2016年11月19日土曜日

今上天皇@テニス派













昭和天皇と平成天皇は別ラインなんですよ。(爆wwwwwww


昭和天皇が大好きなゴルフをやめたのは「敗戦」がきっかけ?
(更新 2013/11/12 07:00)


天皇家のスポーツといえば、テニスが有名だが、実はゴルフとも縁がある。昭和天皇は戦前、無類のゴルフ好きとして知られていた。当時の「東京朝日新聞」の記事からもその熱中ぶりが伝わってくる。

初めてゴルフの記事があるのは、大正6(1917)年8月19日付朝刊。

「東宮殿下には十八日午前八時宮の下御用邸御出門腕車にて箱根仙石原村なるゴルフ、コートに行啓御学友をお対手にゴルフの御遊戯あり午後四時御機嫌麗しく御帰邸成りたり」

当時16歳だった昭和天皇は、宮ノ下御用邸(現在の富士屋ホテル別館菊華荘)から仙石原のゴルフコースへ行き、「コースデビュー」を果たした。

このゴルフデビューについて、同年9月11日付に「ゴルフと三皇子/高尚なる欧米の遊戯近く我が皇室遊戯に選定されん」との続報がある。

ここでは、昭和天皇と弟の秩父宮、高松宮の3人の皇子が同年春からゴルフを始めたことが紹介されている。宮内庁式部官だった西園寺八郎氏の指導のもと、新宿御苑と赤坂御所にコースをつくり練習を開始。新宿御苑には芝生に150~300ヤードのコースがつくられたという。

西園寺氏は、3皇子が将来欧米を訪問し、各地の王族と交際するのに、もっとも適した遊戯だ、とコメント。野球やサッカーのような危険を伴わず、敵を倒すというような勝負とは違って、自分の技術を練習し、心胆を落ち着け物に動じない精神を涵養(かんよう)する点でも、皇室の御遊戯に適している、とも述べている。

大正7(1918)年2月17日付の記事では、宮内省(当時)が静岡県に約1万5千坪を有するゴルフ施設「田子の浦砂山運動場」を新設、昭和天皇が初プレーをしたと報じている。大正10(1921)年に訪欧した際には、往復の軍艦のデッキで連日「デッキゴルフ」に興じていたという。

朝日新聞に最後に昭和天皇のゴルフの記述があるのは昭和5(1930)年10月3日付。

「最近はハンディキャップ凡(およそ)二十位と承る(中略)日頃は吹上御苑(皇居)内に設けられた六ホールのリンクスで遊ばれている(中略)皇后陛下にも数年前からゴルフをお始めになられたが陛下と御相手でゲームを遊ばれる事などもある」

宮内庁関係者は言う。

「その後、戦況が悪化。ゴルフリンクスもあった吹上御苑には、防空壕(ぼうくうごう)がつくられ、そこで御前会議が開かれました。戦後、二度と陛下はゴルフをせず、周辺を武蔵野の野に戻すことを望まれました。バンカーなどがあった辺りも、今は草が生い茂っています」

現在の皇室でゴルフがお好きなのは、昭和天皇の次男の常陸宮ご夫婦だ。昭和天皇も訪れた東京ゴルフ倶楽部などでプレーする。

「特に旧華族の津軽家出身の華子妃は練習熱心で、とてもお上手です」(同)

※週刊朝日  2013年11月15日号
https://dot.asahi.com/wa/2013110800031.html



、、、(爆wwwwwwwwwwwww

5 件のコメント:

GABRIEL さんのコメント...

テニス
鑑みれば
戦後からテニス
アゲアゲしていた
日本の各メディア媒体

ゴルフ
扱っていたけど
皇室絡みは滅多に見ない

匿名 さんのコメント...

テニスと言えばニコ動その他でやたら持ち上げられる熱い男(=体育会系脳)松岡修造
あと明石家さんま(笑)

匿名 さんのコメント...

石黒賢「すごいおやじだった」父修さんをしのぶ

 日本テニス界の戦後初のプロ選手として活躍し、9日に腎盂(う)がんのため死去した石黒修さん(享年80)の通夜が13日、東京・渋谷区の聖ドミニコ・カトリック渋谷教会でしめやかに営まれ、息子の俳優石黒賢(50)が亡き父をしのんだ。

【写真】1963年10月、全日本テニス選手権で優勝した石黒修さん

 8日に兄実さんと見舞い、「明日も来るからね」と病院を後にした後、修さんの容体が急変した。「午前5時前に(病院から)連絡をいただいたんですけど、残念ながら私も兄も死に目には会えなかった。突然だった。覚悟はしていたけど、もうちょっと頑張ってくれるかなと思っていた」と、最期を看取れなかった無念さを募らせた。

 石黒によると、修さんは13年ごろにがんが見つかった。腎臓の摘出手術を受けて回復したが、今春に再発。肺、肝臓、脳に転移していることが分かり、「長くないかもしれないという話だった」(石黒)という。それでも、家族に苦しむところを見せたことはなかったといい、「痛みに苦しむとか、つらいとかは(なかった)。我慢強かったのかな。家族の前では言わなかった」と、3年間の闘病生活の労をねぎらった。

 父にならい、学生時代からテニスをしていた石黒が、83年にTBS系ドラマ「青が散る」で俳優デビューするきっかけをつくったのは修さんだったという。大学のテニス部が舞台で、修さんが知り合いの制作陣から相談を持ちかけられていた。石黒は「(修さんに)『読んでみろ』と原作の本を渡され、『これがドラマにするらしいけど、出てみる気はあるか?』と言われた。俳優になるなんて思ったこともなかった。その後、プロデューサーさん、ディレクターさんにお会いして、ドラマに出たのがきっかけでした」。試合に向け、周到な準備をしていた修さんの背中を見て、「役者も準備をして臨むんだと、経験を重ねていくと、テニスと相通ずるものがあると思った」と感謝した。

 この日は元プロテニス選手のスポーツキャスター松岡修造ら、600人が参列した。「亡くなって初めて、メディアの方が書いてくださって、テレビでも取り上げてくださって…すごいおやじだったなと思います」と、目に涙を浮かべて話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-01738226-nksports-ent

匿名 さんのコメント...

昭和天皇「不向きな性格」 死去直後、英大使が報告書 | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/115918

2017年7月20日 09:01

 【ロンドン共同】若き日の昭和天皇は「性格的に天皇を務めるのに向いていなかった」。1989年1月7日の昭和天皇死去の約2週間後、英国のジョン・ホワイトヘッド駐日大使(当時、故人)がこうした内容の報告書を作成していたことが、20日に英公文書館が機密解除した公文書で分かった。

 報告書は1月23日付でサッチャー政権のハウ外相(同)宛て。天皇の来歴や太平洋戦争などへの関与、戦後に果たした役割を11ページにわたって記していた。

 ホワイトヘッド氏は55年に外務省に入り、86~92年に大使を務めたのを含めて日本に4回駐在し、計17年間を過ごした。(共同通信)

匿名 さんのコメント...

根強い「休養論」 傷だらけの錦織、「休まない」ではなく「休めない」理由 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト
https://the-ans.jp/column/5656/
https://the-ans.jp/column/5656/2/
https://the-ans.jp/column/5656/3/

2017.06.28

男子テニスシングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は、ウィンブルドン(7月3日開幕)の前哨戦となるゲリー・ウェバー・オープン2回戦で左臀部の故障により、途中棄権を余儀なくされた。今季はこれまで足首、右手首、臀部と痛みを抱えながらのシーズンを送り、まだタイトルを手にできていない。

世界ランク30位以内のコミットメント・プレーヤーに課される大会参加の義務

 男子テニスシングルス世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は、ウィンブルドン(7月3日開幕)の前哨戦となるゲリー・ウェバー・オープン2回戦で左臀部の故障により、途中棄権を余儀なくされた。今季はこれまで足首、右手首、臀部と痛みを抱えながらのシーズンを送り、まだタイトルを手にできていない。

 一方、世界ランク5位のロジャー・フェデラー(スイス)は昨年、左足首の手術を受け、後半戦は休養を宣言。今季は全豪オープンを制するなど、全盛期の強さを取り戻したが、膝の負担を軽減するため、全仏オープンを含め、クレーコートシーズンを回避した。コンディションを整えながらタイトルを積み重ねるという理想的なサイクルでパフォーマンスを高めている。

 満身創痍でコートに立ち続ける錦織も、いったん故障の完治を優先させ、万全の状態を取り戻すべき――という「休養論」もファンの意見では根強い。コンディションを高めるため、日本のエースもフェデラーのような日程調整を行わないのだろうか。その裏には、男子プロテニス協会(ATP)の定めた選手規約がハードルとして横たわっている。

「ATPは選手向けにオフィシャルルールブックというものを発行しています。2016年11月7日の時点で世界ランクトップ30位に入っている選手は今シーズン、『コミットメント・プレーヤー』と位置づけられます。この30人は、17年シーズンにATPツアーで全て本戦から参加できる権利を手にできます。年間のランキングに応じて、賞金も手にできますが、一方で大会参加の義務が生じるのです。

 具体的に言えば、マスターズ1000のクラスの全大会、そして、12月のATPワールドツアーファイナルに招待された場合は重い故障などの理由がなければ、原則エントリーしなければいけません。また、500シリーズのクラスは4大会に参加しなければいけません。錦織選手が休めないのも、コミットメント・プレーヤーゆえの参加義務が理由です」

 プロテニス選手の綿貫敬介は、こう解説してくれた。


通算600試合出場、プロで12年間活動、満30歳のいずれかクリアでノルマが減少

 前年度のトップ30に入った選手は、ATPツアー・マスターズ1000の9大会にエントリーが不可欠。そして、500シリーズの4大会のうち、1つは8月の全米オープン終了後のトーナメントを選ばなければいけない。大会によっては試合出場、メディア対応、トーナメントのプロモーションなどの義務を怠った場合、年間賞金の一部を罰金として支払うなど、厳格なルールも存在するという。

 コミットメント・プレーヤーである錦織は大会参加義務をこなすため、トーナメントを連戦する必要がある。実際、今季これまで全てのマスターズ1000の大会に参加。3月のBNPパリバ・オープン、マイアミ・オープン、5月のマドリード・オープン、BNLイタリア国際の4大会に参戦。マイアミ・オープンとマドリード・オープンは故障で棄権を余儀なくされ、あと5大会が残されている。

 500シリーズの大会では、2月のリオデジャネイロ・オープン、6月のゲリー・ウェバー・オープンに参加しており、まだ2大会に参加しなければいけない。ゲリー・ウェバー・オープンは2回戦で途中棄権。大会参加義務が錦織のコンディションに好影響を与えているように見えないが、同じコミットメント・プレーヤーでありながら、対照的な戦略を取っているのがフェデラーである。4月2日にマイアミ・オープン優勝後、膝の負担を軽減するためにクレーコートでの試合の回避する戦略を発表。6月12日のメルセデスカップで公式戦に復帰するまでコンディショニングに充てている。

 なぜ、フェデラーはツアー中に十分な休養を取ることができるのだろうか。

「実はATPのルールでマイルストーンを達成したベテラン選手に設けられた特別なルールがあるのです」と綿貫は説明する。

<1>キャリア600試合出場
<2>プロ選手として12年間活動
<3>30歳を迎えていること

 このいずれか1つを満たしている選手はマスターズ1000の4大会出場のノルマが1大会減少、3つの条件を満たした選手は大会参加義務を免責されるという。



フェデラーやナダルに対し、マイルストーン条項を満たさない錦織は「休めない」

 フェデラーは35歳で、1999年からグランドスラムに出場し、通算1104勝247敗と全条件を満たしている。今季、全仏オープン10度目の優勝を果たしたナダルも31歳。2001年にプロ転向。ツアー通算849勝180敗で、3条件をクリア。マイルスストーンを達成している2人は昨季終盤戦を欠場してリハビリに専念し、今季も万全の日程調整で全盛期を彷彿させるパフォーマンスに結び付けた。

 だが、条件をクリアしていれば、休んでしまえばいいのかというと、一概にそうとは言い切れない。2人が日程調整できるのは、抜きん出た実力が備わっていることが背景にあると、綿貫は解説する。

「他の選手なら大会を回避してしまえば、その分、ポイントを稼ぐチャンスを失い、ランキング、賞金額も下がります。しかし、フェデラー選手は今季、出場する大会を絞り、すでに4回優勝。ナダル選手もクレーコートシーズンにタイトルを重ねました。出た試合で確実に優勝できる圧倒的な実力があるからこそ、コンディションを整えながら高いランキングを維持することができるのです」

 フェデラーは今季、マスターズ1000でモンテカルロ・オープン、マドリード・オープン、 BNLイタリア国際の3大会で参加を回避したが、マイルストーン枠ゆえにATPが正式に認めている。

 一方、錦織は現在27歳で、プロ転向は2007年。キャリア成績は326勝152敗で、通算600試合に届かず、マイルストーン条項を満たしていない。「休まない」ではなく「休めない」という現実的側面がある。

 輝ける実績を積み重ねた芝の帝王・フェデラーは、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで圧巻の優勝。対照的に錦織は途中棄権を強いられた。連戦が続くなか、満身創痍の日本のエースは苦境を吹き飛ばすような活躍をウィンブルドンで見せることができるのか。大一番での巻き返しに期待が集まる。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer





錦織、今季残り全試合を欠場 右手首腱を断裂  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30545_W7A810C1000000/

2017/8/16 21:54

3月、マイアミ・オープン準々決勝を前に、痛めた右手首の治療を受ける錦織圭(米マイアミ)=共同

 【ニューヨーク=共同】男子テニスで世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が右手首の腱を断裂したため、四大大会最終戦の全米オープンを含む今季残り全試合を欠場すると16日、マネジメント会社が発表した。手術の予定はないという。

 2014年全米オープン準優勝で27歳の錦織は右手首の痛みに悩まされ、3月下旬のマイアミ・オープンで悪化させ、5月のマドリード・オープンでも再発し準々決勝を棄権。今週のウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)も欠場していた。

 今季の四大大会は全仏オープンのベスト8が最高で、シーズンを通してツアー優勝がないのは11年以来。世界ランキングでは14年9月8日付以降守ってきたトップ10の座からの陥落も確実となった。09年夏に右肘を手術し、10年2月にツアー大会に復帰以降は、長期離脱はなかった。

 マネジメント会社によると、シンシナティでの練習でサーブを打った際に本人が手首からはじけるような音を聞いたという。すぐに病院へ向かって磁気共鳴画像装置(MRI)で検査。その後も複数の専門家に診てもらい、結論を出した。