2011年7月14日木曜日

極東阿片ビジネスのホントの黒幕

実はロスチャイルドでもロックフェラーでもシオニストでもないんですよね。(爆w
ロス茶もシオニストも実は利用されてただけなんですよ。(爆w

そもそも、極東阿片ビジネスの複数のフロントの一つとして一番、活躍されたたのはこの方なんですよね・・・(w




The 99 year British lease on Hong Kong expired in July, 1997, allowing the Red Chinese to take over. Hundreds of newspaper stories and TV reports have covered this event but not one revealed how England first gained control of Hong Kong! The truth lies buried in the family line of David Sassoon, "The Rothschilds of The Far East," and their monopoly over the opium trade. Britain won Hong Kong by launching the opium Wars to give the Sassoons exclusive rights to drug an entire nation!

A lot of Chinese moved to Hong Kong over the years so many that by 1898 The English had to turn to the Chinese Emperor for water. He offered Hong Kong a lease on mainland China for 99 years. It was that land that had to be returned in 1997, but since The East Indian Company did not have a way to get enough sweet water for all inhabitants they agreed to give the island back to China. Some secrete agreements were signed – sadly the world will not learn what these documents says before China is willing to publish them.

David Sassoon was born in Baghdad, Iran in 1792. His father, Saleh Sassoon, was a wealthy banker and the treasurer to Ahmet Pasha, the governor of Baghdad. (Thus making him the "court Jew" - a highly influential position.) In 1829 Ahmet was overthrown due to corruption and the Sassoon family fled to Bombay, India. This was the strategic trade route to interior India and the gateway to the Far East. In a brief time the British government granted Sassoon "monopoly rights" to all manufacture of cotton goods, silk and most important of all - Opium - then the most addictive drug in the world!

In the beginning David Sasson wanted to trade with cloths made from colon in China to buy tea. But the Chinese did not want the colon the Jews wanted to trade. They were however willing to trade tea for silver. Sasson learned that many Chinese were interested in buying opium. With this knowledge Sassion’s ship sailed back to India and then England to sell what little tea they had.



In Order to boost the trade David Sasson forced the farmers in Bengali to stop farming food and turn to farming opium. The opium growing in Bengali was very good opium and Sasson’s business was made. He became a member of East India Company – a company owned and run by Jews out of City of London. So successful was the opium business that the tax East Indian Company paid to England paid for all English wars between 1831 and 1905.



The Jewish Encyclopedia of 1905, states that Sassoon expanded his opium trade into China and Japan. He placed his eight sons in charge of the various major opium exchanges in China. According to the 1944 Jewish Encyclopedia: "He employed only Jews in his business, and wherever he sent them he built synagogues and schools for them. He imported whole families of fellow Jews. . . and put them to work."

Sassoon's sons were busy pushing this mind-destroying drug in Canton, China. Between 1830 - 1831 they trafficked 18,956 chests of opium earning millions of dollars. Part of the profits went to Queen Victoria and the British government. In the year 1836 the trade increased to over 30,000 chests and drug addiction in coastal cities became endemic.

In 1839, the Manchu Emperor ordered that it be stopped. He named the Commissioner of Canton, Lin Tse-hsu, to lead a campaign against opium. Lin seized 2,000 chests of Sassoon opium and threw it into the river. An outraged David Sassoon demanded that Great Britain retaliate. Thus, the Opium Wars began with the British Army fighting as mercenaries of the Sassoons. They attacked cities and blockaded ports. The Chinese Army, decimated by 10 years of rampant opium addiction, proved no match for the British Army. The war ended in 1839 with the signing of "The Treaty of Nanking." This included provisions especially designed to guarantee the Sassoons the right to enslave an entire population with opium. The "peace treaty" included these provisions:

"1) Full legalization of the opium trade in China,

2) compensation from the opium stockpiles confiscated by Lin of 2 million pounds,

3) territorial sovereignty for the British Crown over several designated offshore islands.


Sassoon's Use British Army to Drug An Entire Nation

British Prime Minister Palmerston wrote Crown Commissiner Captain Charles Elliot that the treaty didn't go far enough. He said it should have been rejected out of hand because: "After all, our naval power is so strong that we can tell the Emperor what we mean to hold rather than what he would cede. We must demand the admission of opium into interior China as an article of lawful commerce and increase the indemnity payments and British access to several additional Chinese ports." Thus, China not only had to pay Sassoon the cost of his dumped opium but reimburse England an unheard sum of 21 million pounds for the cost of the war!

This gave the Sassoon's monopoly rights to distribute opium in port cities. However, even this was not good enough and Sassoon demanded the right to sell opium throughout the nation. The Manchus resisted and the British Army again attacked in the "Second Opium War fought 1858 - 1860. Palmerston declared that all of interior China must be open for uninterrupted opium traffic. The British suffered a defeat at the Taku Forts in June 1859 when sailors, ordered to seize the forts, were run aground in the mud-choked harbor. Several hundred were killed or captured. An enraged Palmerston said: "We shall teach such a lesson to these perfidious hordes that the name of Europe will hereeafter be a passport of fear."

In October, the British besieged Peking. When the city fell, British commander Lord Elgin, ordered the temples and other sacred shrines in the city sacked and burned to the ground as a show of Britain's absolute comtempt for the Chinese. In the new "Peace Treaty" of Oct.25, 1860, the British were assigned rights to vastly expanded opium trade covering seven-eights of China, which brought in over 20 million pounds in 1864 alone. In that year, the Sassoons imported 58,681 chests of opium and by 1880 it had skyrocketed to 105,508 chests making the Sassoons the richest Jews in the world. England was given the Hong Kong peninsula as a colony and large sections of Amoy, Canton, Foochow, Ningpo and Shanghai. The Sassoons were now licensing opium dens in each British occupied area with large fees being collected by their Jewish agents. Sassoon would not allow any other race to engage in "the Jews' business."

However, the British government would not allow any opium to be imported into Europe!


Sassoon "Monopoly Rights" Wrecked Lancashire - England's Textile Industry - Made Roosevelt Wealthy


Sir Albert Sassoon, the eldest of David Sassoon's sons took over the family "business" empire. He constructed huge textile mills in Bombay to pay slave labor wages. This expansion continued after World War One and ended up putting mills in Lancashire, England out of business with thousands losing their jobs. This did not stop Queen Victoria from having Albert knighted in 1872.

Solomon Sassoon moved to Hong Kong and ran the family business there until his death in 1894. Later, the entire family moved to England because with modern communications they could operate their financial empire from their luxurious estates in London. They socialized with royalty and Edward Albert. Sassoon married Aline Caroline de Rothschild in 1887 which linked their fortune with that of the Rothschilds. The Queen also had Edward knighted. All 14 of the grandsons of David Sassoon were made officers during World War One and thus most were able to avoid combat.

Warren Delano moved to Newburgh, N.Y. In 1851 his daughter Sara Married a well born neighbor, James Roosevelt - the father of Franklin Delano Roosevelt. He always knew the origin of the family fortune but refused to discuss it.

Franklin D. Roosevelt's fortune was inherited from his maternal grandfather Warren Delano. In 1830 he was a senior partner of Russell & Company. It was their merchant fleet which carried Sassoon's opium to China and returned with tea. Warren Delano moved to Newburgh, N.Y. In 1851 his daughter Sara Married a well-born neighbor, James Roosevelt - the father of Franklin Delano Roosevelt. He always knew the origin of the family fortune but refused to discuss it.. The only reason why Russell & Company was allowed to trade in opium around Canton was the company was owned by Jews and they did not interfere with the business of East India Company. The4 marked was large enough for both companies. Russell & Company got their opium from Afghanistan from a harbor in Turkey.

http://newsfromthewest.blogspot.com/2009/02/jews-created-opium-trade.html

ルーズベルトさん@米帝もお仲間だったんですね。(爆w

でそれはさておき、もう一つのフロントが・・・




なんですね。

まあ両方とも実質的には「東インド会社」のフロントなんですけどね。(爆w

で、こちらの「ジャーディン・マセソン商会」さんですが・・・



・・・ってなわけです。(爆w

魔要するに、小沢一郎さんの「知恵袋」、平野貞夫が大好きな


坂本竜馬は阿片系ユダヤ商人のパシリ

だったわけです。(爆w

で、明治天皇から勲章を授けられたグラバーさん@長崎も阿片系ユダヤ商人のパシリ

だったと・・・(爆w


・・・というのがホントの裏側でして・・・(爆w


・・・とは言えですね・・・

サッスーンさんも所詮パシリのパシリのパシリ的存在なワケで・・・

ホントの黒幕は・・・




まあ要するに、何処の国でも長年支配してるような連中は似たようなもんという事で日本も例外ではないといふお話でした。(爆w

76 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

上海といえば、松本重治あたりはどういう系統になりますかね?

匿名 さんのコメント...

もの凄く腑に落ちマシタ・・・queen!!!!!

雛形は雛形として使い回されるのですね、なるほど、なるほど。

てんこもり野郎 さんのコメント...

で更に

ムンバイ(CNN) インドの金融都市ムンバイで13日夜、ラッシュアワーの混雑する時間帯に3カ所で相次いで爆発が起き、少なくとも21人が死亡、100人以上が負傷した。 爆発は、いずれも商業中心地のオペラハウス、ザベリバザール、列車の駅に近い ...
http://www.cnn.co.jp/world/30003368.html

ムンバイ=ボンベイ
そしてザベリバザール
と来れば東インド会社なんですね。(爆w

どうやらもう行く所まで行きそうですね。(爆w

匿名 さんのコメント...

団長、いまさらですね、そのまんますぎてw
サスーン他アヘン王の香港上海銀行と大英帝国が元締めですよって。
「ウリ達はパシリの日本勢や皇室だけ攻めるのはアンフェアだ!」
明治維新マンセーと龍馬アゲの正体w

てんこもり野郎 さんのコメント...

まあ女王陛下直属のパシリのお世話になってたおいらとしてはまあ穏便な着地点を希望してはいるんですけどね。(爆w

ミネ さんのコメント...

バラが咲いたぁバラが咲いたぁ~♪

このホントの黒幕は・・は、衝撃ゼロ~そう思ってたって人多いんじゃなぃかな
キムチどうのが多くてビックリして
ぅぎゃーワッケワカラン となったクチから言わせると

ってツラツラ続けたいが時間なぃ
また後ほど~~

ミネ さんのコメント...

ゲッ、コメラッシュでマヌケコメになってしまったww

どうしてメシがまずいんだろう
茶と茶菓子さぇあればいーのか??
両方頑張る気はなぃのか

ってずっと思ってた国であった
ホント時間なぃw
って時にオイシイ事書かないでww

匿名 さんのコメント...

>女王陛下直属のパシリのお世話になってたおいら
すみません、団長を責めてるわけでは決してありませんよw
米帝vs英帝だと、まだの後者のほうが安泰なんですかね?

匿名 さんのコメント...

大日本帝国復活の黒幕でもあるわけですねw

皇居の周りの建築物の英国趣味をみれば明治維新を誰が実行したかよくわかるざますw
で、戦争商人の三菱系と皇室の関連、、、w

大英帝国おそろしや、、、w

てんこもり野郎 さんのコメント...

まあおいらは米帝・英帝双方にお世話になってるわけでどちらに肩入れしてるわけでもないんですが・・・

米帝・英帝にとっての穏便な着地点の模索は順調なようですが、末端のパシリをのさばらせ過ぎたツケが廻ってきてる状況ではないかと・・・おいらの何の根拠も無い意見ですけどね。(爆w

どちらに付くかの選択権は幸いか残念ながらかどちらかは分りませんが日本(少なくとも日本国政府及び国民)には無いと思いますよ。(w
ふぁびょってチンコミサイル@反日国家を発射する選択も無くなっってしまったようですし・・・

匿名 さんのコメント...

そして宗教=麻薬ビジネスwww

なんてことでしょう、、、
皇室も小沢一郎も同じ満洲派ならば何故対立するのか不思議だったのですが、極東における(自主規制

匿名 さんのコメント...

>末端のパシリをのさばらせ過ぎたツケ

なるほど。
支配層の世界的な双頭戦略が行き詰まってる状態なんですかね。

>ふぁびょってチンコミサイル@反日国家を発射する選択も無くなっってしまったようですし・・・

選択権のない一日本国民として、
これだけで十分幸せでございます。

匿名 さんのコメント...

薩摩と長州という幕府に不満を持つ田舎の外様を、
田舎の下級武士フィクサー坂本何某を使って協力させ、
これまた坂本フィクサーに反政府勢力へ武器を
売らせてボロ儲け、悪戯に内戦で国内を疲弊させた
挙句、尊皇攘夷→国家神道カルトで汚染しテロ国家化したと。
大日本帝国(苦笑)明治維新(失笑)

匿名 さんのコメント...

稀代稀に見る売国奴の坂本竜馬をマンセーしてる人達って馬鹿なの?死ぬの?w

匿名 さんのコメント...

植民地化を避けるためには悪魔と契約しかなかったのでしょう。
その反動を利用して、またまた日本を反米似非アジア主義へ持っていき
極東でドンパチやらせようとしてるのがさらに悪質ですねw

匿名 さんのコメント...

別にてんこもり野郎さんや匿名党さんに喧嘩売るつもりはないんだけど、

結果として、


ミンスもダメだがジミンもダメだ、さらに、天皇も日本もダメだ


「日本の神々」ならおk


こうなんですけど、おいら達愚民は何を信ずればいい?
どこに投票すればいい?
外国に逃げたらいいの?

匿名 さんのコメント...

ヒント:神道の墓地

匿名 さんのコメント...

ユーミン夫の松任谷正隆さん、首都高で追突される
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110714/dst11071412570008-n1.htm

妻はシンガーソングライター・作曲家・作詞家の松任谷由実。父親の功三郎は横浜正金銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の元取締役、母親の和子は雲母社監査役。家系は「電力の鬼」と呼ばれた財界人である松永安左エ門につながる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/松任谷正隆

匿名 さんのコメント...

>父親の功三郎は横浜正金銀行

明治維新後急速に成長し、やがて列強の仲間に加わっていく日本を国際金融面で支え、香港上海銀行(HSBC)、チャータード・マーカンタイル銀行(1959年HSBC傘下に入り、1882年HSBCに吸収)と並ぶ外国為替銀行へと発展していった。

内ゲバですか?w

匿名 さんのコメント...

>松永安左エ門 
吉田茂 麻生太賀吉 ですね。
正力松太郎 もか。

匿名 さんのコメント...

原油流出油田を生産停止に 中国当局、米社に指示
2011.7.13 19:57

 中国国営新華社通信によると、中国国家海洋局は13日、計4千平方キロ超の海洋汚染が確認された渤海の海上油田原油流出事故で、生産作業を担当している米石油大手コノコフィリップス側に油田の即時生産停止を同日指示したことを明らかにした。
(共同)

石油スーパーメジャーへの報復テロですか?w

匿名 さんのコメント...

そういや、英BPのメキシコ湾原油流出事故があったね。

匿名 さんのコメント...

妙な隠謀論に振り回されず、普通に考えれば自ずと出る“解”ですね。

先の大戦での大敗を繰り返す事だけは避けたいものデスヨ。

匿名 さんのコメント...

松本外相、職員に大韓航空機「利用禁止」指示 竹島デモ飛行に対抗 韓国は即時撤回要求
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110714/plc11071412300013-n1.htm

パシリに対する風向きが変わってきた?

匿名 さんのコメント...

ウイリアム王子はユダヤ系の奥さんもらったしねwパシリも出世したもんです。

イギリスもドイツ系の王族にユダヤ系の嫁さんじゃ何がなんだかさっぱり判んない。まあ、日本はキムチ系とかマン臭系に置き換わらないようにせいぜいきをつけなきゃね。

匿名 さんのコメント...

ジャーディン・マセソンまで言うなら、吉田茂の養父にも言及してほしかったな。別にいまさら温存するラインでもないでしょ?>麻生

匿名 さんのコメント...

妃が半島系になっても微妙なんだろうな。
高野新笠は百済帰化人!半島に縁が!と騒いでるキモイの多いし。
男系がマン臭やキムチになる頃には、内戦になるか
日本人もどきしかいない被征服国になってるかも。
ヨーロッパの王族や国々と日本の周辺国とでは事情が違いすぎる。

匿名 さんのコメント...

> 吉田茂の養父

1878年(明治11年)9月22日、高知県宿毛出身の自由民権運動の闘士竹内綱の5男として東京神田駿河台(のち東京都千代田区)[1]に生まれる。父親が反政府陰謀に加わった科で長崎で逮捕されてからまもないことであった[2]。実母の身元はいまでもはっきりしない[2]。母親は芸者だったらしく、竹内の投獄後に東京へ出て竹内の親友、吉田健三の庇護のもとで茂を生んだ[2]。

1881年(明治14年)8月に、旧福井藩士で横浜の貿易商(元ジャーディン・マセソン商会・横浜支店長)・吉田健三の養子となる。ジョン・ダワーによると、「竹内もその家族もこの余計者の五男と親しい接触を保っていたようにはみえない」という[4]。

養父・健三が40歳の若さで死去し、11歳の茂は莫大な遺産を相続した。吉田はのちにふざけて「吉田財閥」などといっている[5]。


吉田家でも何でもなかったんですね(笑)
何処の誰とも分からない芸者の子供とか
通名より遥かに悪質じゃないでしょうか(爆)

匿名 さんのコメント...

鳩山一郎(ソ連)を追い出した
吉田茂(アメリカ)がいなかったら
戦後政治は悲惨なことになってよね。

匿名 さんのコメント...

上海といえばAIGもそこで生まれたな。HSBCは言わずもがなか。

匿名 さんのコメント...

サッカー女子W杯で帝国が負けて、真珠湾の奇襲攻撃だと騒ぎ立てれば、反日感情盛り上がりまくり!

いろいろと誘導しまくりですが、本質はダレが2万の(3万から訂正) 仲間を殺したかと言うことだけだ。

70年間のらりくらりと圧力を交わしながらここまで来た日本だ。デフォルトから始まる帝国の崩壊を楽しませてくれるだろう。

匿名 さんのコメント...

>(少なくとも日本国政府及び国民)には無いと思いますよ。(w
チンコミサイルの自家発電発射マシだわ。

匿名 さんのコメント...

ゴメン間違えた。
チンコミサイルの自家発電発射より、マシだわ。

匿名 さんのコメント...

>パシリをのさばらせ過ぎたツケ
こういうときは、おきまりなんでしょうか、団長さん?w

>直属のパシリのお世話になってた
ゲラゲラw 団長さんもパシリのパシリじゃん爆w 悪意はないですよ。
なんだか、ワロタw

匿名 さんのコメント...

反米帝勢力一覧。

白いお家のダーれかさんの方が役者が一枚上手な件について
http://tokumei10.blogspot.com/2007/03/blog-post_15.html
特ア終了のお知らせ:米国と同規模の中国国内の住宅ローンはほぼ全部サブプライム以下(爆w
http://tokumei10.blogspot.com/2007/11/blog-post_24.html
米国の死ぬ死ぬ詐欺が非常にエグイ件について
http://tokumei10.blogspot.com/2007/11/blog-post_22.html
米国による死ぬ死ぬ詐欺の実態:サブプライム問題の裏側
http://tokumei10.blogspot.com/2007/11/blog-post_23.html
米国式合法オイルマネーロンダリング?というか米国内還元スキーム?(爆w
http://tokumei10.blogspot.com/2007/11/blog-post_07.html
サブプライム問題の裏側:ウンコをウンコに混ぜてこっそり処理した米金融機関(w
http://tokumei10.blogspot.com/2008/01/blog-post_8650.html
米国主導型金融透明化の流れに相反する勢力は排除の方向ってのが本筋
http://tokumei10.blogspot.com/2008/07/blog-post_5791.html
【証券化ビジネス終了?w】米金融機関の簿外の運用会社「SPC」連結対象に
http://tokumei10.blogspot.com/2008/06/spc.html
米国主導型金融透明化の流れに相反する勢力は排除の方向ってのが本筋
http://tokumei10.blogspot.com/2008/07/blog-post_5791.html
対北金融制裁が実質的に強化されてしまった件
http://tokumei10.blogspot.com/2008/06/blog-post_27.html
りあるホテルモスクワについて少しだけ。(w
http://tokumei10.blogspot.com/2008/06/blog-post_14.html
今そこにある世界宗教戦争
http://tokumei10.blogspot.com/2009/07/blog-post_727.html
鼻帝国と統一教会と児童ポルノ法とエコエコ詐欺と亜保守の黒幕
http://tokumei10.blogspot.com/2010/12/blog-post_5000.html
ノーベル平和賞(笑)と統一教会とバチカン
http://tokumei10.blogspot.com/2010/12/blog-post_11.html
スペイン・南米危機でバチカンに天誅?(爆w
http://tokumei10.blogspot.com/2010/12/blog-post_2620.html

匿名 さんのコメント...

団長さんにンコ投げたら更新速度が加速しててワロタw

匿名 さんのコメント...

坂本龍馬が何故多くの人達に支持されているのか分からなかったです。結局暗殺されたのにって。
徳川幕府みたいに、一族が数百年に亘って温く統治し続ける方が難しいと思いますし。

匿名 さんのコメント...

この人、シク教かパールシーかな?

匿名 さんのコメント...

君のうんこのせいじゃないと思う

匿名 さんのコメント...

>どうやらもう行く所まで行きそうですね。(爆w

地上から抹殺とか?しかしそこまで女王を怒らせた理由とは?ウイリアム王子の嫁のことなのかな?

匿名 さんのコメント...

やたらと坂本竜馬を持ち上げてるあの人や龍馬を気取ってるあの人も…

匿名 さんのコメント...

サスーン財閥って昔の話はよく聞くけど今は何やってるんすか?
シャンプー売ってんの?w

匿名 さんのコメント...

こんな手垢にまみれたネタをw

日本の裏社会ネタと違って洋物ネタは
切れ味が少々悪いかと・・・。

てんこもり野郎 さんのコメント...

まだ続きがあるぜよ!(爆w

坂本竜馬が信仰した妙見信仰の正体とアルカーイダ
http://tokumei10.blogspot.com/2011/07/blog-post_5254.html

匿名 さんのコメント...

チンコミサイル教徒の米は団長への憎しみが滲み出してるのですぐわかりますねw

匿名 さんのコメント...

>こんな手垢にまみれたネタをw

>日本の裏社会ネタと違って洋物ネタは
>切れ味が少々悪いかと・・・。

涙拭けよ、小沢信者wwwwww

匿名 さんのコメント...

Parsiか。ボンベイですものね。
ゾロアスター→ミトラー繋がり。

何で大昔、ミトラさんって大人気だったんだろう。

匿名 さんのコメント...

チンコミサイル教徒ってオザ-珍者なの?
スマン鈍いので解らなかった…

チンコミサイル教徒、切れ味が少々悪いかと・・・

匿名 さんのコメント...

何か、2chばりのレッテル貼りになって
来た感じ?

ここの※欄もレベル落ちたなぁ。

匿名 さんのコメント...

>2chばりのレッテル貼り

オワコンとワロタwwwとかスラング使ってるのいるけど
日々2chで活動してる方々がきてんじゃないの?
彼ら団長さんのサイト嫌ってるみたいだし

匿名 さんのコメント...

新緑もまばゆい若葉の季節、事故前よりも降下した放射性物質が確実に多いであろう旧古河庭園で毒書するのも、芋掘りとはまた違う美味しさ。

小説仕立てで阿片問題を扱ったものもあるけど、なんといっても「資料」は迫力があって、旨いわよ。

『続 現代史資料 12 阿片問題』(みすず書房)

その中にある「外務省関係電報および文書」の項には、イランから阿片を調達して、満州産のソレとマゼマゼする、三菱と三井が先を争うように活躍する利権の調整、また添付の月報には、東獄廟というラマ教の建物が、ある地域で採れた阿片の集積場であった、とか…云々。

なにもかも Web 上にアップされてこそ、存在証明の一つとして考えがちの今日この頃ですが、電子化されていない生の資料等も歴然と存在していることも、お忘れなく。

小さなタネ蒔いて莫大な富を得るスキームを某国等から学習し、それをより発展させた日本。日本が彼の地を去っても、あれほど美味しいスキームを独裁国家が放棄するはずはないし、末端価格の高い日本に還流してくるのも当然ですね。

岩崎家の所有であった旧古河庭園、バラの咲く前の今頃は、さほど混んでもいなくて、毒書に最適。
プリンセスミチコ(バラ)も、一等席で静かに開花を待っています。
都立の庭園の大半が岩崎家の所有だったけど、ゼニ儲け、すごく巧かった?

ついでに、ハワイに移民した日本人と阿片の関係も、うんざりの現実ですね。

匿名 さんのコメント...

本駒込の東洋文庫で、「東インド会社とアジアの海賊」の企画展が開催中。

団長さんのエサのおかげで、脳内爆笑独り観光案内をしながら歩く東京は楽しい。

匿名 さんのコメント...

・Thread: Source of FDR's family's wealth = Opium trade in China
http://www.aznlover.com/community/showthread.php/53561-Source-of-FDR-s-family-s-wealth-Opium-trade-in-China?s=1e7a0476c5896e44bbd9184a9a8c439a

・Fall 1999, Vol. 31, No. 3
A Note on the Sources
By R.J.C. Butow
http://www.archives.gov/publications/prologue/1999/fall/roosevelt-family-history-5.html

匿名 さんのコメント...

耕余塾 の 人脈

匿名 さんのコメント...

宇宙から観たおくすりの巡り合い、といふだけのことで、売国とか愛国とか全然関係ございません。

anti-opium 運動が盛り上がれば、流通量が一時的に恰も抑制されてしまうかのような価値を偽装し価格を高騰させ、押収しては闇市場に流す、といふ仕組み、その仕組みの表向きの看板を微妙に変化させ、結局、だれもかれもみなさん全部繋がっていて、止まらない回転木馬的な汚れた遊戯でせうか。

匿名 さんのコメント...

英語も大切だけれども、ちょっぴり古い日本語も。

Free Google eBooks
グラバ
パークス

匿名 さんのコメント...

Herutsu Nihon nenpo - Google Books
p.79

匿名 さんのコメント...

Lord Sassoon to join Jardine Matheson
January 3, 2013 5:54 pm

匿名 さんのコメント...

Lord Elgin

Elgin Marbles

匿名 さんのコメント...

https://archive.org/stream/jewishencycloped11sing#page/66/mode/2up

"and his business, which included a monopoly of the opium-trade, extended as far as Yokohama, Nagasaki, and other cities in Japan."

匿名 さんのコメント...

and other cities in Japan

匿名 さんのコメント...

Rahmo Sassoon Aleppo

匿名 さんのコメント...

Jardine, Skinner and Company

匿名 さんのコメント...

Bevis Marks Synagogue - Wikipedia
https://en.wikipedia.org › wiki › Bevis_...
Bevis Marks Synagogue, officially Qahal Kadosh Sha'ar ha-Shamayim is the oldest synagogue in the United Kingdom. It is located off Bevis Marks, in the City of London. The synagogue was built in 1701 and is affiliated ...

匿名 さんのコメント...

https://visitpearlharbor.org/wp-content/uploads/2016/04/President-Roosevelts-Letter-to-Emperor-Hirohito.jpg

匿名 さんのコメント...

ナショナル ジオグラフィック日本版
麻薬王がのこした「コカイン・カバ」 自然環境に貢献?
麻薬王がのこした「コカイン・カバ」 自然環境に貢献? 南米コロンビアにすみついたカバが劇的に増えている。環境に良いのか、悪いのか. 2020.04.27. 麻薬王エスコバルのペットだったカバは、私設動物園の閉鎖後、そのまま放置され、彼の ...
27 Apr 2020

匿名 さんのコメント...

多くの人にとって阿片を必要とした時代があって
ある種の「緩和」を経て、辛うじてバランスを保とうとした構図は
実は現代も同じ

なんとかがほにゃLaLaに効く

病みつきにさせる

なくなりません

匿名 さんのコメント...

ww.forbes.com
Cannabis Legalization Is Key To Economic Recovery, Much Like Ending Alcohol Prohibition Helped Us Out Of The Great Depression
May 26, 2020 · National cannabis legalization in the United States could result in $128.8 billion in tax revenue, and an estimated 1.6 million new jobs.

匿名 さんのコメント...

By 1803, at the height of its rule in India, the British East India company had a private army of about 260,000 men —twice the size of the British Army. The company eventually came to rule large areas of India with its private armies, exercising military power and assuming administrative functions.
www.ancestry.co.uk › collections
UK, Registers of Employees of the East India Company and the India Office, 1746-1939 | Ancestry®
Feedback
About featured snippets

www.nationalgeographic.co.uk › ho...
How the East India Company became the world's most powerful business | National Geographic
In the years that followed, the East India company forcibly annexed other regions of the subcontinent and forged alliances with rulers of territory they were conquer. At its height, it had an army of 260,000 (twice the size of Britain's standing army) and was responsible for almost half of Britain's trade.

www.britannica.com › story › 5-fast...
5 Fast Facts About the East India Company | Britannica
2. The East India Company controlled its own army, which by 1800 comprised some 200,000 soldiers, more than twice the membership of the British Army at that time. ... Beginning in the early 19th century, the East India Company illegally sold opium to China to finance its purchases of Indian tea and other goods

匿名 さんのコメント...

macmillan.yale.edu › news › how-e...
How the East India Company Became the World's Most Powerful Monopoly | The MacMillan Center - Yale University
28 Oct 2020 — One of the biggest, most dominant corporations in history operated long before the emergence of tech giants like Apple or Google or Amazon. The English East India Company was ...

Lessons for capitalism from the East India Company | Financial Times
29 Aug 2019 — 5899937 The First Subscription List for the English East India Company, ... trained up a private security force of about 200,000 — twice the size of the British army — and ...

The world's most powerful corporation - BBC Worklife
30 Mar 2016 — Founded in 1600, the English East India Company's power stretched across the globe from Cape Horn to ... Imagine a company with the influence of Google or Amazon, granted a ...

匿名 さんのコメント...

Mercenary - Wikipedia
en.wikipedia.org › wiki › Mercenary
A mercenary, sometimes known as a soldier of fortune, is an individual who takes part in ... The private military company (PMC) is the contemporary strand of the ... to protect VIPs from Taliban assassins, but almost never in offensive operations. ... In the 17th century, the East India Company recruited Indian mercenaries to ...

Presidency armies - Wikipedia
en.wikipedia.org › wiki › Presidency_armies
The presidency armies were the armies of the three presidencies of the East India Company's rule in India, later the forces of the British Crown in India, ...

Viewpoint: G4S and the echoes of the East India Company ...www.bbc.co.uk › news › magazine-19077733
2 Aug 2012 — There was a gold rush as the company began trading in Bengal under a permit from Shah Jehan, establishing textile factories in villages on the Hooghly River. They processed material from the village-based hand loom industry, and drew in hundreds of thousands of highly skilled weavers, dyers and washers, to manufacture a product now aimed at specific markets around Asia and in Britain.

匿名 さんのコメント...

>2011年7月14日 11:57
米帝・英帝にとっての穏便な着地点の模索は順調なようですが、末端のパシリをのさばらせ過ぎたツケが廻ってきてる状況ではないかと・・・おいらの何の根拠も無い意見ですけどね。(爆w

匿名 さんのコメント...

検索しても容易にヒットしないエントリーが幾つもあって、ここもそうなんだけど、どういう基準で弾くのかしら

匿名 さんのコメント...

The Dutch East India Company (In Our Time)

The East India Company (In Our Time)

匿名 さんのコメント...


Nederlandsche Cocaïnefabriek - Wikipedia
https://en.wikipedia.org › wiki › Nederlandsche_Cocaïn...
The Nederlandsche Cocaïnefabriek (Dutch pronunciation: [ˈneːdərlɑntsə koːkaːˈinəfaːˌbrik]; English: Dutch Cocaine Factory) or NCF was an Amsterdam-based company producing cocaine for medical purposes in the 20th century. It imported its raw materials mainly from the Dutch East Indies and sold its products across Europe, making good profits especially in the early years of World War I. The NCF produced morphine, heroin and ephedrine as well.

Opium Throughout History | The Opium Kings | FRONTLINE | PBS
The British East India Company assumes control of Bengal and Bihar, opium-growing districts of India. British shipping dominates the opium trade out of Calcutta to China. 1753, Linnaeus, the father of botany ...

The Dark Side of Medicine - Mediamatic
...Obtained from the Mughal Empire, the Dutch set out to cultivate opium in Bengal, as the location proved most advantageous for trade between the East Indies and China. But as Batavia (geographical area similar to modern day Jakarta, Indonesia) became the VOC’s main depot, the Dutch opium trade took hold of the East Indies. In fact, almost all of the VOC’s profit from opium comprised of the price difference between production in Bengal and market price in Batavia (Burger, 2003). From Batavia, merchants often shipped and traded opium with the rest of the Archipelago and China. Yet, what is interesting to note is that the opium as a substance was rarely shipped to Europe despite VOC's chief role in the trade. This has led some modern scholars to question the motive behind this trading network and if it gave rise to the Dutch Golden Era's flourishing economy (Burger, 2003).

While the VOC's intentions in these roles remain arguable, it is powerful to imagine:

まるで嘘のように綺麗な... さんのコメント...

当該エントリーが容易に検索できないのは、引用なさったサイトのせいか、その本家も削除されてる
画像検索でも引っ掛けることが難しくて、第三者がほぼまるごと、当該エントリーを移設していて、それは引っ掛かる
いくつもいくつも、検索ワードの羅列では掘れないもんがあって、しかも削除もされてるものもいくつもあって、現代の焚書、なかなか香ばしい
結局、今とこれからが忙しくて、再検証なんていう暇も無いし、評価がより多角的に展開されたとしても、庶民にとっての暮らしには影響しないだろうに

世論を一定の方向に導こうという[必死さ]に対しては、いつの世でも要注意ってことね