2016年11月17日木曜日

繊維派=宗教利権屋 毛皮派=反宗教利権屋 


Fur即ち毛皮をゲットするには・・・








要するに近年、精神的に成熟した白人社会で宗教利権屋が荒稼ぎできなくなってしまったわけですよ。
で、世界中の精神的にまだ未発展な色付きどもをうまく持ち上げて洗脳して利用し荒稼ぎしようってのが世界連邦運動や国際リベラル派等の本質なわけ。で、その活動のバイプロダクト、即ち汚物的副産物がパヨク脳なポリコレだの差別だのヘイトだのと騒ぐ自分たちが絶対正義だと盲信してる非常に暴力的な困ったちゃんたちなわけ。(爆wwwwwwwww

で、繊維派はそれで荒稼ぎしたわけだけど汚物的副産物の公害が世界的に許容範囲を超えて酷くなりすぎてこのままじゃいかんと繊維派自らが発動したのがプロトコルXなわけですよ。勿論毛皮派からの圧力もあったでしょうけどね。(爆wwwwwww







、、、(爆wwwwwwwwwww

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ありがとうございます。


宗教離れした者よりも、宗教どっぷりな者(色付き)の立場が上になれる(≒そのほうが宗教に金が落ちる)よう
「ポリコレだの差別だのヘイトだの」という武器を持ち出した(持たせた)のが繊維派(宗教利権屋)…という理解な現状。


Kosher、キーワード過ぎ…。


汚れ等も丸洗いで落とせて、着用しても肌が痒くならず、そして安価な毛皮…あるのかどうか(アトピー性皮膚炎のバーカ…)


しかし…なんというか…日本って「宗教“以外”で何に金を落とさせることができるか」の実験場になってるような(その産物の一例が「クールジャパン()」)…日本に限らないか…

てんこもり野郎 さんのコメント...

>日本って「宗教“以外”で何に金を落とさせることができるか」の実験場

その通り。日本は実験場ですよ。(爆wwwwwww

匿名 さんのコメント...

土人の国だから、ということですね。

匿名 さんのコメント...

> 土人の国だから、ということですね。

バカの一つ覚えで土人連呼(笑)キムチ臭すぎワロス
土人はキムチ精神汚染された日本人であって平均的な日本人ではない(笑)

> 実験場
(あくまで世界的に見て)比較知能は高く物やサービスが溢れていて国民の質が平均的だからでしょう
大人しく我慢強く上から与えられたモノに対してヘンなイデオロギー的反発をしない
(キムチまみれとか底辺日本人は除く)
衣食足りて礼節を知ると言う諺通り、とりあえず食い物と寒さをしのぐ服、安全な住処の3点が
満たされてないと人間という動物は頭が他の事に働かない(笑)
マズローの欲求5段階説(生理的欲求>安全欲求>社会的欲求>尊厳欲求>自己実現欲求)みたいなもんですわ
ワイの実体験から言うともっと大雑把に分かれてる気がしますけどねw
食欲・安全が満たされると次は増えたくなるんですよw性欲ですね
社会的欲求もそれにつながってるでしょう(他人に認められたい=より良い異性をゲットしたい)
もう少し進歩すると自己実現etcでしょうねw
他人に認められたいだけでなく地球上の一生物としてどうあるべきか
日本はより良い異性をゲットしたい=目立ちたい辺りで止まってると思いますよ(爆)
バカッターなどの個人のSNSメディア、流行物に飛びついて実況・体験報告なんかいい例でしょう
均質である事を重視しすぎたせいで、仲間同士の足の引っ張り合いが酷くなってそれ以上
人間集団としては進歩しなくなってしまった(笑)
平均的=一番メジャーそうな事を真似さえしていればいいと考える思考停止脳も増える要因になった
長所であるはずの我慢強い・与えられたモノを反発せずに受け入れる、が弱点にもなり
そこが寄生虫ウィルス=キムチプロトコルがつけこむスキにもなった
足を引っ張り合うせいで有能なリーダーを身内から選出出来ない
まぁ家畜の安寧、虚偽の繁栄ですな(笑)家畜の癖に飼い主より偉そうなのがキムチ脳(核爆)
ワイもそうですが飼われている方が楽なんですよほとんどの凡人は(爆)
でもそれだとどんどん生物は質が落ちていくように出来てるんですな
現世代は良くても子孫は更に質が落ちますからイラナイ子を放っておけば伝染して最終的には元通りの動物化(爆)

匿名 さんのコメント...

なんでも鑑定団…いい仕事してますね(何

音楽、絵、マンガ、アニメ、ゲーム、アイドル、 ←オタク全般
美術、骨董、
ファッション、美容整形、
グルメ、商業化バレンタイン・クリスマス、
ゆるキャラ、
冠婚葬祭(年賀状とかも…)、車、家、
スポーツ(特に夏の甲子園)、オリンピック…

ギャンブル、ヤク(等の依存症につながるもの)…



ずぅーーーーーっと違和感のあった色々なものごと
これまでの点が線でどんどんつながっていく感じ





電通の鬼十則
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

裏十則
1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。
8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。

匿名 さんのコメント...

部落差別解消法案が衆院通過=今国会成立へ:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111700050&g=pol

 部落差別解消に向けた教育・啓発促進などの施策を柱とする新法案が17日の衆院本会議で、与党と民進党などの賛成多数で可決された。参院に送付され、今国会で成立する見通し。
 同法案は「部落差別を解消する必要性に対する国民の理解を深めるよう努め、部落差別のない社会を実現する」と明記。国や地方自治体に対し、相談体制の充実や教育・啓発活動を求めている。国が自治体の協力を得て部落差別の実態調査を実施することも盛り込んだ。(2016/11/17-13:18)



衆法 第190回国会 48 部落差別の解消の推進に関する法律案
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC129A.htm
>議案提出者 二階 俊博君外八名

[自・公・民] 二階俊博 逢坂誠二 残り7名が分からず。



ん~

コレも通るんですかね…

190 57 性的指向又は性自認を理由とする差別の解消等の推進に関する法律案 衆議院で審議中

匿名 さんのコメント...

>2016年11月17日 8:00

エロが抜けてちゃ意味がない


時代錯誤な似非革命家を隠すならエロの中、キムチカルトや偽札を隠すならタイ、カンボジア
http://tokumei10.blogspot.jp/2007/06/blog-post_30.html

匿名 さんのコメント...

自分たちが「これからも」絶対正義だと盲信してる非常に暴力的なほど世界連邦脳症の困ったちゃんたち

"During the early 20th century until the end of World War II, known as the pre-1945 Shōwa era, in Japan, the propaganda of the Empire of Japan used the old concept of hakko ichiu to support the idea that the Yamato were a superior race, destined to rule Asia and the Pacific. Many documents, such as Kokutai no Hongi, Shinmin no Michi, and An Investigation of Global Policy with the Yamato Race as Nucleus, discussed this concept of Japanese supremacy."

「これからも」による「これからも」のための「これからも」絶対的な安全保障を確認

Japanese supremacy こと *