2016年8月15日月曜日

日本芸術院と日本美術院にロックオン!






松尾 敏男(まつお としお、1926年3月9日 - 2016年8月4日[1])は、日本画家日本芸術院会員、日本美術院理事長。
長崎県長崎市生まれ。堅山南風に師事。東京府立第六中学校(現・東京都立新宿高等学校)卒業。在学中は体操選手であった。1949年に『埴輪』が院展初入選。以後院展に出品を続け、1962年初の院展奨励賞、1966年院展日本美術院賞、1971年芸術選奨新人賞、1975年院展文部大臣賞、1979年日本芸術院賞[2]。1988年多摩美術大学教授に就任。

1994年、日本芸術院会員。1998年、勲三等瑞宝章。2000年、文化功労者。2012年、文化勲章受章[3]

堅山 南風(かたやま なんぷう、本名:熊次、1887年明治20年)9月12日 - 1980年昭和55年)12月30日)は昭和を代表する日本画家の一人。
熊本県に生まれる。熊本市立壺川小学校出身。家業はなどの製造卸売。堅山が幼少の頃両親が相次いで亡くなり、経営が傾くも、苦学しながら絵画の勉強をする。23歳の時上京、高橋広湖の門下生になる。

1912年の文展で2等に入選、1等に該当する作品がなかったことから、事実上の最優秀賞に輝いた。この頃から横山大観に師事して日本画を学び、再興日本美術院にて次々と作品を発表する。一時的にスランプに陥り、インドに渡る。1958年、日本芸術院会員。1968年、文化勲章受章。

横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、1868年11月2日明治元年9月18日) - 1958年昭和33年)2月26日)は、日本美術家日本画家常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。帝国美術院会員。第1回文化勲章受章。死後、正三位勲一等旭日大綬章追贈された。茨城県名誉県民東京都台東区名誉区民。本名、横山 秀麿(よこやま ひでまろ)。
熱烈な勤王派であった父・捨彦、思想家としても著名であり国粋主義者とも称された師・天心の影響を色濃く受けた大観は、自身も国粋主義的な面を持ち、日本の象徴である勇美な富士山を好んで題材としたほか、皇室にもたびたび絵を献上していた。また、支那事変太平洋戦争大東亜戦争)当時の日本では、銃後の個人や団体が陸海軍に対し兵器生産費用分を寄付する運動が盛んに行われており(対象は主に戦闘機爆撃機など軍用機が多くこれらは愛国機・報国機と称されていた)、大観も自らが売却した絵の代金を帝国陸軍に寄付し九七式重爆撃機・「愛國445(大観)」号などを献納している。終戦後にはGHQより戦犯容疑者として取り調べを受けた事もあった。


六角堂(ろっかくどう)は、茨城県北茨城市大津町五浦(いづら)にある六角形建築物明治時代岡倉天心(岡倉覚三)が思索の場所として自ら設計したもので、茨城大学が管理する[2][3]五浦六角堂[4][5]五浦の六角堂[6][7]とも称する。「関東松島」の異名を持つ[8]景勝地五浦海岸の中でも優れた景観を示すところに建つ[9]岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦の一部として登録記念物に登録されている[1]
天心による六角堂は茨城大学美術文化研究所六角堂(いばらきだいがくびじゅつぶんかけんきゅうじょろっかくどう)の名称で国の登録有形文化財に登録されていたが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波の直撃を受け、土台のみを残して姿を消した[10]2012年(平成24年)4月17日に完成式が行われ、再建された[11]


父の岡倉覚右衛門は福井藩の下級武士ながら商才に長けていたことから、福井藩の横浜商館「石川屋」の手代務に命じられ、石川屋善右衛門と名を改め、商人となった。廃藩置県により石川屋が廃業となると、東京・蛎殻町にあった福井藩の下屋敷跡で旅館「岡倉旅館」を開業。[3]
母のこのは福井県出身で、4人の娘を残して前妻を亡くした覚右衛門の後妻として29歳で結婚。165cmの長身だったという。長男・港一郎(16歳で死亡)、次男・角蔵(天心)、三男・由三郎、五女・蝶子を産むが、37歳で死亡。兄の港一郎が脊椎カリエスで手がかかったため、角蔵は橋本左内の遠縁にあたる乳母に育てられた。[3]
妻の基子との間に生まれた長男の岡倉一雄は朝日新聞記者で、岡倉覚三の伝記をまとめた。孫(一雄の子)の岡倉古志郎非同盟運動にも関わった国際政治学者、曾孫(古志郎の子)長男の岡倉徹志中東研究者、玄孫(徹志の子)長男の岡倉禎志写真家、玄孫(徹志の子)次男の岡倉宏志は人材開発コンサルタント、西洋史学者の岡倉登志は天心の曾孫にあたる。

岡倉家の祖先は、浅井長政が有名な近江戦国大名浅井氏の一門であるという。







藤堂 高虎(とうどう たかとら)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名伊予今治藩主。後に伊勢津藩の初代藩主となる。藤堂家宗家初代。
何度も主君を変えた戦国武将として知られる。築城技術に長け、宇和島城今治城篠山城津城伊賀上野城膳所城などを築城し黒田孝高加藤清正とともに名人として知られる。高虎の築城は石垣を高く積み上げることとの設計に特徴があり、石垣の反りを重視する加藤清正と対比される。








、、、(爆wwwwwwww

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

G術印は解体推奨w

匿名 さんのコメント...

華族世襲財産審議會

匿名 さんのコメント...

五十六とかゴローとか5&6なエリア11的フラグネームなわけですなぁw

ご近所 さんのコメント...

今日そう言えば歩いたエリアはw
やたらとアートギャラリー()が多かったですねー
昔はそんなの無かったのにwww

前にも書きましたが、松尾、って苗字、大量に何故か居る我が田舎