2015年8月4日火曜日

ベルハンドクラブと下半身露出した森本尽@テレ朝を繋ぐライン






高橋 義治(たかはし よしはる、大正5年(1916年6月6日 - 没年不明)は、日本実業家。慈悲庵、まどか保育園各理事[1]。元日本教育テレビ(現テレビ朝日取締役[2]
戦後のモノ不足の時代に輸入物資を売りさばいて財を築いた[2]。いくつかの事業を手がけた後に、日本教育テレビ(現テレビ朝日)の設立に関わり、取締役にも就任した[2]電通顧問高橋治之イ・アイ・イグループ代表高橋治則の父。

長崎県・猪之助の長男[1]高橋家は江戸時代平戸松浦藩藩士だった[3]
法大経済学科卒業[1]。昭和16年(1941年東満洲産業秘書課に入り鉄鋼原料統制会勤務を経て昭和21年(1946年東洋物産常務となる[1]。昭和27年(1952年)SKB鉄砲販売常務に転じ昭和32年(1957年日本教育テレビ創立事務所に入社、総務局次長兼管理部長の後昭和35年(1960年)8月に技術局次長に就任[1]
趣味は旅行写真ゴルフ[1]宗教禅宗[1]

住所は東京都品川区小山[1]長崎県平戸市在籍[1]


で、ラインでチ○ポコンニチワで御馴染みのテレ朝と言えば・・・






で、





森本一房(もりもと かずふさ、生年不詳 - 延宝2年3月28日1674年5月3日))は、江戸時代前期の平戸藩加藤清正の重臣森本一久儀太夫)の次男右近太夫(うこんだゆう)と名乗る。

寛永9年(1632年)、カンボジア(当時は南天竺と呼ばれた)に、父の菩提を弔い、年老いた母の後生を祈念するために渡り、インド祇園精舎と思われていたアンコール・ワットの回廊の柱に墨書(落書き)を残した[1](十字回廊の右側。現在は上から墨で塗り潰されており、読めるような写真を撮ることは大変難しい)。
森本一房はカンボジアに渡る前、加藤家を辞して肥前・松浦藩に仕えていた[1]。主君清正が死し、父儀太夫一久も後を追うように死した後、加藤忠広の下で混乱する家臣団に嫌気がさして肥前国松浦氏に仕えたとある。松浦氏は領内に平戸を持ち、国際的な貿易港だったこともあり、一房もまた朱印船に乗ることができたと推測される。一房は無事日本へ帰国するが、直後に始まる鎖国政策と海外渡航の禁止、さらに海外にいる日本人の帰国禁止に伴い、その後の消息は不明であったが、帰国後、松浦藩を辞した一房は、父の生誕地である京都の山崎に転居したことが明らかとなった[1]。1674年に京都で亡くなり、1654年に逝去した父とともに墓は京都・乗願寺にある[1]



で、







で、



・・・ってな話なわけですよ。(爆wwwwwwwwww

0 件のコメント: