2017年2月10日金曜日

福島第1原発2号機 毎時530シーベルトから毎時650シーベルトへ記録更新

東京電力は9日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部調査に向け、自走式の「掃除ロボット」による堆積(たいせき)物の除去作業を再開した。搭載したカメラ画像を分析した結果、格納容器内の空間線量は毎時650シーベルト(推定)だったと発表した。
先月に観測した毎時530シーベルト(同)を上回り、過去最高を更新した。

http://mainichi.jp/articles/20170210/k00/00m/040/075000c 

来ましたねえ・・・(爆wwwwwww








、、、(爆wwwwwwwwwwwwww

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

一番ヤバイのはMOX3号機では

ミネ さんのコメント...

>一番ヤバイのはMOX3号機では

何号が一番かとか 何においても一番にならぬよ
皇室がどうであるかだけなので
堤細胞根絶やし必須‥ゃオールパージでいーんじゃね?
副総理同伴も引導渡しの始まりでよろ
パンピーにしたらなんの価値もないっしょ

匿名 さんのコメント...

今年の3.11になぜかドカーンと行ったりしませんよね? ね?w

匿名 さんのコメント...

5年経ってもこの有り様でとどめ刺されるのもいいんじゃないかなと(笑)

> 今年の3.11

南米やインドネシアででかい地震あったばかりですぜ(爆)
そろそろ日本の番かな?

2017年2月10日 1:01 さんのコメント...

>ミネ氏
一番ヤバイ線量の数値を叩き出しそうなのは、ってのはココでは主題じゃないですね、すみません
オールパージで何ら問題なく

匿名 さんのコメント...

【福島第1原発事故】2号機210シーベルト測定 ロボ投入、途中で進めず 調査失敗 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170217/lif1702170003-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/170217/lif1702170003-n2.html

2017.2.17 00:09更新

    16日、サソリ型自走式ロボットが撮影した、東京電力福島第1原発2号機の原子炉圧力容器につながる機器交換用レールの端付近。手前はレール上に載っている溶けた保温剤などの堆積物(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内にサソリ型の調査用ロボットを投入したが、圧力容器の真下にある鉄製の作業用足場には到達できず、途中で前に進めなくなったと発表した。以前の調査で毎時650シーベルトが推計された場所で線量を計ったところ、毎時210シーベルトが測定された。推計値ではなく実際に計測された値としては、福島第1原発で確認された過去最高の値で、人が近づけば2分程度で死亡するレベル。

 昨年末に始まった2号機の格納容器内調査はいったん終了する。炉心溶融で溶けた燃料デブリの実態把握には至らず、本格調査は失敗した。今後の廃炉作業に遅れが生じるのは必至だが、今回得られた画像などを解析することで新たな情報が得られる可能性もあり、東電は解析を急ぐ。

 東電によると、ロボットは同日午前7時50分ごろ、格納容器の壁の貫通部に開けた穴から投入。圧力容器の真下の足場につながるレールの上を通って足場を目指したが、2~3メートル進んだあたりで左側の走行用ベルトが動かなくなり、前に進めなくなった。東電は「堆積物がはがれて挟まった可能性がある」としている。

 ロボットの温度計で格納容器内の温度を調べたところ、燃料デブリがあるとみられるような高い温度は測定されなかったという。


 ロボットが動けなくなったことで、東電はこれ以上の調査は困難と判断。汚染されたロボットの回収を断念し、同日午後3時7分にロボットをレール上に残したまま作業を終えた。

 東電と政府は今夏にも燃料デブリの取り出し方針を決める予定。東電は「放射線量や温度など貴重な情報は得られた。回収しない選択肢も当初から検討しており、失敗とは考えていない」としている。