2016年12月9日金曜日

亀山→神戸→甲斐



https://matome.naver.jp/odai/2141609356900778001




『正義』を教えに行かれたようで・・・(爆wwwwwwwww

また種明かしですかねえ・・・(爆wwwwwwww




兼高 かおる(かねたか かおる、本名:兼高ローズ1928年2月29日 - )は、日本ジャーナリスト(ツーリストライター)。日本旅行作家協会会長。
兵庫県神戸市生まれ。香蘭女学校卒業後、ロサンゼルス市立大学に留学。その後ジャーナリストとしてジャパンタイムスなどで活躍する。海外取材が多く、150カ国以上に渡航したことで知られる。
1928年 - 兵庫県神戸市に生まれる。父親はインド人。香蘭女学校では黒柳徹子の先輩にあたる。

役職


学校法人トラベルジャーナル学園は、東京都中野区に本部を置く学校法人

設置学校

本部所在地









2016年3月28日月曜日
上高田の下の寺内樺風
http://tokumei10.blogspot.com/2016/03/blog-post_666.html









、、、(爆wwwwwwwwwwwwwww


で、






















キムチ好きの『まいがいもの』じゃなくてキムチ嫌いの『ほんもの』と合体しててもサマナどもの世界連邦脳炎の発症状態からしてやっぱ勝ち組たるGOD派サイドへのイスカリオテは無理だったかもね。(爆wwwwwwwwwwwwww




おまけ


The Salween (Burmese: သံလွင်မြစ်; MLCTS: sam lwang mrac, IPA: [θàɴlwɪ̀ɴ mjɪʔ],[a] is a river, about 2,815 kilometres (1,749 mi) long, that flows from the Tibetan Plateau into the Andaman Sea in Southeast Asia.
It drains a narrow and mountainous watershed of 324,000 square kilometres (125,000 sq mi) that extends into the countries of China, Burma and Thailand. Steep canyon walls line the swift, powerful and undammed Salween, one of the longest free-flowing rivers in the world.[3][4] Its extensive drainage basin supports a biodiversity comparable with the Mekong and is home to about 7 million people. In 2003, key parts of the mid-region watershed of the river were included within the Three Parallel Rivers of Yunnan Protected Areas, a UNESCO World Heritage Site.[5]
The people who live on the Salween are relatively isolated from the rest of the world. The river is only navigable up to 90 kilometres (56 mi) from the mouth, and only in the rainy season.
The Burma Road was constructed between 1937 and 1938 during the Second Sino-Japanese War and crossed the river at the Huitong bridge. The Huitong bridge was blown by the retreating Chinese army and the river became the frontline from 1942 to 1944. The Salween Campaign of World War II, was launched in order to liberate occupied China and open the Burma Road again and connect it to the Ledo Road.

Logging began on the mountains surrounding the Salween in the late 20th century, and has damaged the river's ecology. In recent years, there have been a number of proposals to dam the Salween river in China, prompting environmental concerns and wide opposition.[3] Construction of at least one dam on a tributary of the Salween is currently underway in China's Yunnan province, and more are expected to follow.


7 件のコメント:

GABRIEL さんのコメント...

>キムチ好きの『まいがいもの』じゃなくて
>キムチ嫌いの『ほんもの』と合体してても
>サマナどもの世界連邦脳炎の発症状態からして
>やっぱ勝ち組たるGOD派サイドへのイスカリオテは
>無理だったかもね。

これは皇室に限らず
一般にも当てはまりそう(笑)

文章はメタファですが
食としてマイブームが
一昔前に終了した身として
ニンニクとかキムチとかを
矢鱈勧めるのは止めて欲しい(笑)

ご近所 さんのコメント...

今ツイッタラーでビートたけしの腰巾着いたぶって遊んでました)^o^(

匿名 さんのコメント...

GHQ草案→脳炎憲法の戦後教育60年で育った(育ってしまった)数があまりにも…

教育の根本からとなると百年単位の修正になるのでしょうかね
団長が“数十年で”と言及された中国に抜かれるのは確実

匿名 さんのコメント...

cdnc.ucr.edu/cgi-bin/cdnc?a=d&d=DS19751009.2.87

"Pan American World Airways" "Kaoru Kanetaka"

匿名 さんのコメント...

GHQの「せい」にしてご満悦とは、これまたずいぶんとお気楽、不合理な精神論。
だって、なんとかさえなかったら的発想はニッポン半島根性論。
なんでもかんでもよそさまの「せい」にして、今のブザマさを嘆いて恨むだけではどこぞの国とそっくりニダ。
中国は不合理な精神論は英語圏で全く通用しないことを身をもって体感した人材を大量に養成してきていて、即戦力のあるエリート層を対トランプ政権に充てる。


匿名 さんのコメント...

http://www.panam.org/new-books/134-learning-writing-about-the-pan-am-way

匿名 さんのコメント...

ん…誤解されてる感

>GHQ草案→脳炎憲法の戦後教育
GHQ草案を脳炎まみれの憲法に改悪してしまえる人々による戦後教育

…わかりづらくてすみません