2016年8月15日月曜日

SMAPと酒井政利と帝銀事件と日本芸術院



SMAP解散発表のタイミング「遅すぎた」 元チーフマネジャーを紹介した酒井政利氏の疑問

ジャニーズ事務所の事情に詳しい音楽プロデューサーの酒井政利氏(80)は、SMAPの解散発表のタイミングについて、「遅すぎたのでは」と疑問を呈した。

酒井氏は、レコード会社時代に郷ひろみのプロデュースを手がけ、SMAP解散の引き金となった元女性チーフマネジャーをジャニーズ事務所に紹介した人物でもある。

元女性チーフマネジャーとは「今年1月の騒動以来、連絡を取っていない」としながら、「いつも現場の先頭に立ってシャープに采配をふるっていた。SMAPにとっては姉であり、母というより父親的存在。1月の騒動発覚以来、船頭を失った船が出港できないような状態だった」とみている。

騒動以降メンバーは存続を模索。一度はファンに向けてテレビで謝罪した。

「あれで『国民的人気グループ』としての神秘性が消え、5人の間にすきま風が吹いていた。1月に解散すべきで、発表は遅いと思った。実は昨年暮れの紅白歌合戦を見たときからメンバー間の表情がおかしいと思った」

酒井氏が不協和音を危惧する間もファンは25周年記念のCDやコンサートを心待ちにしていた。

「ひいきの引き倒しという言葉がある。ファンはグループを続けてほしいだろうが、メンバーそれぞれは表現力としての演技やダンス、音楽が年齢的に到達していない。辛くいえば、再スタートの良いチャンスだ」

メンバーの今後については、「中居はMCの能力に光がある。木村はドラマ、映画で数字を稼いできたが、今後ヒットを続けるのは苦難の道だ」と指摘。「年齢を重ねて得をするのは味のある草なぎと、文学的な才能がある稲垣」とした上で、元女性チーフマネジャーに最も心酔していたと言われる香取については、「コンサートでの演出能力を買われ、目をかけられていた。それだけにマネジャーが抜けた今、もっとも空虚なのかもしれない」と思いやった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000010-ykf-ent







平沢貞通との関わり

帝銀事件で死刑判決を受けた平沢貞通が京都で画家として活動していた時代に酒井の母をモデルとしたことがあった[3]。これをきっかけにして酒井は平沢の隠し子だとする報道がセンセーショナルになされた[3]。1998年に酒井は「ばかばかしい話」だと否定した[3]週刊文春2001 年新年号で酒井が語ったところによると、、実母は平沢の絵のモデルになった経験があり、平沢も弁護士に対し事実である可能性を示唆する発言をしたとされる が、平沢には長期の拘禁などによる妄想症状もあって、真相は最後まで不明だったという。酒井は真相を求めて平沢との面会を希望したが、実現する事は無かっ た。[要ページ番号]


平沢 貞通(ひらさわ さだみち、1892年明治25年)2月18日 - 1987年昭和62年)5月10日)は、日本テンペラ画家北海道小樽市出身[1]東京府生まれ)。雅号大暲(たいしょう)、後に光彩(こうさい)[2]
戦後の混乱期に発生した大量毒殺事件である帝銀事件犯人として逮捕され、死刑が確定する。だが刑の執行も釈放もされないまま、逮捕から死までの39年間を獄中で過ごした。
1911年、日本水彩画研究所に入所。1912年、旧制札幌中学校を経て[3]、同小樽中学校卒業。1913年、日本水彩画会結成に石井柏亭磯部忠一らとともに参画。1919年、第1回帝展に出品。1921年、第9回光風会展で今村奨励賞を受賞。1930年、日本水彩画家会委員に就任。

実力派の画家としての地位を確立していたが、1948年1月26日帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行椎名町支店で男が行員らに毒物を飲ませ12人を死亡させた事件(帝銀事件)の犯人として同年8月21日、突如警視庁に逮捕された。類似事件で使用された名刺を受け取っていたが持っていなかったこと(平沢は財布ごとスリにあったと主張)、過去に銀行相手の詐欺事件を4回起こしていたり、出所不明の現金を持っていたのが決め手ともいわれる。この現金については松本清張らが、当時画家として名が売れていた者としては不名誉な副業(春画作成など)で得たものと推理している。


石井 柏亭(いしい はくてい、1882年明治15年)3月28日 - 1958年昭和33年)12月29日)は日本の版画家洋画家、美術評論家。
1882年(明治15年)東京府東京市下谷区下谷仲御徒町(現在の東京都台東区上野)生まれ、本名石井満吉。父は日本画家の石井鼎湖で、弟は彫刻家の石井鶴三である。母はふじ。
1892年(明治25年)、11歳の時から柏亭と号して日本美術協会や青年絵画共進会に作品を出品、これ以降、毎年作品を出品しながら、印刷局工生として彫版の見習い生となっている。1897年(明治30年)浅井忠に入門し、油絵を学び、1900年(明治33年)に結城素明らが自然主義を標榜して結成した无声会に参加、新日本画運動を推進した。また、中村不折にも師事しており、1902年(明治35年)に結成された太平洋画会に参加。1904年(明治37年)東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)洋画科に入学するが、眼病のため中退。雑誌『明星』に挿絵を描いたり、また詩作を発表した。
1907年(明治40年)、山本鼎とともに美術雑誌『方寸』を創刊(ドイツの「ユーゲント」等を念頭に置いたといわれる)。近代創作版画運動の先駆をなした。1908年(明治41年)木下杢太郎北原白秋ら文学者とパンの会を結成した。隅田川沿いの料理屋において結成された、このパンの会では江戸情緒が追慕され、彫師伊上凡骨との木版画制作につながっていった。この頃の版画に1910年(明治43年)版行の「東京十二景」、「木場風景」などがある。「東京十二景」は、外遊前後の作品(1910-1914年)であり、伊上凡骨が下絵を彫っている。この2つのシリーズは、浮世絵木版画の形を取っており、新版画に分類されるものである。特に「東京十二景」シリーズでは、女性が一人いて、上部のコマ絵には東京の風景が描かれていた。また、三代歌川豊国による錦絵「江戸名所百人美女」という作品を模して制作された作品であり、琅玕洞(後に柳家書店・青果堂)という画廊から1枚25銭で販売された。なお、「東京十二景 よし町」に描かれたモデルは芸者の五郎丸であった。技法的には山本鼎ほど多角的ではなかったが、水彩スケッチの感触を生かした木版風景画を多く残している。
1910年(明治43年)12月、渡辺銀行の専務、渡辺六郎の支援でヨーロッパに外遊、1912年(明治45年)に帰国。1913年(大正2年)、「日本水彩画会」を創立、1914年大正3年)には有島生馬らとともに二科会を結成した。1922年(大正11年)東京帝国大学工学部講師。西村伊作が創立した文化学院に招かれて教壇に立った(後に美術部長を務めた)。

1928年(昭和3年)フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章受章、翌1929年(昭和4年)『中央美術』を創刊、1935年(昭和10年)帝国美術院会員となり二科会を辞す。1936年(昭和11年)一水会を結成、1937年(昭和12年)帝国芸術院会員、1949年(昭和24年)日展運営会理事、没後正四位勲二等旭日重光章受章。享年76。墓所は文京区の護国寺共同墓地九通。法名は彩光院釈柏亭居士。





、、、(爆wwwwwwwww

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

鳥貴族、酎ハイに消毒用アルコール 泡立ち多く客が指摘
http://www.asahi.com/articles/ASJ8H5DGFJ8HPLFA003.html

関ジャニ∞大倉くんのパパのお店...)w

匿名 さんのコメント...

彩管報国

匿名 さんのコメント...

"日本国内におけるフランス美術の影響"

匿名 さんのコメント...

御贈進品の購入(特命随意契約)

匿名 さんのコメント...

酒井政利 安倍昭恵