2016年12月8日木曜日

映画『沈黙 -サイレンス-』 ヴァチカンで上映







Scorsese was born in Queens, New York. His family moved to the Little Italy section of Manhattan before he started school.[9] His father, Charles Scorsese (1913–93), and mother, Catherine Scorsese (born Cappa; 1912–97), both worked in New York's Garment District. His father was a clothes presser and an actor, and his mother was a seamstress and an actress.[10] His father's parents emigrated from Polizzi Generosa, in the province of Palermo, Sicily, and his maternal grandparents were also from Palermo, precisely from Ciminna. Scorsese was raised in a devoutly Catholic environment.[3] As a boy he had asthma and could not play sports or do any activities with other children and so his parents and his older brother would often take him to movie theaters; it was at this stage in his life that he developed a passion for cinema. As a teenager in the Bronx, Scorsese frequently rented Powell and Pressburger's The Tales of Hoffmann (1951) from a store that had one copy of the reel. Scorsese was one of only two people who regularly rented that reel. The other was future Night Of The Living Dead director George A. Romero.[11]









沈黙 -サイレンス-』(ちんもく サイレンス、原題:Silence) は、2016年の歴史ドラマ映画。遠藤周作の小説『沈黙』を原作とし、マーティン・スコセッシが監督、ジェイ・コックスが脚本を務める。出演はアンドリュー・ガーフィールドリーアム・ニーソンアダム・ドライバー窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮笈田ヨシら。日本ではKADOKAWAの配給で2017年1月21日公開予定[2]

主要撮影は2015年1月30日から5月15日まで台湾で行われた[16][17]
2015年1月28日、本作の野外セットにおいて、危険性が指摘されていた構造物の補強中に天井が落下し、作業員1人が死亡、2人が怪我を負った[




Silence is a 2016 American historical drama film directed by Martin Scorsese and written by Jay Cocks and Scorsese, based upon the 1966 novel of the same name by Shūsaku Endō. The film was shot entirely in Taipei, Taiwan and stars Andrew Garfield, Adam Driver, Liam Neeson, Tadanobu Asano and Ciarán Hinds.[3] The film premiered in Vatican City on November 29, 2016 and will be released in the United States on December 23, 2016.

In the seventeenth century, two Portuguese Jesuit priests (Andrew Garfield and Adam Driver) face violence and persecution when they travel to Japan to locate their mentor (Liam Neeson) who had committed apostasy after being tortured. The story takes place in the time of Kakure Kirishitan ("Hidden Christians") that followed the defeat of the Shimabara Rebellion (1637–38) of Japanese Roman Catholics against the Tokugawa shogunate.










沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。

あらすじ

島原の乱が収束して間もないころ、イエズス会の高名な神学者であるクリストヴァン・フェレイラが、布教に赴いた日本での苛酷な弾圧に屈して、棄教したという報せがローマにもたらされた。フェレイラの弟子セバスチャン・ロドリゴとフランシス・ガルペは日本に潜入すべくマカオに立寄り、そこで軟弱な日本人キチジローと出会う。キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴは隠れキリシタンたちに歓迎されるが、やがて長崎奉行所に追われる身となる。幕府に処刑され、殉教する信者たちを前に、ガルペは思わず彼らの元に駆け寄って命を落とす。ロドリゴはひたすら神の奇跡と勝利を祈るが、神は「沈黙」を通すのみであった。逃亡するロドリゴはやがてキチジローの裏切りで密告され、捕らえられる。連行されるロドリゴの行列を、泣きながら必死で追いかけるキチジローの姿がそこにあった。
長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられる。奉行所の門前では、キチジローが何度も何度もロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは、追い返されている。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じない。
神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかける。その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾(いびき)のような音を止めてくれと叫ぶ。その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾なぞではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げる。自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れる。
夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになる。すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。そのとき踏絵のなかのイエスが「踏むがよい。お前のその足の痛みを、私がいちばんよく知っている。その痛みを分かつために私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだから」と語りかける。
こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねる。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかける。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」

踏絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解したロドリゴは、自分が今でもこの国で最後に残ったキリシタン司祭であることを自覚する。


















、、、(爆wwwwwwwwww

2 件のコメント:

ご近所 さんのコメント...

そういや
塚本晋也さんの知り合い、居たなあw

匿名 さんのコメント...

「沈黙」ゆかりの長崎で試写会

江戸時代初期の長崎市の外海地区を舞台に、キリシタン弾圧をテーマにした作家・遠藤周作の代表作「沈黙」が映画化され、日本で公開されるのを前に、ゆかりの長崎市で18日夜、試写会が開かれました。
映画「沈黙ーサイレンスー」は、作家、遠藤周作の代表作をもとにアメリカの映画界を代表するマーティン・スコセッシ監督が製作した最新作で、江戸時代初期の長崎で行われていたキリシタンの弾圧がテーマになっています。
映画がまもなく日本で公開されるのを前に、昨夜、ゆかりのある長崎市で試写会が開かれ、重要な役どころとなる日本人、キチジローを演じた、俳優の窪塚洋介さんが舞台あいさつをしました。
このなかで、窪塚さんは、踏み絵を踏み宣教師を裏切ることになるキチジローという役について、「踏み絵を踏む弱さとも言えるが、強さとも言えると感じ、弱い人間なのか強い人間なのかわからなくなった」と撮影時の感想を語りました。
そのうえで、「スコセッシ監督が30年近い年月をかけて思いを込めて作った作品に参加できたことに大きな意味がある」と話していました。
映画「沈黙ーサイレンスー」は、1月21日から全国で公開されます。
01/19 13:41
www3.nhk.or.jp/lnews/k/nagasaki/5035823331.html