2016年11月27日日曜日

カストロとThree Popes



モロバレ・・・(爆wwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

野球に熱い親日家 被爆地・広島もカストロ氏惜しむ  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H7K_W6A121C1CC1000/

2016/11/26 23:17

 死去したキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長には、同国の「国技」ともいわれる野球を通じて交流を続ける親日家の顔があった。核兵器廃絶にも関心を寄せ、2003年には広島を訪問した。親交のあった国内の人たちは「野球に熱かった」「広島の思いを受け止めてくれた」と惜しんだ。

 キューバは米国や日本の球界で活躍する選手を送り出し続けている。全日本野球協会の鈴木義信副会長(73)は「カストロ氏も大リーグを目指そうとしたこともあった、と本人から聞いた」と振り返る。

 鈴木さんは第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本がキューバを破って優勝した06年に面会した。カストロ氏は「今後は日本の野球を勉強する。もし米国に負けていたら、監督は首だったよ」と話したという。

 カストロ氏は03年、広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した。当時、原爆資料館を案内した元館長の畑口実さん(70)は「『チェ・ゲバラに広島に行ってみろと言われた。来て良かった』と言ってくれた。広島の思いを受け止めてくれた人だっただけに残念だ」と話した。

 広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「核廃絶運動に果たした役割は大きかったと思う。キューバには今後も、中南米の先頭を切って核廃絶に向けた努力をしてもらいたい」と話した。〔共同〕

匿名 さんのコメント...

#910 Original Air Date: February 5, 1991