2020年3月3日火曜日

スペインかぜ

安倍晋三首相は3日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス感染拡大を受けて全国の小中高校などに休校を要請する判断を決めた際、1918年から世界的に大流行した「スペインかぜ」をめぐる米国の対応を参考にしたと述べた。

米国では大きなイベントを中止し、休校を行った州とそうではない州で死者の数、ピークの高さは大きな違いが出たと指摘する専門家もいる」と、100年以上前に取られた施策に言及した。

休校判断をめぐっては、科学的や疫学的な根拠はない政治判断と分かり批判が続いているが、首相は「さまざまな批判は承知している」と話した。その上で10日にとりまとめる緊急対応策への予備費2700億円について「できる限りフル活用したい」と強調した。

首相は4日、立憲民主党などの野党党首と個別に会談し、緊急事態宣言を発令できる新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案に向けた協力を要請する。

日刊スポーツ
2020年03月03日19時04分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202003030000600.html


で、今回米国はWHOを無視して中国全域からの入国をストップさせたわけだが、米国を手本とするなら何故アベシンゾーはそれをやらなかったの?(爆wwwwwww




スペインかぜ英語: 1918 flu pandemic, Spanish Fluスペイン語: La pandemia de gripe de 1918、gran pandemia de gripe、gripe española)は、1918年から1919年にかけ全世界的に大流行したインフルエンザの通称である。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によるインフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては最上位のカテゴリー5に分類される。感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行した。
流行源はアメリカ合衆国であるが、感染情報の初出がスペインであったため、この名で呼ばれる。当時は第一次世界大戦中で、世界で情報が検閲されていた中でスペインは中立国であり、大戦とは無関係だった[1]。一説によると、この大流行により多くの死者が出て、徴兵できる成人男性が減ったため、世界大戦の終結が早まったといわれてい[2]


、、、(爆wwwwwww

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

始まる前から負けている貿易戦争(笑)がさくっと終結してよかったですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

Unknown さんのコメント...

やはり
ロシア、アメリカ、(そして中国)はこのウイルスの本当の怖さを判っていた。
ー国民の心身に決定的ダメージを与え、国民の総弱体化により
 国家として成り立っていかない(知能も肉体的労働力も次世代も失われていく)ことが。

ーベトナムは初期対応が案外うまく行っているように思われる。
 ロシアからの情報かと思うくらい。

ーあべさんが、分かっていたのかどうかは不明だが
 もし○○が発生源なら、国民総罹患戦に持ち込むことが求められたんでしょうね。
 実は日本への本当のターゲットが○○なら コワー!息子は何とか大丈夫なのか。

ー最後のコーシツ、最後のパパ という時代を迎えるのかしら。

匿名 さんのコメント...

後付けの理由 藁