2016年11月29日火曜日

日本のカルトの代弁者、亀井静香が天皇再神格化の可能性を残そうと必死です(爆w

 生前退位の議論が進む9月中旬、安倍首相と1対1で対面した政界の重鎮・亀井静香代議士が明かす。

「私は総理にこう言ったんだ。“有識者会議で議論はするが結論を出すな。サボタージュしろ”とね。総理は聡明な方だから、皇室典範の改正はやらないと思う。天皇陛下がお気持ちを述べられた以上、政府は無視することはできない。だから法改正する“ふり”だけしながら、天皇のご公務を減らしていく。そもそも天皇の仕事は国事行為と宮中祭祀で十分。それができなくなっても臨時代行を立てればいい。生前退位の必要は全くありません」

この会談の後、安倍首相は記者団に有識者会議について「期限ありきではなく、静かにまずは様々な方々からお話を伺いたい」と答えている。

※週刊ポスト2016年12月9日号
http://www.news-postseven.com/archives/20161129_470172.html












で、高麗棒子の日本第一党は・・・






戦前の皇室カルトよ、もう一度ってな感じなわけですよ、、、(爆wwwwwwwwwwwwwwwww

14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

明日の天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議で御意見を伺う凄い方々

八木秀次(麗沢大教授)
百地章(日大教授)
大石真(京大大学院教授)
高橋和之(東大名誉教授)
園部逸夫(元最高裁判事)

匿名 さんのコメント...

>戦前の皇室カルト
からの解放、戦前の皇室カルトからの自由を、日本人自らが国家神道と死にもの狂いで戦って、この手で勝ち取ったわけではなくて・・・

匿名 さんのコメント...

松沢成文 天皇陛下 京都御所 江戸城 天守閣

亀井先生も賛成ですか

匿名 さんのコメント...

党派超えて政策議論へ 議員連盟発足
2月16日 20時13分
世界情勢がめまぐるしく変化する中、党派を超えて政策を議論しようと、超党派の議員連盟が発足し、日本に駐在する各国の大使などとも意見交換しながら政府に提言していくことを確認しました。
この議員連盟は、亀井静香衆議院議員が中心となって発足したもので、16日、国会内で開かれた設立総会には、自民党や民進党、日本維新の会などの国会議員、およそ30人が出席しました。

議員連盟は、世界の政治経済情勢がめまぐるしく変化する中、党派を超えて、大局的観点から政策を議論していく必要があるとして、今後、日本に駐在する中国やアメリカなどの大使などとも意見交換しながら、政府に提言していくことを確認しました。

会合のあと、亀井氏は記者会見し、「各国からのよこしまな要求をはねつける防波堤となる一方、よいことは進言や助言をしていく」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170216/k10010879411000.html

大使の雇い主

「各国からのよこしまな要求をはねつける防波堤となる一方、よいことは進言や助言をしていく」

大人気のよこしまですが、ちょっと時代がかった表現ですよね

匿名 さんのコメント...

天皇陛下、退位後は京都住まい? 京都市が検討、国に要望へ - ...
www.huffingtonpost.jp › 2017/06/12 › r...
3 日前 - 天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市や京都府などでつくる懇話会は、退位後のお住まいや退位に関連する宮中行事を京都に誘致することを目指して検討を始める。

退位後の天皇陛下は京都に (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
https://dot.asahi.com › ... › 国内その他
2017/02/09 - 署名・押印する書類は約千件、主催する行事は230件、外国からの賓客の接遇に大使・ 公使の離着任の挨拶など。83歳の天皇陛下が年間にこなす公務は、激務と言わざるをえない(写真:宮内庁 ...

退位後の天皇陛下、京都市長が京都滞在を要請へ!双京構想で上皇の居住を検討!特例法案で動く ...
saigaijyouhou.com › blog-entry-17186
3 日前 - 京都市の門川大作市長が上皇(退位後の天皇陛下)の京都居住を国に要請すると明らかにしました。 これは「双京構想」として提案される見通しで、門川市長は「国民の総意に基づくもので、国会で特例法が成立 ...

匿名 さんのコメント...

「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」

匿名 さんのコメント...

上皇のお住まい 奈良も検討
毎日放送 - ‎2017年6月14日‎
奈良県の荒井知事は退位後の天皇陛下のお住まいについて、誘致を検討していることを明らかにしました。天皇陛下が奈良を訪問した際に、「父祖の地としてゆかりを感じている」と話されたことや、明治期に飛火野周辺に離宮を作る計画があったことから、調査するよう指示した ...

天皇陛下退位後、「奈良に離宮を」…荒井知事
読売新聞 - ‎2017年6月14日‎
... 楽しみ、くつろがれる場になれば」と希望を述べた。県によると、明治時代には、現在の奈良公園内に明治天皇の離宮を作る構想があったが、実現しなかったという。 一方、京都市の門川大作市長は12日、退位後の陛下の京都での長期滞在を希望する考えを明らかにしている。

両陛下退位後の離宮アイデア
毎日新聞 - ‎2017年6月14日‎
奈良県の荒井正吾知事は14日、天皇、皇后両陛下が退位後に過ごされる離宮を同県内に造るアイデアを明らかにした。退位を実現する ... 京都市などが皇族の居住実現を柱にした「双京構想」を掲げていることについては「地域振興といった京都とは全く違う発想。静かに奈良に ...

譲位後のお住まい、奈良に「離宮」を 荒井正吾知事が構想
産経ニュース - ‎2017年6月13日‎
天皇陛下の譲位を可能とする特例法の成立を受け、奈良県の荒井正吾知事は14日の定例記者会見で「陛下の譲位後のお住まいについて、『奈良に離宮を』との構想がある」と明かした。 荒井知事は陛下が平成22年の「平城遷都1300年記念祝典」で奈良を訪れた際、「平城京 ...

「離宮造営、可能か調査」 退位特例法巡り奈良知事
日本経済新聞 - ‎2017年6月14日‎
奈良県の荒井正吾知事は14日の記者会見で、天皇陛下の退位を認める特例法が成立したことを受け、奈良県内に退位後の上皇、上皇后両陛下のための離宮造営が可能かどうか調査を始めたことを明らかにした。荒井知事は「天皇家の父祖の地である奈良として貢献していき ...

奈良に陛下退位後の離宮を=荒井知事が検討指示
ニコニコニュース - ‎2017年6月14日‎
奈良県の荒井正吾知事は14日の定例記者会見で、天皇陛下が退位後に滞在される離宮を奈良に造るアイデアを披露した。既に事務方に検討を指示したが、具体的な場所などは未定としている。 荒井知事は離宮のイメージについて、心身を休めてもらい、文化や歴史など学問的 ...

匿名 さんのコメント...

天皇陛下、退位後は京都住まい? 京都市が検討、国に要望へ
ハフィントンポスト - ‎2017年6月12日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市や京都府などでつくる懇話会は、天皇・皇后両陛下が上皇・上皇后となったら京都に住んでもらうことを目指して検討を始める。門川大作市長が6月12日にの定例記者会見で明らかにした。朝日新聞デジタルなどが報じた。

退位後はぜひ京都住まいを 京都市や府、実現に向け検討
朝日新聞 - ‎2017年6月12日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市や京都府などで作る「京都の未来を考える懇話会」は、天皇・皇后両陛下が上皇・上皇后となったら京都に住んでもらうことを目指し、実現に向けた課題を話し合う方針を決めた。門川大作・京都市長が12日、明らかにした。

退位後お住まい、京都市が誘致検討…国に要望へ
読売新聞 - ‎2017年6月12日‎
記者会見で門川市長は「上皇となる天皇陛下には、できるだけ京都に長くお住まいいただくことを念願していた。即位の礼や 大嘗祭 ( だいじょうさい ) についても、具体的にどういう可能性があるのか議論していく」と述べた。 市や京都府などは2013年、東京一極集中の是正などを ...

「上皇」京都滞在、国に要望へ 市長、特例法成立で
京都新聞 - ‎2017年6月12日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市の門川大作市長は12日の定例記者会見で、皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ、「京都における上皇の滞在や宮中行事の実施に関し、具体的にどういう可能性があるのか、知事や各界の有識者らと ...

京都市長の上皇京都滞在要望に「ご高齢の陛下にこれ以上公務をさせるのか」と非難の声
エキサイトニュース - ‎2017年6月12日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法が成立したことを受け、門川大作京都市長が12日の記者会見で「上皇となる天皇陛下には、できるだけ京都に長くお住まいいただくことを念願していた。即位の礼や大嘗祭についても、具体的にどういう可能性があるのか議論していく」とした上で「 ...

「双京構想」

匿名 さんのコメント...

譲位後の陛下、京都でお迎えしたい 署名を内閣官房に 東京と京都の2都「双京構想」
産経ニュース - ‎2017年6月15日‎
天皇陛下の譲位に関連し、地域政党・京都党は15日、譲位された後の陛下が京都に移住されることを要望する署名が約1万人分集まったと明らかにした。16日に内閣府に届けるという。署名に賛同した冷泉家時雨亭文庫常務理事の冷泉貴美子さんは「明治天皇以来、京都の人 ...

退位後の陛下に京都移住求める1万人分の署名提出
毎日放送 - ‎2017年6月16日‎
退位後の天皇陛下のお住まいを巡っては、門川京都市長が京都への滞在を国に要望することを明らかにしていて、京都府や経済界とともに、来週開く懇話会で議論を始める予定です。また、奈良県知事も県内に滞在していただけるよう、離宮の造営の検討を指示したということ ...

退位後は京都へ 市民署名1万筆 きょう提出方針 /京都
毎日新聞 - ‎2017年6月16日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法成立を受け、地域政党「京都党」代表の村山祥栄(しょうえい)市議は15日、京都市中京区で記者会見し、市民から退位後の京都居住を願う1万745筆の署名が集まったと発表した。16日に村山代表らが内閣府大臣官房を訪ね提出する方針。

匿名 さんのコメント...

譲位特例法案採決に石破氏、枝野氏ら欠席 反対も相次ぐ
産経ニュース-2017/06/02
同党の阿部知子衆院議員も欠席し、記者団に「議員立法でやるべきだ」と語った。 譲位の恒久制度化を主張する自由党の小沢一郎代表と玉城デニー幹事長は棄権した。譲位に反対していた無所属の亀井静香元金融担当相は反対した。

採決に反対ゼロ 参院、自由4人が退席
毎日新聞-2017/06/09
2日の衆院本会議採決は起立採決で、亀井静香元金融担当相ら無所属の3人が着席して反対。自民党の斎藤健副農相、民進党の阿部知子氏ら5人が議場に入らないなどして採決に参加しなかった。このほか自民党の石破茂元幹事長、 ..

匿名 さんのコメント...

“退位”特例法案が衆院通過
日テレNEWS24 - ‎2017年6月2日‎
特例法案は今の天皇陛下の退位を可能にし、退位後の称号を「上皇」とすることなどが定められている。採決では自由党を除く各党が賛成したが、民進党の枝野前幹事長や自民党の斎藤農水副大臣らが棄権した他、無所属の亀井静香議員らが反対に回った。 特例法案は参議院 ...

退位法案が衆院通過
中日新聞 - ‎2017年6月2日‎
衆院本会議では民進党の枝野幸男前幹事長が棄権、無所属の亀井静香元金融担当相らが反対した。自由党は棄権した。 法案は皇位継承を定めた皇室典範の特例とし、対象は陛下一代限りとするが、将来の天皇が退位する際の先例とする形だ。歴史上、略称として使われた「 ...

参院で7日審議入り
毎日新聞 - ‎2017年6月2日‎
無所属の亀井静香元金融担当相、上西小百合、武藤貴也両氏の計3人が反対した。 1日に衆院議院運営委員会で採択された付帯決議は「女性宮家」創設などの検討を政府に求めた。自民党内の保守派からは不満が出ている。参院特別委理事の有村治子前女性活躍担当相 ...

退位法案、参院7日審議入り 9日に成立の見通し
東京新聞 - ‎2017年6月2日‎
天皇陛下の退位を実現する特例法案は二日の衆院本会議で自民、民進、公明、共産、日本維新の会、社民各党などの賛成多数により可決された。七日に参院特別委員会で審議入りし、九日に成立する見通し。採決では、自由党のほか、民進党の枝野幸男前幹事長らが棄権。

「退位」特例法案 衆院通過
テレビ東京 - ‎2017年6月2日‎
採決には、自由党を除く各党が賛成したものの、斎藤健農水副大臣や民進党の枝野幸男前幹事長らが棄権し、亀井静香議員など一部の無所属議員らが反対しました。法案は参議院での審議を経て、特別委員会で審議を行い、来週金曜日にも成立する見通しです。

“天皇退位”特例法案が衆議院通過 来週中に成立へ
テレビ朝日 - ‎2017年6月2日‎
また、付帯決議では、女性宮家の創設を検討することも明記されています。本会議では自由党の小沢代表や斎藤農水副大臣らは棄権し、民進党の枝野前幹事長らが欠席しました。亀井静香元金融担当大臣は「天皇陛下は終身、その地位にいなければならない」などと反対しま ...

匿名 さんのコメント...

「昭和20、21年頃、昭和天皇に退位していただき、裕仁(ゆうにん)上皇として仁和寺で余生を送ってもらうプランがあったと、聞いたことがあります」
と明かした。計画者は近衛文麿・元首相だったと、聞いているそうだ。http://news.livedoor.com/article/detail/13214583/

匿名 さんのコメント...

退位後の京都の役割とりまとめ

天皇陛下の退位に向けた特例法が公布された中、京都の政財界のトップらが、19日夜、会合を開き、退位が実現したあとに京都が担う役割について、近く、とりまとめたうえで国に伝えることで一致しました。
京都府や京都市、経済界などでつくる懇話会は、京都にも皇族に住んでいただいたうえで、東京と京都の双方が都としての機能を果たす構想を4年前に公表しています。
19日の夜は、15回目の会合が開かれ、京都府の山田知事や京都市の門川市長、それに京都商工会議所の立石会頭らが出席して、天皇陛下の退位に向けた特例法が公布されたことをめぐって、意見を交わしました。
この中で、皇室の歴史や制度に詳しい京都産業大学の所功名誉教授は、「天皇陛下が退位されたあと、京都に滞在される期間は長くなると思うので、受け入れられる態勢を整備する必要がある」などと述べました。
そして、懇話会では、近く、会合を開いて京都が担う役割についてとりまとめ、国に伝えることで一致しました。
会合のあと、山田知事は記者団に対し、「天皇陛下のお気持ちに沿った形で考えることが大事だ。有識者の意見を踏まえて京都として何が出来るのか提案したい」と述べました。
06/20 11:12
www3.nhk.or.jp/lnews/k/kyoto/2014249441.html

>皇室の歴史や制度に詳しい京都産業大学の所功名誉教授は、「天皇陛下が退位されたあと、京都に滞在される期間は長くなると思うので、受け入れられる態勢を整備する必要がある」

モラロジー

匿名 さんのコメント...

京都御所の環境整備など提案へ
07月06日 13時01分
天皇陛下の退位後に京都が担う役割について話し合う会合が開かれ、国に対して、京都御所の環境整備や京都での宮中行事の復活などを提案することになりました。
京都府や京都市、それに地元の経済界などでつくる懇話会は、京都にも皇族に住んでいただいたうえで、東京と京都の双方が都としての機能を果たす構想を4年前に公表しています。
懇話会の会合が、6日、京都市下京区で開かれ、天皇陛下が退位したあとに京都が担う役割について、国に提案する内容が大筋でまとまりました。
この中では、「両陛下が京都でひとときを過ごされるみ心があれば、この上ない喜びです」としたうえで、国に対して、▼京都御所の環境整備をはじめ、▼桂離宮や二条城での園遊会やお茶会の開催、それに宮中行事の復活などを検討するよう求めています。
さらに新しい天皇の即位に伴う儀式や行事についても、「皇室と京都の関わりを踏まえ、何らかの形でお役に立ちたい」としています。
京都府などでは、この内容をさらに精査したうえで、今後、国に提案することにしています。
京都府の山田知事は、「京都の思いを伝えたうえで、今後、国と具体的な話を進めていきたい」と話していました。
www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2014509971.html

お金はどこから出てくるのでしょう