2016年7月30日土曜日

植松聖@帝京大学@大東亜帝国から蔦紋人脈が芋づる式に






大東亜帝国(だいとうあていこく)とは、日本の大学群の一つを示す通称である。 在京の準中堅私立総合大学のうち、下記の5校もしくは6校が括られており、大東亜帝国の名称は各大学の漢字表記の頭文字の組み合わせによるものである。

でぶりんこひーちゃんの大学や米津さんの大学も・・・(爆wwwwww

一気に無慈悲なGODのお知らせですな。(爆wwwwwwww




蔦紋(つたもん)は、ツタの葉・茎・花を図案化した日本の家紋の一種である。
家紋としての初見は不明であるが、江戸時代に松平氏が用い、8代将軍である徳川吉宗が用いたことから広まったともいわれる。 『見聞諸家紋』には、椎名氏(蔦)、富田氏(蔓蔦)、高安氏(竹笹輪に蔦)が載せられている。 ほかに『寛政重修諸家譜』には、津藩藤堂氏が「藤堂蔦」、本荘藩六郷氏西尾藩(大給)、小島藩(滝脇)、棚倉藩(松井)ら各、松平氏が「蔦」で載せられている。[2][3]

また、ほかの樹木や建物などに着生する習性から付き従うことに転じて、女紋として用いられることがあった。 蔦が絡んで茂るさまが馴染み客と一生、離れないことにかけて芸妓娼婦などが用いたといわれる[2][3]














、、、(爆wwwwwww


おまけ





藤堂氏(とうどうし、とうだうし)は、日本氏族近江国犬上郡藤堂村(現在の滋賀県犬上郡甲良町在士)が発祥。戦国時代藤堂高虎が出て発展し、江戸時代津藩を領する外様大名となった。

藤堂氏の出自については諸説ある。

はじめは中原氏を称していた(歴名土代)。藤堂高虎のとき近衛信尋と親しかったことから藤原氏を称したらしく、『寛政譜』において自家を藤原氏としている。

近江国豪族であったが、虎高武田信虎に仕えて偏諱を受けたという。のち浅井亮政に仕えた(『寛政重修諸家譜』、太田亮『姓氏家系大辞典』)。
虎高の子・高虎は、浅井氏阿閉氏磯野氏織田氏豊臣氏徳川氏と主を次々と乗り換え、最後は伊勢国津藩三十万石を手に入れる事に成功している。
幕末鳥羽・伏見の戦いが起こった際、俗説では、当主藤堂高猷は真っ先に幕府方から官軍に寝返って幕府方に砲撃を加え、「津藩は藩祖の教えがよく受け継がれている」と称されたという。
維新後、本家は伯爵、大名の分家は子爵に列した。

藤堂氏は高虎の子孫たる津藩藩主家と支藩のほか、高虎の兄弟と高虎養子・高吉の子孫が連枝としてあった。なお藩主夫人の実家も藤堂姓を名乗っている。また血縁関係に関係なく、高虎の草創期からの功臣にも藤堂姓が与えられていた。


1 件のコメント:

GABRIEL さんのコメント...

昨今の高齢者向け施設
金主や理事がアレじゃなく
土建業界 箱モノ性産業男女
流入中なんだそうで

まあ医療業界でも一定数
下が緩い男女見聞しますが
wwwwww
ガテン系風俗系は過去断絶
してないのは半グレ扱いで
昔の仲間(笑)と連んでる
輩は風紀ガチで乱すレベル

前々から下半身緩い業界
他にもあるけどね

米軍兵士のTATOOと
日本人?の入れ墨は
意味が全く違いますから
YAKUZAで墨なしいるし
此処重要