2017年2月24日金曜日

「てんこもり」こと「富山67号」を『特A』認定

NHK 各地のニュース
富山県のニュース
NHK富山放送局
てんこもりが「特A」評価

去年、生産されたコメの味などを審査する「食味ランキング」の結果が公表され、富山県が開発した品種としては初めて「てんこもり」が最高の「特A」の評価を受けました。
農産物などの品質や安全性を評価している「日本穀物検定協会」は、毎年、生産されたコメの味や香りを審査して、5段階で格付けを行っています。
今回は、去年生産された全国の141の銘柄の格付けが発表され、富山県関係では「てんこもり」が最高の「特A」の評価を受けました。
県が開発した品種としては初めての最高評価です。
「てんこもり」は「おくて品種」で、収穫の時期がコシヒカリより遅く、県によりますと、高温に強いうえ、コシヒカリに匹敵するおいしさと評価されているということです。
一方、去年まで2年連続で「特A」の評価を受けた主力品種の「コシヒカリ」は、特Aに次ぐ「A」の評価でした。
これについて石井知事は「来年の発表では、コシヒカリも『特A』を獲得できるように生産者や研究機関などが一丸となって取り組みたい」というコメントを発表しました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/k/toyama/3064193021.html



日本穀物検定協会
東京都中央区日本橋兜町15−6 製粉会館 3F




2007年 4月 18日 [ トピックス ]
No.296-1:富山米の新品種「てんこもり」、誕生

富山県農業技術センターが育成した水稲新品種「富山67号」。名称を「てんこもり」とし、国へ品種登録と商標登録の出願申請をこのほど行った。平成8年度に「富山36号」と「と系1000」を交配し選抜した「てんこもり」は、成熟期がコシヒカリより7日程度遅く、直播栽培にも適した晩生品種。食味は、ねばりがあってコシヒカリに匹敵する美味しさと高く評価されている。
富山生まれの新品種

富山県農業技術センターが育成した水稲新品種「富山67号」。名称を「てんこもり」とし、国へ品種登録と商標登録の出願申請をこのほど行った。

「てんこもり」は平成8年度、「富山36号」(良食味に特徴)を母に、「と系1000」(高品質)を父に交配し選抜したもので、成熟期がコシヒカリより7日程度遅く、直播栽培にも適した晩生(おくて)品種。成熟期が遅いことで、夏場の高温登熟を回避できることなどから、コシヒカリよりも安定して品質がよい。また、コシヒカリよりも背丈が10cmほど短いため倒れにくい、穂数が確保しやすく収量性も優れているなどの特徴もある。気になる食味だが、ねばりがあってコシヒカリに匹敵する美味しさと高く評価されている。

富山県の稲作は、中生(なかて)品種のコシヒカリに作付けが集中しており、気象変動へのリスク回避や大規模農家における作業分担・低コスト化を図るため、成熟期の異なる早生(わせ)、中生、晩生のバランスのとれた品種構成に改善していくことが課題となっている。平成16年に本格的な栽培が始まった早生の「てんたかく」に続き、晩生の「てんこもり」が開発されたことで、大規模農家にとっては刈り取り作業の分散化が図られるなどの利点がある。

●美味しいお米がたくさん食べたくなる名称

今年度は、県内各地で100haほどの栽培実証を行う予定で、市場からの評価を得たい考えだ。平成20年度には県奨励品種に採用し、大規模農家を中心に栽培を本格化させる。

品種名については一般公募を実施。県内外から応募のあった1,909点の中から「将来的に全国展開できる品種名を」という観点から命名検討委員会で選考した。“てんこもり”は、“最高のもてなしの心が感じられ、消費拡大や食育にもつながる名称”、“富山のきれいな水、肥沃な大地、生産者の情熱などを詰め込んだ米をイメージさせる”などの理由で選ばれた。“てんこ”は富山弁で“てっぺん”、“頂”という意味で、米の頂点になればという願いも込められている。早生品種の「てんたかく」と名前にシリーズ性があることも選考の理由となった。

富山県農林水産部農産食品課では「米粒にツヤや透明感があり、富山の美しい水や肥沃な大地をイメージさせる。早生の“てんたかく”、中生のコシヒカリ、晩生の“てんこもり”の普及拡大で富山米のブランド力をより向上させたい」と話している。



問い合わせ
●富山県農林水産部農産食品課
TEL.076-444-3283
FAX.076-444-4410
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1613









、、、(爆wwwwwwwwww

18 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

おめでとうございますw

匿名 さんのコメント...

団長おめですw

匿名 さんのコメント...

団長殿に特A級評価でパヨク涙目wwwwwww

匿名 さんのコメント...

てんこもり食べてみたくなりますねw
半島北陸が空気読みまくりでwww

匿名 さんのコメント...

よりによって 越でてんこもりとは(w
ところで製粉会館でだれがオーナーなの?

匿名 さんのコメント...

21年前…?

GABRIEL さんのコメント...

富山ラインは
白旗みたいな

品種改良 さんのコメント...

米の宣伝に一肌脱いでらっしゃることも相俟って
脱力しきった笑いが止まらずへとへと
出来過ぎでっせ

匿名 さんのコメント...

団長が特A?
それより高い評価(更に特Aとの間に「反GOD派に越えられない壁」設置)じゃないと不適切ですよ

匿名 さんのコメント...

団長はS級w

きむすめ さんのコメント...

「きぬむすめ」が特A米に

匿名 さんのコメント...

>東京都中央区日本橋兜町15−6
通りの名前は、、、確か平成通りwww
違ったらスマソ

匿名 さんのコメント...

農林水産省高級幹部のあまくだり先

匿名 さんのコメント...

帝室 農林省

匿名 さんのコメント...

sake japanese rice wine

匿名 さんのコメント...

高岡新報 米騒動

匿名 さんのコメント...

富山 米騒動 鈴木商店

匿名 さんのコメント...

ランド米 飽食 「最高評価」44銘柄、ひずむ市場 :日本経済新聞
www.nikkei.com › article
2017/02/23 - 高値を狙うブランド米の作付けが増えすぎた結果、外食や中食に欠かせない業務用米の生産が減り 、必要量をまかなえなくなっている。広がる一方の需給のひずみに、農林水産省も「需要に応じたコメを作って ...