2016年5月31日火曜日

7歳の田野岡大和クンへの「しつけ」@西洋農業発祥の地





ガルトネル開墾条約事件(ガルトネルかいこんじょうやくじけん)あるいはガルトネル事件(ガルトネルじけん)は、日本幕末から明治時代最初期にかけ、函館(当時、箱館)における開墾地租借契約をめぐりプロイセン貿易商との間で発生した外交事件である。
プロイセンの貿易商リヒャルト・ガルトネル(以下、R.ガルトネル)は、クニッフラー商会横浜支社代表から箱館駐在プロイセン副領事となった弟のコンラート・ガルトネルの助力により、箱館近郊の開墾を計画した。慶応3年(1867年)箱館に近い七重村に、箱館奉行杉浦誠から1500坪の開拓許可を得て開墾に向けた準備を開始した[1]。翌慶応4年(1868年)に江戸幕府が瓦解し、この計画はいったん白紙に戻された。箱館奉行所の業務は明治新政府が4月に設けた箱館府(設置時は箱館裁判所と呼称)が引き継ぎ、清水谷公考が府知事に就いた。箱館府民政方判事の井上石見はR.ガルトネルと面会し、蝦夷地の開拓推進のためにR.ガルトネルの計画に同意し、7月ごろより七重村御薬園地の周辺の開墾が始まった。
そのさなかに箱館戦争がはじまり、榎本武揚が率いる蝦夷島政府が10月末に箱館を占領し、箱館府の役人は青森に退却した。R.ガルトネルは蝦夷島政府と交渉し、引き続き同様の開墾を行う同意を得、明治2年2月19日(グレゴリオ暦1869年3 月31日)に「蝦夷地七重村開墾条約書」を締結した。その内容は、七重村およびその近傍の約300万坪を99年間借りることや、有志を選びヨーロッパ農法 を教授すること、などであった。しかしながら事態は大きく変転し、5月11日には明治新政府が箱館を攻撃し、18日には榎本の降伏により蝦夷島政府は倒れ た。5月19日に再び箱館府が設置されると、R.ガルトネルはさっそく箱館府と交渉し、約1か月後の6月16日には「地所開拓之為蝦夷政府アル・ガルトネ ル氏の約定」および「蝦夷島開拓人員之掟則」を早々に締結した。なお、この約定には契約期限が示されていなかった。この約定により、七重村村民は自らの農 地をガルトネルに横取りされるような形となってしまい、周辺住民との間には土地境界や契約を巡るトラブルが絶えず、函館府への陳情もたびたび行われたが、 混乱期でもあり省みられることがなかった。
明治2年7月8日に明治新政府により蝦夷地および樺太の開拓を掌る開拓使が設置された。9月には蝦夷地は北海道に、箱館は函館にそれぞれ改称され、旧箱館府は開拓使出張所と改称され本格的な業務が開始されたが、開拓使は本件を問題視し中央政府にもこの開墾条約の存在が知らされた。この契約が定められた居留地外の案件であることや、この土地を足掛かりに蝦夷地が植民地化されるおそれもあることから、外務省は11月に開拓使へガルトネル条約の契約を破棄するよう伝えた。その後、東久世通禧とガルトネルとの厳しい交渉がおこなわれた結果、明治3年(1870年)11月に62,500両の賠償金を支払うことで契約を解消した。取り戻した土地には同月に開拓使により七重開墾場が設けられたが、その本格的な活用は明治6年(1873年)以降のこととなる。
遺された財産目録によると、開墾地にはアルファルファクローバー等の牧草、リンゴサクランボセイヨウナシなどの果樹や、などの家畜がヨーロッパより導入されている。このため、七飯町は自町を「西洋農業発祥の地」としている。また目録には、プラウなどの農具や、パン焼き竈、温室建造用のガラスなども記されている。R.ガルトネルが故国を懐かしんで植えたと言い伝えられている[2]ブナの林は現存し、樹齢100年を超えるブナの人工林は珍しいことから、「ガルトネル・ブナ保護林[3]」として林野庁が管理している。

なお蝦夷北辺を防備する諸藩にも、ガルトネルは土地を担保にして武器を提供していたことを示す書簡がドイツで見つかっている[1]



イリスC. Illies & Co.)は、ドイツハンブルクに本社を置く、ドイツからの輸入機械を取り扱う専門商社。
社歴は当時江戸時代の1859年デュッセルドルフ出身のドイツ人・クニフラーが、ハンブルクの本社から拠点のバタヴィア経由で長崎の出島に向かい、その後7月1日横浜開港と同時に外国人居留地にてクニフラー商会を設立した事にさかのぼる。
開業当時は銃器、船舶、織物などを輸入し、土佐藩後藤象二郎岩崎弥太郎などとも取引を行っていた。福沢諭吉が開業当時のクニフラー商会を訪れている。 その後、岩崎弥太郎の三菱商会がもととなって作られた日本郵船が欧州航路ハンブルク線を開拓し、クニフラー商会およびその後のイリス商会が行った取引物資の運搬に貢献した。
明治中期になるとイギリスの綿毛製品・鉄・機械・染料・薬品を輸入し、日本からは茶・魚油などを輸出し、日本と海外との貿易拡大に貢献する。
1880年に、カール・イリスによって会社が引き継がれ、商号をイリス商会(伊理斯商会)と変更。1898年には本社をドイツハンブルクへと移転する。その後事業の発展と共に神戸、大阪、築地に支店を開設。東京店では主に陸海軍の御用を務めた[1]。横浜には関東大震災まで所在し、幕末から明治・大正期にかけて急速に近代化する日本の中で、水道、港湾建設、橋梁、鉄道、軍事、紡績、製鉄など、多方面にわたり設備と技術を提供し、大きな実績を残した。
1920年には、ドイツ・ボッシュ社と代理店契約を結ぶ。イリス商会神戸支店の施設内にボッシュ製品修理工場を開設し、ボッシュ社の日本進出の足掛かりとして貢献する。
1941年の太平洋戦争勃発時には、大日本帝国陸軍に対してラ式三十七粍高射機関砲(3.7cm Flak18)を納入。 その後の戦争激化および進駐軍統治に伴い、一時期日本の支店を閉鎖した時期もあったが、戦後もいち早く復興した。
現在は株式会社イリスと社名を変更し、ドイツ製機械の輸入を主業務として、日本中国韓国台湾ベトナムインドインドネシアロシアカザフスタンウズベキスタンイタリアなどに400人の従業員を要する専門商社となっている。

現存する在日外資系企業として最古の歴史を誇る。また外資系でありながら日本で創業されたというユニークな企業でもある。



site://tokumei10.blogspot.com イリス









アベシンゾーは日本の未来のために熟年離婚覚悟してさっさとパールハーバーでJDGSして南北コリアと南北キムチシンパ@日本に無慈悲なトドメを差しなはれ!(爆wwwwwwwwww





15 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

汚腐乱巣の損切りマジウゼーっすね

GABRIEL さんのコメント...

海外メディアって
金融経済関連か
不正&不祥事@企業
が時々なツイッター

何故かこの事件
欧州や北米の幾つか
何度もツィートして
なーんかあるなと(笑)

匿名 さんのコメント...

> 汚腐乱巣の損切りマジウゼーっすね

それは被害者側の論理w加害者側からすると
「教えられた事を鵜呑みにするだけのロボットみたいな劣等人種は奴隷扱いされて当然w」
「むしろ他人の知恵にすがってばかりの愚かな寄生虫人種が淘汰される事こそ人類のためw」
ぐらいにしか思ってないw
そりゃいつまでもオレオレ詐欺に騙される人が減らないわけです(苦笑)

匿名 さんのコメント...

ただ嘲笑うわw こんなのに乗っ取られてたなんてw

GABRIEL さんのコメント...

>アベシンゾーは
>日本の未来のために熟年離婚覚悟して
>さっさとパールハーバーでJDGSして
>南北コリアと南北キムチシンパ@日本に
>無慈悲なトドメを差しなはれ!

それ期待してますw

あの小4青木大和クン
脊損で左足麻痺だって
知らなかった(笑)
補助具装着の杖歩行かな

団長のどっかの記事で
先ずは左足を〜って
この暗喩だったのかな

匿名 さんのコメント...

http://livedoor.blogimg.jp/sashin_-news/imgs/e/e/ee5e89ef.jpg

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95

市場情報 非上場
本社所在地 フランスの旗 フランス
      アルザス地域圏、エンツハイム
設立 1882年
業種 繊維製品

wwwwwwwwww

ミネ さんのコメント...

>ただ嘲笑うわw こんなのに乗っ取られてたなんてw
ほんと毎度思うわw
Japと嘲笑受ける根拠とセットでねw

>他人の知恵にすがってばかりの愚かな寄生虫人種
他人の知恵をあてに・・は、出来てたら寧ろ賢いっしょ
勝手に思い上ってんのに比べたらw
誰にどこにを見定めができずなのが日本のダメな所

パールハーバー土下座、広島訪問で被曝者団体が即座にそう言ってた(言わせてた)もんねw
仕事早いこと~と段取りに感心したっすよ
シンゾーにしたら土下座はさっさと行きたいんだろね
離婚ナシで来たらアカン言われんのがどちらかといえばキビチーんでそねww

匿名 さんのコメント...

JAP連呼 北朝鮮

匿名 さんのコメント...

どう見てもサイコパスなので周りがかわいそうだ。

匿名 さんのコメント...

ガルトネル 高田

匿名 さんのコメント...

「昨日はこんな人たちとも写真を撮ったり、握手をしてみました。」
https://www.instagram.com/p/BHasUPNDJNP/

びっくりしてみました。

匿名 さんのコメント...

安倍首相夫人が真珠湾訪問:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082200543&g=pol

 安倍晋三首相夫人の昭恵さんは22日、自身のフェイスブックで、米ハワイの真珠湾を訪問したことを明らかにした。昭恵さんは旧日本軍の攻撃で撃沈された戦艦アリゾナの記念館で撮った写真を投稿し、「お花と祈りをささげました」と記した。

沖縄の抗議現場を視察=安倍首相夫人

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、昭恵さんが自ら主催する日米国際海洋環境シンポジウムに出席するためハワイ入りしたことを説明。「ハワイ訪問は私的なものであり、政府としてのコメントは控える」と述べた。首相のハワイ訪問の予定は「全くない」とも語った。 (2016/08/22-15:37)

匿名 さんのコメント...

"a sudden and unprovoked attack"

匿名 さんのコメント...

真珠湾攻撃から75年 敵・味方越え追悼 初の日米合同式典
2016年12月9日 夕刊
www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201612/CK2016120902000263.html

 【ホノルル=共同】太平洋戦争の戦端を開いた旧日本軍による真珠湾攻撃から七日で七十五年を迎えたハワイ・真珠湾のフォード島で八日(日本時間九日)、初の日米合同の戦没者追悼式典が行われ、関係者が攻撃の時間に合わせて黙とうするなどした。フォード島は当時激しい攻撃の的になった。
 式典は米海軍と在ホノルル日本総領事館が主催して約八十人が出席。「最初なので静かに小規模に行う」という海軍との合意があったなどとして非公開で行われた。
 同総領事館の三沢康総領事は式典で「かつて敵同士だった日本と米国がどれだけ関係を前進させることができたかを示す大きな出来事」とあいさつ。安倍晋三首相が今月下旬に真珠湾訪問を予定していることを踏まえ「(安倍首相は)二度と戦争の惨劇を繰り返さないとする決意を示す意向で、歴史に残る訪問になるだろう」と訴えた。
 三沢氏によると、米海軍からハワイ方面海軍司令官ジョン・フラー少将が出席し「米国は日本との関係をとても大切にしている。日本とハワイも緊密な関係を築いており、地域の平和と安定に貢献している」と述べた。
 式典にはハワイ州のイゲ知事や、真珠湾攻撃を指揮した旧海軍の山本五十六連合艦隊司令長官の故郷、新潟県長岡市の磯田達伸市長、日本の国会議員やハワイの日系人らが出席。真珠湾攻撃の生存者は出席しなかった。
 式典は日米双方の犠牲者を慰霊したいという地元ハワイの日蓮宗関係者から相談を受けた三沢総領事の発案で実現した。
 七日に約四千人が参加して行われた米側の式典は米国の戦没者の追悼が目的。

>真珠湾攻撃の生存者は出席しなかった。

"unprovoked attack"

日本人が歓迎しやすい性格の特殊な角度のある情緒を主題に据えて、そこを満足させる発言を寄せ集めて報じると、相手を心底傷つけます。
誠実にしっかりと向き合っていただかないと、ふつうのサイレントなアメリカの人の方々心の内に何が生まれるかよく考えましょう。
無神経な振る舞いも言動も、その償いを全うすることはほぼ不可能です。


匿名 さんのコメント...

yamatonic love

大和か病いか