2016年10月28日金曜日

Pete Burns@Dead or Alive is Dead




ピート・バーンズ(Pete Burns、1959年8月5日 - 2016年10月23日)は、イギリス出身のシンガーソングライター。イギリスのハイエナジーバンドデッド・オア・アライヴ」のリーダーでありボーカルを務めている。妖艶なルックスに加え、容姿とは裏腹な野太いボーカルが印象的。[要出典]
1959年8月5日、イギリスのリヴァプールにて、ドイツ系ユダヤ人イギリス人の間に生まれた。母はユダヤ人であるためナチス政権に迫害を受け、ドイツからオーストリアに逃げていた時に、ウィーンにてイギリス軍の兵士だった父と知り合った[1] 。母親はオシャレな美女で人目をひく魅力があったが、異国の地での生活に馴染めず、アルコール使用障害精神疾患を患っていった。兄弟は11歳上のが一人おり、その兄の影響でビートルズ等の60年代の音楽にとても詳しくなった。だが、ピートの憧れはアメリカの女優や女性歌手だった。生活環境はかなり悪く、父親は勤勉な労働者であったが妻の堕落が受け入れられず半ば家庭放棄の状態であった。また、当時はユダヤ人に対する迫害も厳しかった。そんな中、専らピートが母親の世話をして暮らしていた。
少年期は実際は美少年だったにも係わらず顔に酷くコンプレックスを持っていたという。自分の顔が気に入らず顔に絵の具を塗ったり勝手に化粧するなどしていたという[2][出典無効]。10代の頃から髪を染め、眉毛を剃って奇抜なファッションに身を包むようになった。そのため学校では浮いた存在となり登校拒否になった。
また日本語WIKIからは肝心のもんが・・・(爆wwwwwww




Burns was born in Bebington, Cheshire on 5 August 1959.[2] His mother, Evelina Maria Bettina Quittner Von Hudec (1913–1987),[3] was born in Heidelberg, Germany. As her father was Jewish, she moved to Vienna to escape the anti-Semitic laws of the Nazis.[4][5] It was in Vienna that she met Burns's father, Francis Burns (who is from Liverpool), then a British soldier, at a soldiers' tea dance.[6][7]


The Heidelberg Disputation was held at the lecture hall of the Augustianian order on April 25, 1518.[1] It was here that Martin Luther, as a delegate for his order, began to have occasion to articulate his views. In the defense of his theses, which culminated in a contrast between divine love and human love,[2] Luther defended the doctrine of human depravity and the bondage of the will. Martin Bucer, the reformer of Strasbourg, heard Luther here and became an avid follower.[3] This disputation also led to Johann Eck challenging Martin Luther to the Leipzig Debate.[4]












、、、(爆wwwwwwwww

1 件のコメント:

GABRIEL さんのコメント...

イケメンだったのに
抗えなかったのか

環境は大事ねぇ