2017年1月30日月曜日

楽天@チーム緑

2017年 01月 30日 19:05 JST
三木谷楽天会長、トランプ米大統領令の対象国への無料電話を提供

[東京 30日 ロイター] - 楽天 の三木谷浩史会長は30日、同社グループの無料通話・メッセージアプリ「Viber」上で、難民やイスラム圏7カ国から米国に到着する人々の入国を禁止するトランプ米大統領の措置を非難するとともに、31日にViberが、米国から対象国への無料国際電話サービスを発表することを明らかにした。

三木谷氏はViberに掲載した英語のコメントの中で、トランプ氏が命じた措置について「いま米国で起きていることを目にするのは非常に悲しい」と述べ、「宗教や国籍で一律に人を差別するのは、人間として間違っている」と指摘。

さらに「イスラム教徒の社員を会社としても個人としても支援することを確約する」とし、Viberが「米国から禁止の対象になった全ての国に対し、無料の国際電話(の提供を)をあす発表する」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/idJPL4N1FK0WN





















→ベルハンドクラブ


、、、(爆wwwwwwwwww

4 件のコメント:

ご近所 さんのコメント...

そういや元エースがバス釣り方面と

匿名 さんのコメント...

ジョン・シュロスバーグ氏@楽天
http://tokumei10.blogspot.jp/2015/11/blog-post_331.html
>ケネディ駐日米大使の息子が楽天入社 営業など担当

こういうのが思い起こされますけど
トランプ氏の子孫ではなかったのがポイントですかね

匿名 さんのコメント...

わざわざ、火中の栗を拾うとは(w
スタバ(w

匿名 さんのコメント...

楽天の三木谷浩史社長、本社機能の米国移転を示唆 トランプ大統領の入国禁止令には「憧れる国で居続けて」 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/170213/ecn1702130020-n1.html

2017.2.13 19:50更新

    2016年通期連結決算を発表する楽天の三木谷浩史会長兼社長=13日、東京都世田谷区

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日、決算発表の記者会見で、「米国で2000人以上を雇用していて、今後も増えていく。一定の本社機能をシリコンバレーに移すことも考えている」と述べ、トランプ米政権に歩み寄る姿勢を示した。同日発表した楽天の平成28年12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比17・6%減の779億円と、インターネット通販モール「楽天市場」のポイント還元率を上げた影響で大幅な減益となった。

 三木谷氏は、トランプ大統領の入国禁止令に関しては「米国はさまざまな国から英知が集まっている。世界中の人が憧れる国で居続けてほしい」と語った。

 最終利益は、25年に買収した米国の動画配信サービス会社ののれん代などで10~12月期に239億円の減損損失を計上したことが響き、同14・5%減の379億円だった。売上高は、楽天カードの利用など金融事業が順調に伸び、同9・6%増の7819億円と過去最高を記録した。

 三木谷氏は、ポイント還元で利益が減少している楽天市場事業に関し、広告収入の増加などで「追い風を感じる」と強調した。





レディーガガを見習ったのか、それとも移転先がカリフォルニアみたいなところなのか