(皇室経済)法第四条第一項の定額は、三億二千四百万円とする」。

また、内廷費に関しては同4条2項で「内廷費として支出されたものは、御手元金となるものとし、宮内庁の経理に属する公金としない」とあり、宮内庁で経理しません。

宮廷費は同5条、「宮廷費は、内廷諸費以外の宮廷諸費に充てるものとし、宮内庁で、これを経理する」に基づき、56億7900万円、1億3300万円の増。

この内訳は
儀典関係費 753百万円 4百万円増
宮殿等管理費 951百万円 66百万円増
皇室用財産修繕費 1414百万円 58百万円増
皇居等施設整備費 2295百万円 94百万円増
文化財管理費 171百万円 39百万円減
車馬管理費 95百万円 50百万円減

皇族費は同6条「皇族費は、皇族としての品位保持の資に充てるために、年額により毎年支出するもの...とする。その年額...は、別に法律で定める定額に基いて、これを算出する。 」とあり、2億1500万円。前年比1500万円の減で、これは昨年10月の崇仁親王殿下薨去によるものです。

皇室経済法施行法第8条「(皇室経済)法第六条第一項の定額は、三千五十万円とする」

皇室経済法施行法第10条「(皇室経済)法第六条第三項及び第四項の皇族費は、年度の途中において、これを支出する事由が生じたとき、又はこれを支出することをやめる事由が生じたときは、当該事由が生じた月を含めて、年額の月割計算により算出した金額を支出する。」

宮内庁費は112億1800万円で2億7800万円、2.5%の増加。これは主に人件費の増によるものです。

宮内庁の職員は、特別職52人、一般職957人。

特別職は長官、侍従長、東宮大夫、式部官長、秘書官の他、指定職俸給表が準用される者6人、行政職俸給表(一)が準用される者32人、医療職俸給表(一)が準用される者9人。

一般職は、指定職俸給表8人、行政職俸給表(一)711人、行政職俸給表(二)152人、研究職俸給表53人、医療職俸給表(一)7人、医療職俸給表(二)6人、医療職俸給表(三)20人。

非常勤職員が、事務補助職員137人、技能職員9人、労務職員18人、医療職員6人、専門職員32人、その他4人。

再任用短時間勤務職員が行政職俸給表(一)40人、行政職俸給表(二)15人、研究職俸給表1人。

天皇陛下が譲位されると、こうした予算額も当然変わってきます。





続皇室費 | 衆議院議員 河野太郎公式サイト
http://www.taro.org/2017/01/%e7%b6%9a%e7%9a%87%e5%ae%a4%e8%b2%bb.php

2017.01.24

皇室費のなかには内廷費、皇族費、宮廷費が含まれます。

そのうち内廷費と皇族費は御手元金として、各皇族の日常の費用等に充てることになっており、宮内庁はこれを管理しません。

この金額は皇室経済法および皇室経済法施行法で定められています。

内廷費は3億2400万円。

独立の生計を営む親王に対し支出される皇族費の定額は3050万円。

親王の妃に対しては、定額の2分の1。ただし、その夫を失って独立の生計を営む親王妃に対しては定額が支払われます。

独立の生計を営む内親王に対しては定額の2分の1。

独立の生計を営まない親王、その妃及び内親王に対しては定額の10分の1、ただし成年に達した者に対しては定額の10分の3。

王、王妃及び女王に対しては、親王、親王妃、および内親王に対する金額の10分の7。

(王とは直系尊属の天皇から数えて三親等以上離れた皇族男子を言い、王妃はその妃。女王は三親等以上離れた皇族女子を言います。現在、女王殿下は4人いらっしゃいますが、王、王妃は現在の皇室典範のもとではいらっしゃいません。)

摂政たる皇族に対しては、在任中は定額の3倍。

内廷費及び皇族費の定額は皇室経済法施行法で定められ、それに対する割合は皇室経済法で定められます。

この金額は平成8年に改定されました。その前の改定は平成2年でした。

内廷費、皇族費の改定は、物件費や人件費のインフレによる伸びが累計で10%を超えた場合に改定の対象となります。

所得税法第9条は、所得税の対象とならないものを挙げていますが、その第12項は
「皇室経済法 (昭和二十二年法律第四号)第四条第一項 (内廷費)及び第六条第一項 (皇族費)の規定により受ける給付」とあり、内廷費、皇族費には所得税は課せられませんので、上記の金額は全て手取りになります。

親王と内親王の差については上記のとおりですが、その他に、皇族男子が留学される場合はいわば公費である宮廷費が使われるのに対し、皇族女子が留学されるときには御手元金である皇族費で行かれるなどの慣習があります。

これは皇族男子は皇位継承の可能性があるのに対し、皇族女子にはそれがないなどの理由によるものと考えられます。

今上天皇の譲位が議論されていますが、これからの皇位継承のありかたについての議論は待ったなしだと思います。

皇太子殿下、秋篠宮殿下の次の世代の皇族男子が御一人となってしまった現実を直視し、皇室の安定を図るためにはどうするべきか、譲位の前に答えを出す必要があると思います。

匿名 さんのコメント...

日本の「天皇」といふ記号が左右する価値に翻弄されることの代償として犠牲にした損害を、日本国内と国外に分けて、あるべき形で清算することから徹底的に逃げることで保たれるらしい品位のありがたみとはなんぞや。
オープンに議論することさえ禁忌なのか。
天皇が絡むテーマは直立不動の整列思考でひたすら体裁を整えていくことが自由な社会のありかたなのか。
こういう社会の空気の中で育てられてきたのかと思うとゾッとする。

匿名 さんのコメント...

面白い視点ですな、現代人の感覚で大河ドラマを観ては
面白くないのと同じですわ。
王様と天皇は確かに違うものとして近代までは来てますね。

匿名 さんのコメント...

https://pbs.twimg.com/profile_images/732568454167822336/lPjDVQqZ.jpg

匿名 さんのコメント...

皇族方にお出ましいただいて栄誉という箔をつけなければ価値が左右されるような事象を、合理的に説明していただきたい。
長寿命化し少子化という人口オーナスに特徴的な困難な課題を戦略的に解消するために、皇室が絶対不可欠なカテゴリーなのかどうかを議論することだけは避けていく金科玉条の空気も一歩まちがえると非常に危険だ。
皇位継承問題を工夫すれば、日本の未来がひらけていくということにはならない。
予めダイナミックな議論を徹底的に排除するような無言の圧力は一種の暴力だ。

匿名 さんのコメント...

見事に☀の工作に引っかかっていた自分が居た。
搾取される家畜だと馬鹿にされてもしょうがない。

匿名 さんのコメント...

> 日本は「万世一系の天皇」が支配してきたというイデオロギーがある。
> これは今でも自民党の右派に信じられているが、明白な誤りである。

そらそうでしょw
人並みに日本史知ってたら庶民でもそんな事考える訳がない
天皇や貴族が勢力を振るっていたのは平安時代まで
鎌倉以降は武士が台頭し、武力を持たない天皇や貴族はお飾りに成り下がる
江戸時代の日本を統治していたのも武士
明治で天皇が復権したのは西欧列強の王制に対抗する権威が
必要だったから脳筋田舎武士共(笑)がそれを利用し、そこに
海外勢力や天皇ものっかっただけの話
要するに皇室一族の生き様自体が、自分は何も提供せず他人に寄生し
他人を利用して金や力を吸い取る寄生虫キムチそのものでしょって言うw

GABRIEL さんのコメント...

池田信夫推しな
保守もいますし
効果があると宜しいなと

匿名 さんのコメント...

"そもそも日本は国策的麻薬密売で得た資金で繁栄したヤクザ国家"

やがて、カルテル無視、輸出大国へ

匿名 さんのコメント...

皇室との国民の間の健全な距離の取り方も、早速、緊急輸入しなきゃなりませんね。
今上陛下のご意向を現行憲法に抵触しないように慎重な配慮を重ねて「合理性」を設計した実務者の尽力の航跡が痛いほどにじみ出ていて、工夫を導くことに腐心したであろうに。

ご学友を通じて、退位の恒久的な制度化を実現するよう求めるニュアンスを滲ませていたが、あれは忖度発言だったのでしょうか?

東京新聞:天皇陛下 退位恒久制望む 電話受けた学友証言「お言葉」20日前:社会(TOKYO Web ...
www.tokyo-np.co.jp › national › list
2016/12/01 - 天皇陛下が八月にビデオメッセージを公表する約二十日前の七月、退位について恒久 制度を望む思いを、学友の明石元紹(あかしもとつぐ)氏(82)に電話で打ち明けていたことが、明石氏の証言で ...

天皇陛下:退位問題を考える ご学友、明石元紹氏が「覚悟の激白」=志村宏忠 ...
https://mainichi.jp › sunday › articles › org
退位問題を考える ご学友、明石元紹氏が「覚悟の激白」=志村宏忠. 2017年4月19日. Texts by サンデー毎日 ... 実は、4月1日夜に皇后陛下からお電話があり、20分ほどお話をしました。陛下と皇后さまは『日本のために全力で尽くし ...

天皇のご学友 陛下と政府の考えに乖離があると指摘 NEWSポストセブン
www.news-postseven.com › archives
2017/02/05 - 1月23日に政府の有識者会議は天皇の生前退位についての論点整理を公表した。 ... 天皇のご意向に沿ったもので進む可能性が低いと見るのは、天皇の御宸襟(ごしんきん)を知り得る立場にある2人のご学友で ...

匿名 さんのコメント...

エンペラーよばわりされる前はミカドと記載されてたし

匿名 さんのコメント...

まさしくカルト幻想そのもの発想で、これからも続いていくべきだってことですか?

人口比のバランスが著しくいびつで、しかも急速に日本語が通じる空間も縮小していくことは明らか。
水不足や空気や治安の悪いところにお住まいの方々の楽園、どの言語で?

匿名 さんのコメント...

Strategies to achieve diversity

特定の血脈の履歴に過剰な意味をもたせた過去の権力闘争の方便に未だに頑迷に執着することによって
理性や合理性がもつ人間の生存への根源的な欲求、ダイナミックに変動する現実へ的確にかつ迅速に対応しようとする人間らしい情熱をいたずらに削いでしまっている
原始宗教国家?

匿名 さんのコメント...

池田信夫 blog : 忖度と「しらす」で動く国
ikedanobuo.livedoor.biz › archives
2017/03/26 - これは臣下が天皇の「御意」をおしはかることで、これに対して天皇は臣下をしらすという形で受動的に統治 ... その矛盾を突いて出てきたのが、「幕府を倒して本来の主権者たる天皇に国家権力を取り戻す」という儒教 ...

天皇陛下、日本にこれからも皇室は必要だといふお気持ちを表明(爆w

皇族方は全能ではないし、皇室に対する意見が一様ではないことは社会が健全な証拠でもあり、オープンなかたちで批判も含めたさまざまな考え方が出されることが自然である。

匿名 さんのコメント...

血統といふ利権を国民ともども後生大事にという発想
こういうメカニズムが平和で理想的で自由で公正だと導ける理由

今の日本は、ある種の議論を避けているという一点においては、あきらかに恐怖が支配している
憲法前文が掲げる高邁な理想主義、哀れ

屁理屈の耐震設計に奔走


匿名 さんのコメント...

禁忌の設定と喚起される畏れ
マインドコントロール

管制塔