2017年2月15日水曜日

ウイグル人がシリアでISISに参加


【2月14日 AFP】世界各地の亡命ウイグル人らを束ねる「世界ウイグル会議(WUC)」のラビア・カーディル(Rebiya Kadeer)代表(70)は13日、
一部のウイグル人がだまされてイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」などのメンバーとしてシリアで戦闘に加わり、死亡していると述べた。

訪日に合わせて行われた記者会見でカーディル代表は、ここ数年で東南アジアやトルコなど世界各地に逃れた数千人のウイグル人のごく一部が、
戦火にまみれたシリアに行きついて過激派組織に合流していると説明した。
同代表は「一部のウイグル人はロシア軍が彼らを空爆した後、シリアで死亡した」と述べた。

世界各地に約1000万人いるウイグル人のルーツは、中央アジアと国境を接する中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)。
その大半はイスラム教徒で、チュルク語(Turkic)を話す。ウイグル人は長年にわたり中国政府による宗教的・文化的差別に抗議している。

中国政府は外部の過激な勢力が新疆ウイグル自治区や他の中国国内でのテロを誘発していると頻繁に警告し、厳しい取り締まりを行っている。

裕福で著名な女性実業家だったカーディル氏は中国政府と対立し収監されていたが、2005年に釈放された後、米国に亡命し、WUCの代表を務めている。

同氏はシリアに行きついたウイグル人は弱い立場にあり、「洗脳」されやすいため戦闘に加わっているとの見方を示した。
しかし「彼らはわれわれの社会では犯罪集団だ」と非難している。(c)AFP/Kelly OLSEN

http://www.afpbb.com/articles/-/3117774








反イスラム路線でガンガレ!中国共産党!(爆wwwwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

East Turkestan Islamic Movement (ETIM)

ご近所 さんのコメント...

フリーチベット界隈はこれで
テロカルト確定ですねーw