2016年6月1日水曜日

韓国と北朝鮮とイスラエル建国のために多くの日本人が鬼畜大日本帝国軍部とパヨクの朴さんに犬死させられた戦争

両陛下、小金井公園を訪問…御仮寓所跡など散策
2016年05月31日 20時58分

天皇、皇后両陛下は31日、東京都小金井市の都立小金井公園を訪問された。

同公園は、戦災で焼けた学習院中等科が、終戦後の1946年から49年まで移転していた場所で、当時皇太子だった陛下は、園内に建てられた仮住まいの「御仮寓所」から通学された。

今年は小金井移転から70年に当たり、陛下は御仮寓所跡に建てられた記念碑の前で、「あの辺が御仮寓所があった所じゃないかな」などと皇后さまに説明しながら当時を懐かしまれた。さらに、当時のままの雑木林を散策したり、近くの農園に足を運ばれたりした。
2016年05月31日 20時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160531-OYT1T50112.html


小金井公園には1954年から1991年まで、古代住居や江戸時代の農家を移築・展示する武蔵野郷土館があったが[3]、江戸東京博物館の開館に合わせて、武蔵野郷土館を拡充する形で1993年(平成5年)3月に開園した。高い文化的価値がありながら現地保存が困難となった江戸時代から昭和初期までの30棟の建造物を移築復元し展示しており、開園20周年となる2013年(平成25年)3月に最後の1棟となるデ・ラランデ邸の移築復元が完成した[4]
宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』(2001年)の作画には、たてもの園の銭湯や下町の商家建築のデザインが参考にされた。この縁で2002年には園内で「千と千尋の神隠し展」と映画「千と千尋の神隠し」の屋外上映会が開催された。シンボルキャラクターの「えどまる」は宮崎のデザインである。


南北キムチサマナ及び反英米サマナ大敗北の不可逆的Confirmationですね。(爆wwwwwww







ゲオルグ・デ・ラランデGeorg de Lalande1872年9月6日 - 1914年8月5日)はドイツ出身の建築家日本で設計事務所を開き、風見鶏の館をはじめとする作品を残した。日本にユーゲント・シュティールと呼ばれる建築様式をもたらしたとされる[1]
ゲオルク・デ・ラランデゲオルグ・デ・ラ・ランデゲオルク・ド・ラランドゲオルグ・ド・ラロンドゲー・デラランデゲオログ・デラランデゲー・ヅララン等とも表記される。

1872年9月6日、ドイツ帝国を構成するプロイセン王国ヒルシュベルク(現:ポーランドイェレニャ・グラ)で、建築家、オイゲン・デ・ラランデ(Eugen de Lalande)の長男として生まれる[2]ユダヤ系とされる[3]。1894年シャルロッテンブルク工科大学(後のベルリン工科大学)を卒業し、ブレスラウ(現:ポーランド領ヴロツワフ)、グローガウ(現:ポーランド領グウォグフ)、ウイーンベルリン上海天津などで仕事をした後[4] 、ドイツ人建築家リヒャルト・ゼールの招きで1903年に横浜へ渡った同年、ゼールがドイツへ帰国したため、建築設計事務所をそのまま引き継いだ。デ・ラランデは横浜だけでなく東京、京都、大阪、神戸、朝鮮など日本領内の各地を巡り仕事をした。ドイツ世紀末の様式であるユーゲント・シュティール高田商会などでも知られる[5]
1913年、母国プロイセンより、ロイヤル・アーキテクトの名誉称号を贈られた[6]
朝鮮総督府の仕事のため京城(現:ソウル)へ出張中に肺炎で倒れ、内地に戻って、1914年8月5日に東京で亡くなった。当時のドイツ語週刊新聞に掲載された死亡広告によれば、死因は肺炎である[7]。なお、死因については、第一次世界大戦が勃発したことで租借地防衛のため青島へ渡るかどうか悩み、酒に溺れたため[8]、あるいは「(日独)両国の対立に悩み、心労が重なって、心臓にショックを起こした」ため[9]とも言われる。

妻エディータ(略称エディ、エヂ。旧姓ピチュケ)はデ・ラランデの死後、5人の子どもを連れてドイツに帰国したが、後に外交官・東郷茂徳(後の外務大臣)と再婚した。














本来、南北コリアとその黒幕である汚腐乱巣こそ被害者である日本と米国に謝罪と賠償するべきなんですよ。(爆wwwwwwwwwwww


そしてそれは大多数の日本人にとって南北コリアと在日コリアンとの半永久的絶縁を意味するかもしれないわけです。(爆wwwwww






13 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

>そしてそれは大多数の日本人にとって南北コリアと在日コリアンとの半永久的絶縁を意味するかもしれないわけです。(爆wwwwww

半永久的絶縁なんて遠慮せず永久的絶縁で何ら問題ないんですけどね。

匿名 さんのコメント...

沖縄 大麻 自生
宮古島 大麻 自生

恒例の方々検索トップに登場でワロスwwwww
面白いもん見つけたので貼っておきますね(笑)

http://headshopokinawa.ti-da.net/e8536085.html

安倍昭恵首相夫人が語る「大麻(ヘンプ)は“捨てるところがない”有用な植物」

匿名 さんのコメント...

レギオン(爆) 無いわwwww

十 A X ヘブンwww

GABRIEL さんのコメント...

>大多数の日本人にとって
>南北コリアと在日コリアンとの
>半永久的絶縁を意味するかもしれないわけ

周囲見ていても
帰化や混血かなり進んでますが
日本で生まれ育った在日KOREAN
未だ帰化していないでいる界隈が
対象ですかね?
日本帰化しても日本国に寄与せずな
方々とも絶縁出来得る?

匿名 さんのコメント...

>南北コリアとその黒幕である汚腐乱巣

保育園に子供を預けるなんて…

幼稚園の対象年齢引き下げ? いや厳しいか
保育園の管轄を厚労省から文科省に? それで解決するのか?

(・~・;)

そういえば保育園幼稚園の一元化なんて話も出てましたっけ…

GABRIEL さんのコメント...

御腐乱巣@Paris
水浸しだって

欧州各地の
気象傾向
らしいけど

匿名 さんのコメント...

https://youtu.be/v8Xsz62O-fU

エコノミック・ヒットマンが語るアメリカ帝国の秘史  ―経済刺客、暗殺者、グローバルな腐敗の真相

匿名 さんのコメント...

東郷えぢ以前
1887 エディ・ギーゼッケ(Edith Giesecke)所謂 私生児として誕生 実母没
   叔母夫婦に引き取られピチュケ姓となる
1895 三国干渉(独仏露)
1902 エディ 養父母に伴い来日
 養父
   デヴィッド・カール・ピチュケ 「露清銀行」の幹部(1903没@神戸)
   
   >露清銀行 
     東清鉄道こと中東鉄道、東支鉄道、北満鉄路あるいは北満鉄道
     tokumei10.blogspot.com/2014/11/blog-post_5.html
      天津支店 http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/57616038.html
   
>Pitzschke@ザクセン・ライプツィヒ
    通訳俘虜のクルト・マイスナー 
    http://blog.goo.ne.jp/facilities01/e/d43b5bbf2d5fe809458848eb4d318cba 

    養父はシレジアのユダヤ系富豪アンホールド家と係わりがあった、らしい。
>Eduard Arnhold,coal
  >(Eduard)Arnhold's best friends
      Gustav Krupp von Bohlen und Halbach
      Adolf von Harnack, the president of the Kaiser Wilhelm Society.   
 >Arnhold Leipzig Bankier esperanto  (エスペラント)
    >Arnhold Leipzig Bankier  Freimaurer (フリーメイソン)    

1905 結婚し、 エディス・ラ・ラランデ(Editha de lalande)
1914 夫オルグ・ラ・ラランデ朝鮮総督府庁舎を設計中に急死。
   5人の子供たちを連れて離日、帰国。
1914 日独戦争(WW)
   在独日本大使館(ベルリン)で職を得る。
  (日本時代の知人外交官W・フォン・ラドヴィッツの斡旋)
   von Radowitz Prussia Roman Catholic 
   東郷重徳と知り合う。

ふぁたるすぎ

御負け
Arnhold porcelain collection https://ja.wikipedia.org/wiki/マイセン_(陶磁器) 

匿名 さんのコメント...

訂正 ラ・ラランデ→デ・ラランデ  夫オルグ→夫ゲオルグ 
他 固有名詞に使用したカタカナ表記は複数のうちから適宜選択したものです。

匿名 さんのコメント...

>Arnhold Leipzig Bankier esperanto
the Dresden banking family of Arnhold.
Heinrich Arnhold, Henry H. Arnhold  to the USA in 1942
Henry H. Arnhold ( chairman) Arnhold&S. Bleichroeder
ブライヒレーダー
Gerson von Bleichröder (22 December 1822 – 18 February 1893) was a Jewish German banker. Bleichröder was born in Berlin. He was the eldest son of Samuel Bleichröder, who founded the banking firm of S. Bleichröder in 1803 in Berlin.
ゲルゾーン・フォン・ブライヒレーダー
プロイセン王国のユダヤ系宮廷銀行家。宮廷ユダヤ人の代表的な人物。


Arnhold&S. Bleichroeder 在籍していたのが
ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ@クォンタム・ファンド 1973

匿名 さんのコメント...

2009 ファーストイーグルインベストメントマネジメント

匿名 さんのコメント...

いわゆる皇室外交なるものの功罪について、きちんと検証された痕跡があるのか。
そして、それらが一般の国民に及ぼした影響について、理解できる教育を受ける機会はあったのか。
輝かしい功績のみで、多大な恩恵と名誉を獲得しただけだったのか。
皇室という存在は、あらゆる評価を免れる対象なのか。

匿名 さんのコメント...

Black Ships to Mushroom Clouds: A Story of Japan's Stormy Century 1853-1945