2009年9月5日土曜日

鳩山由紀夫と崇教真光と2012年

マズは

鳩山幸はサイエントロジー信者
http://antikimchi.seesaa.net/article/127265716.html

の続きです。(w



しかし、問題はもっと深刻でして・・・

改ざんされる前のWIKI:



統一教会の『救国救世全国総決起大会』に民主党メンバー10数人を引き連れて出席されたことが週刊誌で報じられ、関係が疑われたことがある[16]。
キリスト教系の政財官界人の親睦会「インターナショナル・VIP・クラブ」で講師を務めているが、

自らは新興宗教崇教真光の信徒である。

[17]47周年秋季大祭に出席し、来賓として祝辞を述べた。


BoB氏も述べられてるが、左右双方ともあまりにもカルトに関して無知な方々が多いようなので少し要点を・・・
オウム残党が情報操作し難い海外の方が逆にまともな情報が多い。(w


Mahikari and Aum Shinrikyo both believe in a global conspiracy by Jewish Freemasons to take control over the world. This helps justify their supremacy idealism to create their new holy civilisations, but under their control. Sukyo Mahikari even published 10 pages abridged from the notorious Protocols of Zion, embodied in their Advanced Member's Textbook, under the name of another author to hide its origins. Members are led to believe these words are some how divinely inspired. One such paragraph reads: "We have an awesome plan, which will terrify the bravest hero: it is the subway. Before long the capital of every country in the world will have a subway, and we will be able to destroy all the government institutions and the important papers of these governments at the same time." This is the last paragraph of Protocol number 9. Hitler also used the Protocols to justify why he should purify the earth of what he considered to be undesirables.

Both cults appear to share the same high level Japanese LDP political patrons - one being neo-nationalist Shintaro Ishihara, who appears in Sukyo Mahikari propaganda as Okada's friend, and has been publicly named by other Japanese politicians as being the Aum's sponsor. Sponsorship by influential people in Japan is a cultural requirement.

Aum's sheep grazing ranch in Western Australia, Banjawarn, was obtained through the efforts of Japanese-born Australian citizen Yasuko Shimada, who established Mahikari in Australia in the 1970s and was still allegedly a member up to 1990-91. It is now suspected that the Aum cult was involved in the detonation of a nuclear type device upon this ranch in May of 1993. Okada's revelations about "balls of light" and that the Earth must be burnt away with the Ball of Fire, now take on a new and more urgent meaning.
http://members.ozemail.com.au/~skyaxe/goseigen.htm


上記の翻訳:

真光とオウム真理教は共にユダヤ系フリーメーソンによる世界征服陰謀論を信じています。これが彼らの手による新たな聖なる文明を作成するという選民的理想主義を正当化する理由になっています。 崇教真光は上級信者の教育テキストにあの悪名高い「シオンのプロトコル(シオン賢者の議定書)」から要約された10ページをその由来を隠し採用しています。 信者たちはそれが言葉が聖なるものだ洗脳されます。 下記がその中の一つの小節:

「我々には、どんな勇者も恐怖するもの凄い計画がある。それは地下鉄だ。間もなく世界各国の全ての首都には地下鉄が完成し、そして我々が全ての政府機関と政府の重要書類を破壊する事が可能になるであろう」

これはプロトコルNo.9の最後の一パラグラフです。 また、ヒットラーは、地球にとって自分が好ましくないとする者たちを排除する行為を正当化する理由としてこのプロトコルを使用しました。

この二つのカルトには日本の自民党の政治家の後ろ盾があるようです--その一人が岡田の友人として崇教真光のプロパガンダで紹介されてる新国家主義者の石原慎太郎[★1]です。彼はオウムのスポンサーとして他の日本人の政治家により名が挙げられています。 日本の風習として有力な人々によるスポンサーシップは必要条件です。

西オーストラリアのバンジャワン(Banjawarn)にあるオウム真理教の羊の牧場(Banjawarn)は、1970年代にオーストラリアに真光を設立し1990~1991頃まで真光信者だった日本生まれのオーストラリア人、シマダ・ヤスコの努力で得られたものでした。 現在では1993年5月にこの牧場で発生した核タイプ装置の爆発にオウム真理教の関与が疑われています。 真光教祖の岡田の「光の玉」と「地球の全てがその光の玉により燃えつくされなけれならない」との啓示がより緊急を要する意味を帯びてきています。


★1 石原は確かにオウム真理教の宗教団体認定に力を貸したが本人は「生長の家」の信者である。しかし、鳩山由紀夫の父、鳩山一郎も「生長の家」の信者であり不治の病が信仰により治癒したとの話は有名である。

シオン賢者の議定書

『シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、The Protocols of the Elders of Zion)とは、秘密権力の世界征服計画書という触れ込みで広まった会話形式の文書で、1890年代の終わりから1900年代の初めにかけて露語版が出て以降、『ユダヤ議定書』『シオンのプロトコール』『ユダヤの長老達のプロトコル』とも呼ばれるようになった。

ユダヤ人をおとしめるために作られた本であると考えられ、ナチス・ドイツに影響を与え、結果的にホロコーストを引き起こしたとも言えることから『史上最悪の偽書』[1]、『史上最低の偽造文書』[2]とも呼ばれている。しかし反ユダヤ主義者や陰謀論者の間ではこれらの過程は無視され、「本物」として主張の根拠に用いられている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%B3%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E8%AD%B0%E5%AE%9A%E6%9B%B8


真光のロゴマークはナチスのスワスティカとダビデの星を合わせたもの
hatoyama_ufo.jpg

長生の家のロゴ


鳩山由紀夫ちゃんが自ら

��012年を演出しようとか

考えなければ良いのですが・・・(爆w






麻生太郎氏の民主党ナチス発言に鳩山由紀夫氏が激怒したホントの理由
http://antikimchi.seesaa.net/article/104218042.html

鳩山由紀夫は洗脳済みファシスト@ナチス
http://antikimchi.seesaa.net/article/115609154.html

鳩山由紀夫@地球防衛軍がクリスタルチルドレンに告ぐ
http://antikimchi.seesaa.net/article/116137798.html

正義の友愛教団2012はテロや戦争をも辞さないキチガイカルト
http://antikimchi.seesaa.net/article/121654589.html


「バンジャワン・ファイル」をコピペしておきます。(w

オーストラリアの電磁兵器基地およびオウムコネクション
第二次大戦以降(1947-)日本における核爆弾実験のデータを取り終えた時
点で世界の兵器開発の流れはすでに電磁波の応用に向かって急速に流れていた。
これは、ナチスの発想と人材によるもので戦後ロシアとアメリカに分かれた科学
者たちがその開発の流れを作り出して行った。
それに先立つ1900年頃から現在の交流電源のほとんど全ての基礎理論を発明
したニコラ・テスラによって提唱されていたスカラー電磁理論の兵器への応用が
試みられ、本人自身の実験によってその基礎的な応用データはすでに作り上げら
れていた。
これは動機としては電力というものを送電線を使わずに地球の定常波に対する共
振を応用して、任意の地域に転送するというものだった。
この技術が一般化していたら、今頃は電気は無料ということになっていただろう。
しかし、この技術は同時に軍事技術に転用すれば特定の地域を物理的に破壊した
り、天候を制御したり、また、外部からの飛来物に対して防御シールドをつくる
ことも出来、または人工的な地震を発生させることもできる可能性があった。
この方向の研究は冷戦中も秘密に進行し、1960年代からはまずロシア地域で
実用になるようになった。
この間から今に至るまで、核軍縮のせめぎ合いはこの電磁兵器(E/M兵器)開発
競争から大衆の眼をそらす為に有効な口実となったと言える。
現在、この為の大規模な基地は日本周辺ではカムチャツカ半島にあり、ここは地
球を取り巻く共振電磁場の一つのグリッドになっている。
(このサイトは、HAARPとして知られる電磁兵器ネットワークの一つであり
アラスカにあるとされるものは地球全体をネットするシステムの一つに過ぎない
ようだ。訳者)
��3年?の大韓航空機撃墜はこのサイトに故意に近づいたために起こったと言わ
れている。
話しは90年代に飛び、93年の5月28日に西オーストラリア州のバンジャワ
ーンというところで低空を飛ぶ隕石のような火の玉が多くの目撃者とともに観測
された。
この現象は88年頃から急に観察されはじめて90年代に入ってからはかなり頻
繁に目撃されるようになったものだ。
しかし、それまでのものと違ってこの火の玉は地上1000Mほどからジェット
機くらいのスピードでゆっくりと地上に落ち爆発した。
これは隕石が見せるような速度よりははるかに遅い速度であり、その爆発は小型
の原爆並みのエネルギーが観測され地震を発生させた。
た、後日の調査によると隕石が落下したようなクレーターの痕跡は全く発見さ
れなかった。
この地域のすぐ近くにはアメリカ海軍の潜水艦用の通信基地があり、ここは大規
模な超低周波と超高周波の電波の発信施設がある。
この施設の一部は木造構造になっていて、1908年にテスラがニューヨーク近
郊で行った電力転送実験のアンテナ塔と似たような構造持っているのが確認され
ている。
また、この施設の近くの砂漠の中には「きのこ」と呼ばれるアンテナの集合体が
あり、これはアラスカにあるHAARP(ハープ)と呼ばれる電波発信施設と同
じ機能を持っている。
��AARPは電離層に高周波を発信して電離層を励起状態にし、これに反射する
電磁波を地上の任意の地域に焦点化するもので、理論的には地球上の全ての通常
の電波通信を同時に制御不能にすることができる。
また、この施設群は任意の地域の気象を操作して干ばつや洪水を作り出したり、
地震、竜巻や台風も作ることができ、それ以上に人間の脳と神経組織に影響を与
えて病気を人為的に作り出すことも出来ると言われている。
このシステムを局地的に作動させた場合にはプラズマ兵器となり、凝縮された電
磁エネルギーを目標に打ち込むことによって人工的な球電を弾丸のように使うこ
とができるらしい。
このような時は2から3カ所の発信源から座標を特定して目標を破壊する。
この座標決定は現在の携帯電話などに応用されているものでもともとはミサイル
の誘導システムから来ているものだ。(CCMA方式:訳者)
現在、パキスタンのハク大統領機墜落、スペースシャトルチャレンジャーの爆発、
��WA800墜落事故、北朝鮮の気象異常による農産物の激減、中国の地震や洪
水、アメリカ南東部の干ばつなどもこのシステムの影響ではないかと言われている。
��トルコと台湾の地震もか:訳者)とくにチャレンジャーの場合は電磁波に金属
軟化信号を変調混入し、推進部を軟化させて破壊したと言われている。
これと同じ実験は日本でも行われており、大阪大学と神戸製鋼のジョイントが極秘
扱いで進行している。
このセクションにいたのがオウムの村井秀夫であり、彼は早くからテスラの理論に
基づいた研究を行っていた。後にオウムに参加してからもテスラ波動の検知器など
を完成しており、オウムの電磁兵器開発はかなり実用的な段階まで至っていたらしい。
��5年の阪神大地震の9日前には教祖麻原は神戸に人工地震が起こされるという「予
言」を行い実際に地震が起こったが、この震源地付近には神戸製鋼の中心施設があっ
た。
一方、早川清秀は特異な経歴を持ち、彼も同様に大阪大学にいたころには「緑化エン
ジニアリング」が専攻だった。これは砂漠の緑化操作から天候のコントロールを含む
研究で同様に政府の極秘扱いを受けたものであり、究極的には日本独自の電磁兵器開
発を示唆するものだった。(日本版スターウォーズ計画は、海外では明らかにあった
もしく は今もあると認識されているようである。)
このような研究は筑波でも行われており、あの大槻教授もなんらかの関係があるの
かもしれない。
早川はその後、統一教会へ入り異例の早さで昇進するとともに短期間で20億円の資
金と教会のビジネスを維持しながらオウムへと「入信」した。
統一教会はその教祖が北朝鮮の「教祖」と友人であり、またジョージ・ブッシュとも
南アメリカで共同のビジネスを展開している。
ここで早川はまた異例の早さで昇進しオウム内に重層的な組織を作り、下部の信者が
彼のビジネスを関知しないようにした。
この間、彼はロシアへ22回も渡航し麻薬と兵器ビジネスを展開したと言われて
いる。
湾岸戦争当時イラクのフセイン大統領も早川の顧客となり、この兵器売買はロシアの
ウクライナと繋がるものだった。
このときのウクライナ側の窓口は通産貿易省のマセンコであり、この人物は1980
年あたりからロシアにおける統一教会と密接に活動を行ってきたものだ。
この1991年時点でロシアのオウム信者は5万人と推定され、日本国内の3万人よ
りも多かった。
同じ年にはゴルバチョフとヤコブレフが当時の外相であった石原慎太郎に900億円
でロシアの電磁兵器を買わないかと提言している。
日本政府は核を待てないことから、この電磁兵器の存在を確実に知っていて研究もし
ているということが言えるだろう。当時、石原はオウムに対して敵対的では無かった
のも傍証か。
また、同時にゴルバチョフと山口敏夫は「日本・ロシア大学」設立の合意を行ってお
り、その内容のなかにはロシアの電磁兵器に日本のマイクロチップ技術を合同させて
高性能化をはかるというものもあったようだ。
その後、妻が統一教会の信者である金丸信が別件で家宅捜索を受けた時点で、北朝鮮
経由の金塊が発見され、これと同じものがオウムの施設からも発見されることになっ
た。いまでは、金丸信、山口敏夫および村井秀夫は故人となっている。
そして、93年の3月ころ早川は前述の西オーストラリア、バンジャワン地域に姿を
現すことになる。
ここで彼はオウムの研究施設用地を買収する為に幾つかの羊牧場を回っているが、そ
の調査には一式の電子探査機器を携行し、数時間かけて地表面のなんらかの電気的特
性を計っているようであり、そのデータをまた一晩かけて解析するということを繰り
返した。
これはその後に発覚する核爆弾製造計画の一環のように思われたが、存在はしても純
度の低いウラン鉱石を探査するには必要のない作業と思われた。
その後にこのバンジャワーンに牧場を買うことになるのだが、このときに現地の代理
人を勤めたのは日本人女性であり、この人は真光教団の信者であった。
真光教団は信者数は少ないものの日本とオーストラリアにおいて、権力者やエリート
がメンバーに多くいると言われている。
その後、オウムはこの場所で95年に使われるサリンの実験を羊に対して行った。
また、早川の電気的な探査は村井の作ったテスラ波動測定器ではないかとの憶測があ
り、アメリカにおけるテスラの後継者と言われるトーマス・ベアデンによれば、その
地域の「感受性」を測定するには磁性テルリウム(土中の磁性?:訳者)を探査する
ことが有用であり、テスラ波の数時間の時間的変位の測定が必要である。
このようなデータがあれば電磁兵器の目標を補足する性能はより正確になるというこ
とらしい。しかし、なぜこのような場所をわざわざ選んで早川たちがやってきたのか
はいまだ不明である。
また、これに先立つ90年ころからは日本の三井関連の会社が「砂漠の調査の為」と
称して東大の大学院生を動員し、各種の電子機器を持ち込んで調査をしていたことが
報告されている。
また、彼らはバイクのライダーを雇いその地域の5万分の1の詳細な地図も作ってい
ったのだが、その時点ですでに「砂漠」とも言えないくらい植物層が出来上がってい
た辺境の地域になぜ詳細な調査を行ったのかは分からずじまいであった。
その間も海軍基地の上空では火の玉やテスラシールドと思われる半球状の光の爆発が
目撃され続け、93年から97年にかけてより頻繁に、また多様になっていった。
このような一連の事象の連鎖にはなんらかの円環が浮かび上がってくるが、それを述
べるのはもう少し踏み込んだ調査が必要かもしれない。

17 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

吉本興業、香港の音楽ソフト会社株売却 小室氏が創業
http://www.asahi.com/business/update/0904/OSK200909040001.html

とまと さんのコメント...

googleトップがUFO(w

山田さんを看取る さんのコメント...

サイエントロジーってどんな団体?
まぁヤバい連中だなぁというのはよく変わるんですが…
日本侵攻の目的とかよくわからん。
湯田屋的なもの?
教えてエロい人!

強姦ランチ さんのコメント...

「ペッパーランチ」7店でO157発症の疑い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000720-yom-soci

ちょいめも さんのコメント...

野次馬じいさんのとこに書き込んだコメントなんだけど、うんこまんこちんちん交戦をやったついでとして、念のため記録残させてね。
ネトウヨの定義ね、これポイントだと思うよ
これがわからんのじゃどういう人間を叩いてんだかさっぱりわからんでしょ
特定できない不特定多数の人間を、闇雲に叩いている。
というのが現状でしょ?
特徴はこう思う。
とか思い込み書かれても、僕らには誰の事かさっぱりわからんからな
だれか特定できるなら特定して見て欲しいのだけど
誰も特定出来なかったら。
やっぱり野次馬じいさんとその他ネトウヨ叩きしてるやつらは
見えない敵と戦ってんのと大して変わらん
ネトウヨ叩きしているネトサヨ、朝鮮叩きしてるネトウヨ
ほんと大して差は無いんだよね。
というのが現状だと思う。
野次馬さん自身、ネトウヨとは?て明確にわかってないはずで
「ネトウヨとはこういう人間だ!」と定義付けても、それはおそらくただの思い込みだろう。と考えるのが、理論的・論理的だと思う。
違うなら、違う解釈も聞かせてほしい。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/09/post_3cff.html#comments
にて

774 さんのコメント...

「2012年」は中国からなのかと・・。
ニコニコでサイエントロジの動画はこれから増えて、周知広まると思いますが・・。
今とめないと飛んでもないことになりますね。
稲次郎みたいな事件起こさないととめられないんですかね。
あああ・・。

ニヤニヤフフフ さんのコメント...

ひーちゃん、うまく逃げたなw
図星だと自演キャラがスクランブル出動www

はるぺる さんのコメント...

せいちょーのいえといえばひらぬまたけお(棒

小谷"ヘロイン"喜美 さんのコメント...

えーと、すいません。石原閣下は霊友会の人だった気がするんですが。俺の記憶違い?

曹洞宗 さんのコメント...

はいはい隠れ犬作教

太陽朴朴 さんのコメント...

2012年終末説の真実:大陸大移動(ナショナル ジオグラフィック)(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091109-00000006-natiogeop-int.view-000
だそうですよー(棒)

某宗教学者 さんのコメント...

崇教真光非ネオナチ論:根拠2つ。
1)教義上ネオナチに関する様な物は一切無い。又、極めて親ユダヤ系である。この事は組み手なら容易に理解出来るだろう。
2)ネオナチが紋章として使ったスワスチカは元々オカルチズムに由来する物であり、これはありとあらゆる宗教団体・結社で使われている。この事は一寸でも結社に興味の有る様な人なら誰でも理解出来るだろう。
以上より崇教真光は非ネオナチである事が分かる。

地政学者 さんのコメント...

崇教真光非ネオナチ論の検証
内容2)に関しては神秘協会等の結社が実在する事によりwelldefinedであるが、
内容1)に関する理由にて社会主義的教義がないというだけで、真光がネオナチの影響を全く受けていないとは言い切れない。又、紋章がにているというこじつけ的理由のみでネオナチと断定するのは論外である。
ここで真光がネオナチに影響を受けたと仮定し考えてみよう。
 真光はネオナチの何処を真似たのかという点で二つに場合分けできる。
即ち、「全体主義に影響を受けた場合」と「其の特有の手段に影響を受けた場合」の二つである。
1)「其の特有の手段に影響を受けた場合」
ネオナチは国家の敵、民族の敵としてユダヤを排撃していった。真光は自分に対して、他者を敵と定め排撃する面があるかどうかだ。
ネオナチはそもそも何故ユダヤを敵としたのか。その目的は、いうまでもなく支持者集めである。当時、ヴェルサイユ体制下で経済が不安定だった独逸国内には二大勢力が幅を効かせていた。即ちネオナチ系(ヒトラー達)と共産党系(ローザ・ルクセンブルク達)である。ネオナチが労働者層の支持を集める為、金儲けが上手く階級社会の上層を占めるユダヤ人を敵とする事で、共産党を支持していた労働者層の支持を獲得し、自らの勢力は拡大、共産系は勢力縮小となったのだ。名実共に「労働者党」の完成である。
しかし真光には自分の敵をわざわざ仮定する必要はない。
自分が世界人類を救うのだという強い自信があるのだ。よってネオナチの影響なし。
2)「全体主義に影響を受けた場合」
ネオナチはマスゲームで有名な様に全体主義だったが、真光もそうなのか。
しかし彼らの場合に関してはそれはなさそうだ。
一般に、入信しやすい宗教は脱退しやすい傾向があるというのが宗教学でよくいわれる事だ。そしてその入信しやすい宗教こそ真光である。
もし彼らが社会主義をこの只でさえ新宗教に対するイメージが良くない現代社会で貫こうとすれば、大変な努力が必要である。よってネオナチの影響なし。
以上この二つで考えてきたが、そもそも教祖の岡田氏がネオナチという集団をよく思っていたかと言う事だ。ネオナチは極度の自民族中心主義集団で、人種差別の激しいものだった。当然黄色の大和民族に対しても差別の思いで見ていただろう。そんあ彼らを、近衛兵隊長で愛国者である岡田氏が快く思うはずがない。
よって、崇教真光はネオナチではない。

訂正 さんのコメント...

すいません。神秘協会じゃなくて、神秘学協会でした。

地政学者 さんのコメント...

ここのサイトの持ち主は創価学会員なのでは?
普通の日本共産党員なら少数勢力の真光を攻撃するのはおかしい、他宗教も攻撃するはず。生長の家等を攻撃すると言う事からして反天皇及び攻撃対象に準ずるような新宗教の信者であると思う。

匿名 さんのコメント...

site:totokumei10.blogspot.com/ トランスコスモス

トランスコスモス トヨタ

最近トヨタ系に社会復帰したとはしゃいでる輩がいますね。
此方にも色々コメントをしてますな。
半グレなのか偽装カタギなのか。

匿名 さんのコメント...

それぽっぽっぽ鳩ぽっぽで、ここでは ご近所 って
コテハンさんデソ?