2016年8月9日火曜日

日本国内におけるキムチ・唐物勢力最強ケツモチ@桓武平氏ラインにD-Flag

天皇陛下、日本にこれからも皇室は必要だといふお気持ちを表明(爆w
http://tokumei10.blogspot.com/2016/08/blog-post_86.html


いくらご熱心でも結果が伴わないとダメダメなんですよ。(爆w
http://tokumei10.blogspot.com/2016/08/blog-post_54.html

















、、、(爆wwwwwwwwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

韓国は、かつて日本に植民地支配されたことから、世論は「天皇制」に否定的です。しかし、今の天皇陛下は憲法を守る平和主義者として知られ、韓国にも友好的な発言をしていることが評価されており、陛下ご自身への批判はほとんどありません。天皇陛下が韓国を訪問したことはありませんが、一部のメディアからは、早くも「退位すれば訪問しやすくなる」という記事も出るなど、生前退位の行方が注目されています。(08日16:37)
TBS

匿名 さんのコメント...

 生前退位の意向を周囲にしめされている天皇陛下が八月中にも自らの「お気持ち」を表明される見通しになったことについて、学習院初等科から大学までの同級生で、ジャーナリストの橋本明さん(83)は本紙の取材に「お体の状態から責任を全うできないと思われたのかもしれないが、もうひと頑張りしていただけないか」と心配そうに語った。

 橋本さんは、今年に入って学習院初等科のクラス会などで、陛下と三回会ったという。「とりとめのない話しかしなかったが、受け答えも明快で、昔のこともよく覚えておられる。足元もしっかりしていて、『まだまだ現役でいける』と安心していた」

 思い当たるのは、昨年八月十五日の全国戦没者追悼式という。陛下はおことばを述べる手順を間違え、同年十二月の誕生日に先立つ記者会見で「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と言及した。
橋本さんは「ご本人はこれが相当ショックで、以来一年かけて考えてきたのではないか」と推し量る。

 陛下の負担を軽減するため公務の削減が図られてきたが、現実にはあまり進まなかった。この点についても「削減されると、自己否定されているような気分なのだろう」とおもんぱかる。

 橋本さんは「天皇自身の意思に基づく譲位や、女性宮家も認めた方がいい。制度が硬直化して現実に合っていない」と、皇室典範の改正には理解を示す。一方で「八十歳を過ぎたら忘れっぽくなるのは当たり前だし、体の悪いところは治せばいい」とも指摘する。

 日本が終戦まで三十五年間にわたり植民地として支配した韓国への訪問に、陛下が強い意欲を持っていると感じるという。
「懸案の歴史問題も陛下が訪問されれば氷解する。やり残したことがあるはずだ」と話した。

東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016073002000128.html

匿名 さんのコメント...

鴻臚館 平清盛 日宋貿易